「家を買うタイミングはいつなのか?」

 

気になりますよね。

 

この記事では、

 

●家を買った人の平均年齢と年収

●平均よりも低い我が家が、マイホーム買ってみての感想

 

を書いていきます。

 

 

家を買うタイミングの平均は?年齢と年収の調査によると・・・

 

考える

 

では、みんな、どれくらいの年収と年齢でマイホームを買っているのでしょうか?

 

国土交通省の『平成29年度 住宅市場動向調査報告書』によると・・・

 

平均年齢

 

注文住宅(新築)

39.5歳

分譲戸建て住宅(建売)

37.4歳

分譲マンション

39.5歳

中古住宅

42.9歳

中古マンション

44.2歳

※はじめて家を買う世帯主の年齢

 

だいたい30代後半から40代前半が平均のようですね。

 

私の周りも見ても、このあたりの年齢の人が多いのかなぁ~という気はします。

 

建売住宅を買う人の平均年齢が低いのは、若い世代では建売を選択する人が多いということなのでしょう。

 

中古の平均年齢が高いのは、「老後のために短い期間だけ住むことを考慮して」ということなのかもしれません。

 

平均年収

 

注文住宅(新築)

670万

分譲戸建て住宅(建売)

665万

分譲マンション

745万

中古住宅

616万

中古マンション

622万

※はじめて家を買う人の世帯年収の平均

 

世帯年収の平均は、600万~700万といったところでしょうか。

 

分譲マンションの購入者の年収だけ、異様に高いのは、富裕層にはマンションが人気ということなのかもしれませんね。

 

 

・・・さて、こうして平均の年齢と年収を見ていきましたが、まとめると、

 

 

●年齢 : 30代後半から40代前半

●世帯年収 : 600万~700万

 

 

ということになります。

 

ちなみに我が家ですが・・・

 

年収・年齢も、平均より低い状態でマイホームを購入しました(笑)

 

 

年齢 : 夫32歳、妻31歳

世帯年収 : 370万

子供 : 4人(9歳・7歳・4歳双子)

 

 

平均と比べると、明らかに「家を買うべきではない」タイミングでしょう^^;

 

訪問したハウスメーカーの営業さんには

 

「この状況で家を家うなんて・・・こういうのを若気の至りって言うんですよ!」

 

と怒られたこともありました。

 

けれども、どうしても家が欲しかったので、買ってみたわけですが・・・結果、どうだったのか?

 

年収も年齢も家を買うべきではない!?反対されても買ってみて・・・

 

マイホーム

 

実を言うと、200万越えの借金もあったわけですが(笑)

 

いろいろと手を尽くして家を買ってみて・・・

 

やっぱり購入してよかった!!

 

というのが、率直な感想です。

 

我が家がマイホームを買おうと思ったきかっけは、「アパートで子供がうるさいとクレームが来てしまった」ことだったんですが、やっぱり持ち家だと、自由に過ごせていいですね。

 

前は子供が走り回るたびにイライラして、「走るな!」と怒鳴っていましたし、ストレスがすごかったです。

 

けど!

 

引っ越して来たら、子供に対するストレスが激減しました!

 

「持ち家がある」っていう充実感もあります^^

 

あと・・・一番気になってるのはお金のことだと思いますが、なんだかんだでなんとかなっています。

 

もちろん、年収に合わせて高すぎない家を選んだっていうのもありますが、『家が第一』と考えたら、いくらでもムダは削れましたね。

 

今は車を持っていますが、もしものときには車を手放す決意もできています。(便利な立地に家を建てた)

 

そういうリスク管理ができていれば、たとえ年収が低くても、家を買っても問題がないんじゃないかなぁと思います。

 

つまりは、『やり方によってはなんとかなる』という感じです。

 

世間一般でいうところの【家を買うタイミング】からは大きく外れる選択をした我が家でしたが、結果として後悔は全くしていませんね(笑)

 

 

結論!マイホーム購入のタイミングは自由だし、年齢も年収も関係ない

 

マイホームを買うタイミングは、平均的には

 

●年齢 : 30代後半から40代前半

●世帯年収 : 600万~700万

 

というデータがありますが、私の経験上では、年齢も年収も関係ない!というのが結論です。

 

欲しいと思ったら、全力で手に入れたらいいと思います。

 

とはいえ、「欲しい家を欲しいままに・・・」というのはやはり無理があるので、工夫をして、経済面のバランスが取れればいいんじゃないかなぁと思います^^

 

我が家がやった工夫については、下記の記事を参考にしてみると、なにかヒントになるかもしれません↓

 

関連記事

 

あくまでこれは私個人的な意見ですが、家を建てるのも早ければ早いほど、安心だと思うんですよね。

 

住宅ローンの支払いだって、35年~40年とか続くわけで。

 

もちろん、繰り上げ返済をすればもっと早く完済できるわけだけれども、年金の受給年齢がどんどん上がっているのを見ると、若い方が有利な気がします。

 

あと、我が家がマイホームを開くときに夫と話した内容で、「あとで後悔したくないよね・・・」というのがありました。

 

家が欲しい!と思っても、一般論や周りの意見を気にして夢をあきらめる。

 

そんな人をヤフー知恵袋の質問で見て、「なんかこういうのは虚しいな」と思ったこともありました。

 

家を買うタイミングは人それぞれだし、欲しい!と思ったときが、その人にとって絶好のタイミングなんじゃないかと思います。

 

「周りが建てているから・・・」とか、そんな見栄とかじゃなくて、心の底からマイホームが欲しいと思うのであれば、それは買うべきタイミングなのではないか?

 

私はそう思います!

 

注文住宅が欲しいけど何からはじめていいかわからないアナタへ

 

家と緑

 

「できれば注文住宅を建てたいけど迷ってる・・・」

「そもそも買えるかどうかわからない・・・」

 

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

 

我が家の経験上、やった方がいいのは『いろんなハウスメーカーを知ること』です。

 

というのも、注文住宅の値段と質は、メーカーによってマチマチ。

 

同じ広さの家でも、メーカーによって値段が違う。

建材や外壁などの質も、メーカーによって違う。

 

そんなことが、住宅業界では当たり前のようにあるんですね。

 

実際、我が家の場合は・・・

 

あるメーカーでは「最低2500万はないと無理です!」と言われましたが、

あるメーカーでは「他メーカーと同等以上の質で1400万あればできます」と言われたことがあります。

 

我が家が年収300万円台で注文住宅をゲットできたのは、ハウスメーカー探しを徹底したから。

 

よりたくさんのハウスメーカーを知ったからこそ、

 

「他では無理と言われてしまった予算でも、完全オーダーメイドで質が高い家を建ててくれるハウスメーカー」に出会うことができたんですね。

 

では。たくさんのハウスメーカーを知るにはどうすればいいのでしょうか?

 

住宅展示場やモデルハウスに地道に通うのが確実ですが、これには大変な労力がかかります。

 

我が家の場合は、子供4人を連れてハウスメーカー訪問し、子供たちが女性社員におもちゃやジュースでご機嫌をとられ、

 

半強制的に営業マンのトークを聞かされることになり、「ちょっと見に来ただけなので帰ります」と言えずに2~3時間も拘束される。。。

 

こんな悪夢を、ハウスメーカーに訪問するごとに経験しました><;

 

なので、

 

「どんなハウスメーカーがあるのかな?」

「我が家でも買えるような価格帯のメーカーはどこ?」

 

といったことを知るのであれば、【カタログ請求】がオススメです。

 

価格や間取り、デザインなどは、カタログにみんな書いてありますからね。

 

我が家も実際にカタログ請求をしてみたら、モデルハウスで延々と聞かされた営業トークの内容がカタログに載ってて、 「あの苦労はなんだったんだろう・・・」と笑いがこみあげてきました^^;

 

しかも!

 

便利なことに、パソコンやスマホから「建築予定エリアのハウスメーカー」のカタログを一括請求できるサービスがあるんですね。

 

自分で「どんなハウスメーカーがあるんだろう?」と調べなくても、エリアに対応しているメーカーを勝手にピックアップしてくれちゃいます。

 

我が家がカタログ請求したときは、全く名前も知らなかったけど、オシャレで予算内で家を建てられるメーカーが出てきてビックリしましたよ~

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

カタログ一括請求サイトはいろいろありますが、私のおすすめは【タウンライフ家づくり】です。

 

このサイトだけ、カタログと一緒に「資金計画書(見積もり)」が同封されてくるんですね。

 

もちろん、間取りやデザインを詳細に決めていない段階での見積もりは、あくまで目安にしかなりませんが、お金のことをしっかり把握しておくことは大事。

 

我が家も、見積もりをもらって「お金の見通しが立ちそうだ!」と確信を持てたからこそ、注文住宅を建てると決めることができました。

 

>>見積もりつき!【タウンライフ家づくり】を見てみる

 

ハウスメーカーは本当にたくさんありますから、知らないで「どうせ買えない」と諦めてしまうのはモッタイないです。

 

我が家はあきらめずに、いろんなハウスメーカーを訪問して、可能性を探って本当によかったと思っています。

 

やっぱり、一生に一度の大きな買い物くらい、妥協せずに自分たちが気に入ったものにしたい。

 

建売のように、周りと同じデザイン・誰かが決めた出来あいのものはイヤ。

 

どこにもない自分たちが決めた色・デザインで、自分たちが暮らしやすい間取りがいい。

 

「やっぱりこっちがいいかな?」「こういうのなんてどう?」って、家族でワイワイ話しながら作った家がいい。

 

私はそう思ったし、実際にそうやって作った家は愛着があります。

 

宝物です♪

 

だから、やれることは全部やってみたらいいと思います。

 

まずは、より多くのハウスメーカーを知るためにカタログ請求をしてみると、選択肢が広くなるはずですよ!

 

>>たった3分で請求完了!今すぐカタログ請求サイトを見てみる

 

カタログは理想の家をイメージしたり、無料で家づくりの勉強したりといった使い方もできますよ♪

 

我が家も間取りと外観を決めるときは、他社のカタログを引っ張りだしてきて参考にしてましたね(笑)

 

買う・買わないは別として、もらっておくだけでも損はないと思います^^

 

 

 

※【タウンライフ家づくり】でのカタログ請求法については、以下の記事で解説してますので参考にしてみてください。

 

家のカタログを無料で貰う方法を徹底解説!モデルハウス訪問なしでOK

 

 

 

↓無料!カンタン3分で請求↓

 

 

 

 

 

 

 

合わせて読みたい