ハウスメーカーを決定するのによいタイミングはいつなのでしょうか?

 

「何社くらい見たらいいの・・・・?」

「どのくらいの期間をかけるものなの・・・?」

「何を決定打にしたらいいの・・・?」

 

こういったことも気になりますよね。

 

この記事では、我が家が実際に注文住宅を建てるときに、住宅会社の比較にかかった期間と、決定理由を書いていきます。

 

そして、我が家の経験上からいえる『ハウスメーカー決定の最適なタイミング』も。

 

「ハウスメーカー選びで困ってる!」という方の参考になれば幸いです^^

 

 

ハウスメーカーの決定までにかけた期間はどれくらい?何社みたか?我が家の場合

 

家が欲しいイメージ

 

まずは、我が家がハウスメーカーを決めるまでにかかった期間から。

 

我が家の場合は、2年。

 

内訳としては、

 

 

  • 「いつか家を建てられたら」と思っている検討期間に1年半
  • 家を建てるぞ!と決めてからは3か月

 

 

という感じでした。

 

検討期間の1年半は、住宅展示場やモデルハウスに無料レジャーとして出かける感じで、あんまり本気じゃなかったというか・・・

 

金銭的にも家を建てることに現実的ではなかったので、家が欲しい気持ちはあるけれども本気でない感じでしたね。

 

サラーっとみて、話を聞いてくる感じで、見積もりとかはもらってなかったです^^;

 

本気になってからの3か月は、見積もりもガッツリもらったし、土日は全てハウスメーカー訪問をしていましたね。

 

最初は予算的に注文住宅ではなく、中古リノベーションや建売も検討していたので、その辺も見ていきました。

 

で、結局は「注文住宅にする!」って決めて、ハウスメーカー選びを真剣にやるようになりました。

 

全部で約2年の期間の中でみたハウスメーカーは、数えてはいないのですが20社は超えていると思います。

 

そのうち、実際に価格を聞いたり、見積もりをもらったりした会社は5社でした。

 

・・・というわけで、我が家の場合は、

 

  1. 見た会社は20社越え
  2. 見積もりをもらったのは5社

 

これだけの判断材料を集めた中で、ハウスメーカーを決定しました。

 

一般的には何社くらい見て決めるのか?はわかりませんが、とりあえず、我が家の場合はこれだけ見たら判断材料がそろっていたので、迷わず決めることができましたね。

 

次は、ハウスメーカーを決めた決定打について・・・

 

ハウスメーカー選びの決定打は?我が家が決めた理由とは

 

家のチェック

 

我が家は最終的に、大手ハウスメーカーではなく、無名の小さな工務店に決めました。

 

しかも、モデルハウスとかに行ってであったわけでもなく、新中古を探しに行った不動産屋で出会うという・・・(笑)

 

そんな普通とは違う出会い方をした会社でしたが、その会社にお願いした理由は、以下の2つでした。

 

価格に対して家の質が申し分ない

 

我が家の場合は、冷やかしでハウスメーカー訪問していた時期が長かったのですが、そのときに得た住宅知識とか、価格帯のことを考えたときに、この会社さんが作った家は、『価格に対しての質』がとてつもなくよかったんですね。

 

外壁とか、キッチン・風呂といった設備のグレードとかが、他のメーカーに比べて高かったんです。

 

しかも、値段もダントツで安かったです。

 

実際に、完成見学会で家を見せてもらって、自分の目で確かめて、見積もりをもらって・・・

 

「この会社の家は、質的にも値段的にも本当にお得だ!」と思ったんですね。

 

注文住宅は無理かも・・・と思っていた我が家の予算でも、買える値段だったのも、決定打となりました。

 

担当者の人柄と実績が信頼できた

 

この会社は従業員が2人しかいない、本当に小さな会社だったのですが、社長さん(担当者)の人柄がとても信頼できました。

 

こちらのどんな些細な質問にも真剣に答えてくれるし、なにより「お金がない若い世代にも質がよい家を建ててほしい」という熱い思いを持っていました。

 

「この人だったら不正はしない!」

「この人の作る家だったら間違いはない!」

 

というのが、ヒシヒシと伝わってくれるくらい、誠実で真剣な人でした。

 

おそらく、はじめて合った営業さんがこの人だったら、そういう誠実さを見抜けなかったかもしれません。

 

今まで、たくさんのハウスメーカーの営業さんを見てきたからこそ、「営業を見る目が養われていた」ように思います。

 

【担当者が信頼できる】

 

これも、ハウスメーカー決めの決定打となりました。

ハウスメーカー決定の最適なタイミングとは・・・?

 

未知への冒険

 

我が家の経験を踏まえて・・・

 

ハウスメーカを決定する最適なタイミングは、「この会社しかない!」と迷わず思えたときでいいと思います。

 

何社見た方がいいとか、最低何か月は見た方がいいとか、細かいルールを決めようと思えば決められるかもしれないけど、そんなルールを作ったとしても、後悔する可能性はあると思うんですね。

 

それよりも、自分が確信を持てたとき。

 

「この会社にお任せしたい!他は考えられない!」

 

と思えるときが自然に来るのを待つといいんじゃないかなぁと思います^^

 

とはいえ、子供の入園・入学までに家を建てたくてボヤボヤしていられない人もいると思います。

 

そういう場合は、片っ端から気になるハウスメーカーに行って、できるだけ短期間で判断材料を集める。

 

そして、訪問しながら夫婦で価値観を話し合って、

 

「理想の家に求めることはなにか?」

「何を優先に考えるか?」

 

を決めるようにするとよいと思います。

 

たとえば、我が家の場合は『値段と家の質』が優先事項でした。

 

だからこそ、それにマッチした住宅会社に出会えた時に、迷いなく決断できたんですね。

 

これがもし、夫婦で意見が違っていて、「デザイン性が高くなきゃイヤ!」「とにかく予算重視!」みたいな感じで、いろんな要素を優先しようとしていたら、ずーっと決められなかったと思うんですね。

 

いろんなハウスメーカーを見ていれば、自然と「我が家はこういう家がいいなぁ!」というのがわかってくるはずですから、それを夫婦で話し合っておきましょう。

 

それだけでも、ハウスメーカーの決定がしやすくなると思いますよ^^

 

 

結論!ハウスメーカー決めの最適なタイミングにルールはない

 

家

 

「何社みたら、ハウスメーカーを決定していいのか?」

「どのくらいの期間で決めた方がいいのか?」

 

こういった基準みたいなものはありません。

 

「この会社しかない!」と自然に思えたときが、ハウスメーカーを決定していいタイミングです。

 

結局のところ、自分で確信を持てることが、のちのち後悔しない秘訣だと思うんですね。

 

「みんなはどうだったの?」っていうのは、家づくりをする上ですっごく気になるし、私もそうだったけれども、家づくりに正解はありません。

 

みんなが「いい」と思うものが、自分は「いい」と思えないときだってある(笑)

 

だからこそ、自分の感覚を信じて、自然と決定できるときまで待ってもいいんじゃないかなぁと思います。

 

決定のときに少しでも迷うのであれば、それはもう少し他の会社を見てみた方がいいのかもしれませんし、

 

3択とか複数の会社で迷うのであれば、各々の会社で「迷っている」ことを話して、もっと判断材料を増やしてもいいかもしれませんね^^

 

自分たちにピッタリのハウスメーカーを見つける裏ワザ

 

 

「ハウスメーカーが決められない・・・」

「家を建てることに迷いがある・・・」

 

そんなときは、まだ“運命のハウスメーカー”に出会っていないだけかもしれません。

 

というのも、我が家の場合がハウスメーカーを決めたときは、「絶対にココしかない!」と確信があり、一切の迷いがありませんでした。

 

もちろん、それに至るまでにはいろんなハウスメーカーを見てきたし、契約をするか迷う場面もありました。

 

けど、何かしらひっかかることがあった。

 

「予算的に無理をしなければならない」とか

「デザインが好きじゃない」とか。

 

なので、我が家もハウスメーカー決めは難航したし、正直、「もう家なんてどうでもいい!」とやさぐれたこともありました。

 

そんな我が家でも、たった1社、ビビっ!と来たハウスメーカーに出会えたおかげで、

 

迷いなく契約に踏み切ることができ、理想通りのマイホームを建てることができました。

 

だから、

 

「ハウスメーカーが決められない・・・」と悩んでいる人は、単純に“運命のハウスメーカー”に出会えてないだけだと思います。

 

では、どうすれば“運命のハウスメーカー”に出会えるのか?

 

 

これは、もうされていると思いますが、思いつくハウスメーカーに片っ端から訪問することです。

 

ポピュラーなところで言えば、住宅展示場に行ったり、チラシに掲載されているモデルハウスに見学しに行ったりすることでしょう。

 

ただし!

 

この方法は、我が家もやりましたが、非常に効率が悪いですよね?^^;

 

我が家の場合は、子供4人を連れてハウスメーカー訪問し、子供たちが女性社員におもちゃやジュースでご機嫌をとられ、

 

半強制的に営業マンのトークを聞かされることになり、

 

「ちょっと見に来ただけなので帰ります」と言えずに2~3時間も拘束される。。。

 

こんな悪夢を、ハウスメーカーに訪問するごとに経験しました><;

 

なので、

 

「どんなハウスメーカーがあるのかな?」

「我が家の予算にあったメーカーはどこかな?

 

といったことを知るのであれば、【カタログ請求】がオススメです。

 

しかも!

 

便利なことに、パソコンやスマホから「建築予定エリアのハウスメーカー」のカタログを一括請求できるサービスがあるんですね。

 

自分で「どんなハウスメーカーがあるんだろう?」と調べなくても、エリアに対応しているメーカーを勝手にピックアップしてくれちゃいます。

 

我が家がカタログ請求したときは、全く名前も知らなかったけど、私好みのデザインで予算内で家を建てられるメーカーが出てきてビックリしましたよ~

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

 

カタログ一括請求サイトはいろいろありますが、私のおすすめは【タウンライフ家づくり】です。

 

このサイトだけ、カタログと一緒に「資金計画書(見積もり)」が同封されてくるんですね。

 

もちろん、間取りやデザインを詳細に決めていない段階での見積もりは、あくまで目安にしかなりませんが、

 

予算のことも考慮しながらハウスメーカーを決めるには、見積書は大事なツールと言えます。

 

他のカタログ請求サイトでは見積もりはもらえないので、どうせカタログ請求をするなら、【タウンライフ家づくり】から請求したほうが、損はないと思いますよ!

 

>>見積もりつき!【タウンライフ家づくり】を見てみる

 

 

ちなみに、我が家を建てたのは、“知る人ぞ知る”隠れメーカーでした。

 

住宅展示場に行ったり、チラシをチェックするだけでは、存在を知ることすらできないハウスメーカーもあります。

 

しかも、知名度が低いメーカーの中には、大手よりも良質な家を作ってくれる会社も。。。

 

ネットでのカタログ請求だと、そういうメーカーに出会える可能性もありますよ。

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

 

よりたくさんのハウスメーカーを知ることで、自分たちピッタリの家を作ってくれる“運命のハウスメーカー”が見つかるといいですね!

 

 

簡単3分!カタログ請求はこちら↓

 

 

 

 

 

 

合わせて読みたい