年収300万円でも注文住宅欲しい!低予算組のハウスメーカー探し方戦略

「できれば注文住宅が欲しいけど、予算が・・・」

「我が家に変えるのは中古か安い建売くらいかな・・・」

そう思っているのであれば、何も言わずにこの記事を最後まで読んでみてください。

きっと、「我が家でも憧れの注文住宅が買えるんじゃない~?」という希望が持てるはずですよ^^

世帯年収300万円台の我が家でも注文住宅が買えた!秘訣はハウスメーカー選び

まずはじめに言っておきます!

これから話すことは、よくある「建坪が小さい家を建てよう!」とか「ウッドデッキとか部屋数とかトコトン削減しよう!」とか、そんなセコイ節約の話ではありません。

もっと根本的な話です^^

「注文住宅=金持ちしか買えない」は本当か?実は家の価格はメーカーによって違う

注文住宅というと、高いイメージがあると思います。

実際、私自身もモデルハウスに見学に行ったり、メーカーさんにお話を聞いてみたりして、「注文住宅は値段が高い!うちじゃ手が届かないぞ!」と思っていました。

しかし・・・!

住宅メーカーによって、家の価格は違うわけで。

「もう中古か安い建売しか選択肢がないな・・・」とあきらめかけていたときに出会ったハウスメーカーさんが、私たちの収入でも手が届く注文住宅(しかも質がよい家)を提案してくれたおかげで、注文住宅を建てられました。

なので、【予算内で注文住宅が建てられるハウスメーカーと出会うこと】ができれば、年収300万円台でも注文住宅を建てることは可能なのです。

 

我が家がマイホーム建設を頼んだ会社は、地元のハウスメーカーでした。

全国的に知られているような有名な会社ではありませんでしたが、たしかな経験と実力がある会社。

間取りのセンスもよく、一度の打ち合わせで、私たちの要望を叶える間取りを作ってくれました。

我が家の少ない予算でも自由に設計できるよう、建材屋さんとのコネをフル活用。

「本当にこの値段で、こんなに自由に建てられるの!?」と思ってしまったくらい、細かい節約を上手にやってくれ、

他メーカーでは「あと1000万はないと・・・」と言われていた予算で、家族の希望がギュッと詰まった家を建ててくれたんですね。

 

では、どうやったら「年収300万台でも注文住宅を建ててくれるメーカーさん」に出会えるのでしょうか?

わが家が実際にたくさんのハウスメーカー比較をする中で学んだ、【低予算組のハウスメーカー探し戦略】を書いていきます。

低予算でも家を建ててくれる住宅メーカーの探し方!

年収300万円台でも無理なく家を建てられるハウスメーカーを探す方法は、以下の3つがあります。

【探し方1】「ローコスト」をウリにしている住宅会社から探す

一番確実な方法は、【ローコスト】と低価格をウリにしているハウスメーカーを狙うことです。

チラシで「ローコスト住宅」と書かれているハウスメーカーや、

「ローコスト ハウスメーカー」で検索してヒットした住宅会社なんかがいいですね。

ローコスト住宅は、もともとお金持ちではない世帯に向けて作られた家なので、年収300万台でも手が届きやすい価格帯になっています

【探し方2】同じくらいの年収で家を建てた人に話を聞く

実際に家を建てた人に「どこで家を建てた?」と聞いてみるのも一つの方法です。

とくに、同じくらいの年収の人に聞くと、経済感覚も同じなので参考になると思います。

【探し方3】ハウスメーカーを片っ端から訪ねてみる

ハウスメーカー・地元の工務店など、住宅会社を片っ端から訪ねてみるという手もあります。

我が家が実際にやったのは、コレですね。

ポストにチラシが入っていたらモデルハウス見学に行き、住宅展示場に行けば無料レジャー替わりにいろんな住宅会社に入っていきました(笑)

この方法だと、実際に営業マンから話を聞くまでは、「我が家でも手が届く価格帯の家なのか?」はわかりません。

そのため、見学中に「すみませんがお宅の年収ではちょっと・・・難しいですね」と言われてしまうこともありましたが、いいこともありました。

片っ端からハウスメーカーに訪問するので、ネット検索や住宅情報誌なんかには出てこない、全く無名のハウスメーカーを知る機会もあったんですね。

我が家が家を建てたのは、全く無名のハウスメーカーでした。

どこのハウスメーカーでも関係なく話を聞いてみるのは、ある意味チャレンジャーですが、よいハウスメーカーとの出会いもあり得る方法です

 

・・・と、ここまで3つの【低予算組のハウスメーカー探し方】をお伝えしました。

覚えておいてほしいのは、「詳しい話を聞くまではわからない」ということ。

ローコスト住宅と一重にいっても、実際にいくらかかるのか?は住宅会社によって工事費用などが変わってきます。

実際に見積もりをもらうようにするといいですね。

安い価格帯の家ならどれも同じではなく、やはり住宅会社によって、デザインも質もこだわりも違ってきます。

予算内で建てられて、かつ好みの家を建ててくれるハウスメーカーを探すためにも、ローコスト住宅の中で比較をするようにするといいですよ!

まとめ!低予算組は安い価格帯のハウスメーカーを狙おう

覚えておくべきコツ

年収300万円台でも注文住宅を建てるには、安い価格帯のハウスメーカーを探すこと。

探し方は、以下の3つを紹介しました。

  1. 「ローコスト」をウリにしている住宅会社から探す
  2. 同じくらいの年収で家を建てた人に話を聞く
  3. ハウスメーカーを片っ端から訪ねてみる

    予算が少ないと自由度が低いと思うかもしれませんが、ローコスト住宅でも意外と自由度があったりします。

    デザインや間取りなどは、やっぱりハウスメーカーによって違います。

    安い価格帯をウリにしている住宅会社でも、企業努力によって、安く見えない家を作ってくれるところもあります。

    本当にすごいですよ~!

     

    ナズナナズナ

    「予算が少ないから」とあきらめてしまわずに、ぜひハウスメーカー比較をしてみてくださいね!

     

    ※そもそもハウスメーカーに詳しくない人は、カタログ請求という手もあります。

    建築予定エリアのハウスメーカーのカタログをまとめて請求できるため、「どんなハウスメーカーがあるのか?」を簡単に知ることができて便利です。

    カタログを見れば、建てられる家の雰囲気やだいたいの価格がわかるので、情報収集には最適です。

    詳しくは、下記を読んでみてください↓

     

    知ってる?モデルハウス訪問しなくてもハウスメーカー比較できる方法があります!

    • いろんな家を見てみたい!
    • 予算的にどんな家が建つのか?知りたい
    • ハウスメーカーに話を聞いてみたいけど、購入を決定しているわけではないので様子だけ知りたい
    • いきなりモデルハウス訪問するのは気が引ける・・・
    • 見学で時間がつぶれるのを避けたい
    • ハウスメーカー比較をラクにしたい
    • 自分たちの予算や好みに合う住宅メーカーに出会いたい

     

    カタログ請求サイトを利用すれば解決できます!

    建築予定エリアのハウスメーカーの資料請求をまとめて送付してもらえるため、ハウスメーカーを一件一件見て回る手間が省けます。

     

    1. 住宅展示場・モデルハウスに行かなくてもカタログを見れば、価格やデザインなどだいたいのことがわかる
    2. モデルハウス通いをしていた時間を削減でき、有意義に過ごせる時間が増える
    3. カタログ請求は無料。家を買っても買わなくてもOK。
    4. カタログは、参考になる間取りやデザインがいっぱい!勉強になるし、見るだけでも楽しい♪

    ナズナナズナ

    ちなみに我が家は、コレのおかげで予算と好みに合うハウスメーカーが見つかりました
    便利なので、気になる人はチェックしてみてね!

    カタログ請求サイトの詳細・実際に利用してみた感想はこちらに書いてます↓
    体験談!ハウスメーカーのカタログ一括請求サイト使ってみた様子とカタログ請求方法