「できるだけたくさんのハウスメーカーを見たいけど、1社1社まわるのは大変・・・」

 

「モデルハウスに行くと、営業に捕まりそうで嫌だな・・・」

 

「ぶっちゃけカタログだけもらえればいいのに・・・」

 

そう思いませんか?

 

そんなときは、『カタログ一括請求サイト』を使うという手があります。

 

建築予定エリアの注文住宅会社のカタログを、まとめて取り寄せることができるサービスがあるんですね。

 

『カタログ一括請求サイト』は複数あるのですが、その中でもどのサイトを使うといいのか?

 

この記事では、比較した結果を書いていきます。

 

さらに、実際にカタログ請求をしたときの体験談も書いていきますので、「カタログ請求後に営業はないのだろうか?」と心配な人は必見です!

 

 

体験談!地道に訪問派だった我が家が「カタログ一括請求サイト」を使ってみたら・・・

 

 

 

我が家がハウスメーカー巡りをしていたときの話です。

 

我が家は住宅業界に詳しくないので、どんなハウスメーカーがあるのか?もよくわかりません。

 

なので、とにかく体当たり(笑)

 

住宅展示場に行ってみたり、チラシに載っていたモデルハウスに行ってみたりして、ハウスメーカーを知っていきました。

 

普通の人は、だいたい3~5件でハウスメーカーを決めるようなんですが、我が家は20件以上見ました。

 

こんなにも我が家がハウスメーカーを見て回ったのは、

 

「予算は少ないけれども、なんとか注文住宅は建てられないものか?」

 

と思っていたから。

 

我が家は決して裕福ではないけれども、一生に一度の買い物くらい、自分たちの好きなものを。満足して買いたかったんです。

 

そういう理由から、ハウスメーカーへの突撃訪問を繰り返していたのですが・・・

 

このやり方には、大きな問題がありました。

 

それは、「実際に入ってみるまで、どんなハウスメーカーかわからなかった」こと。

 

住宅展示場や、モデルハウスだと、建物の外観に惹かれて話を聞きにいくわけですが、

 

「建築費はどれくらいか?」

 

っていうのはサッパリわからないまま、訪問するわけですね。

 

そうすると・・・こんなことがよくありました。

 

営業マン

失礼ですけど、ご年収は?

 

夫

370万くらいです

営業マン

(一瞬、固まる)・・・あ~、それは厳しいかもしれませんね。

 

営業マン

うちだと、建物だけで3000万はかかります。土地代も考えると住宅ローンが通らないと思います

 

夫

・・・・そうですか

 

何も知らずに、〇条工務店とかミ〇ワとかに入っちゃったりして、こういう洗礼を受けました(笑)

 

このときの営業さんはまだ事実を親切に伝えてくれたので、まだよかったんですけど、ひどいところだと、

 

  • 年収を聞いた途端に、営業マンの態度があからさまに冷たくなる
  • 「その年収で家を建てるなんて!」と、自称親切な営業マンから30分お説教をされる
  • 「年収600万はないと・・・」とキッパリ断られる

 

といったこともありました。

 

そういうときは、「場違いなところに来てすみません!」と顔から火が出るほど恥ずかしくなったし、

 

「家が欲しい気持ちは本物なのに客扱いすらしてもらえない・・・」とみじめな気持ちになりましたね><;

 

幸い、うちの夫は気にしない性格でよかったですが、通常はこんな扱いされたら傷つくと思います。

 

 

とはいえ。もちろん、客扱いしてくれるハウスメーカーもありました。

 

いわゆるローコストメーカーとか。高級メーカーでも、営業マン新人さんでが説明することに一生懸命だったとか。

 

しかし、ここでも問題が・・・

 

お客さん扱いしてくれるのは嬉しいんですが、とにかく営業トークが長い。。。

 

モデルハウスを一通り見学させてもらった後。「よろしければ、そこにお座りください」からが、めちゃくちゃ長いんです!

 

ちょっと見に来ただけなのに、予算やら希望条件を根ほり葉ほり聞かれ、

 

営業マン

見積もりだけでも・・・

営業マン

次回の打ち合わせはいつにしましょうか?

 

という流れになるんですね。

 

こちらとしては、フラッと見に来ただけのつもりが、合計で2~3時間も拘束されるんですね。

 

こういうとき、子供たちは、社員のお姉さんにお菓子とおもちゃでご機嫌を取られ、全然帰りたがりません。

 

半強制的に、営業トークを聞かされるわけです(笑)

 

しかも、これが住宅展示場だと大変。

 

住宅展示場では、いろんなモデルハウスが立ち並ぶわけですが、どこのメーカーも子供たちを引き寄せるための「プレゼント」が用意されているわけです。

 

トミカとか、風船とか、お面とか。

 

子供たちが「これ欲し~い!」とモデルハウスに走っていってしまい、営業マンに「おうちを見たらあげるよ」と言われるわけです。

 

なんて恐ろしいトラップでしょう!!!

 

そんなこんなで、ハウスメーカーを1社1社見て回るのには、とてつもない労力が必要でした。。。orz

 

私は見た!賢い夫婦がやっていたこと

あるとき、住宅展示場で、不審な動きをする夫婦を見かけました。

 

我が家と同じタイミングで、とあるメーカーのモデルハウスに入ったのですが、ものの5分で出ていってしまいました。

 

よくみると、その夫婦は、両手にいろんなハウスメーカーのロゴが入った袋を持っています。

 

私はピン!と来ました。

 

以前、ネットで「賢い人はカタログで比較する」という話を聞いたことがあったのですが、

 

その夫婦は、「カタログだけください!」と言って、ハウスメーカーをめぐっていたんですね。

 

これなら、長い営業トークを聞かずとも、そのハウスメーカーの値段やら、家のスペックを知ることができます。

 

「なんて賢いんだろう!」と、その夫婦に惚れ惚れしました。

 

早速、自分も真似しよう!と思ったのですが・・・

 

「カタログだけください!」

 

その一言が、どうしても言えませんでした。

いざ営業マンを前にすると、遠慮というか、ハッキリ言うことに抵抗があり、言えなかったんですね。

 

そうしてまた、営業トークを黙って聞くことになりました。

 

カタログ一括請求サイトを使ってみたら・・・

いいこと思いついちゃった

 

マイホーム購入のブログを読み漁っていたときのことです。

 

とあるブログで、「カタログ一括請求サイト」の存在を知りました。

 

「これならカタログが簡単に手に入るよ~♪」とのことで、早速、請求してみることに。

 

カタログ一括請求サイトから、6つの注文住宅会社にカタログ請求をしました。

 

住所を入力して、ハウスメーカー一覧の中から気になるメーカーにチェックをつけて・・・

 

たった5分で申し込み完了。

 

「本当にこんなラクにカタログもらえるのかな・・・?」

 

「営業電話がガンガンになってきたらどうしよう!?」

 

なんて思っていました。

 

私の心配はよそに、カタログは普通に送られてきました(笑)

 

早い会社だと、カタログ請求から3日後。遅い会社だと、1週間ほどかかりましたね。

 

6つのハウスメーカー分、一気に送られてくるかと思ったのですが、個別に送られてきました。

 

資料の中身ですが、

 

  • カタログと一緒にお手紙が入ってるかどうか?
  • 同梱資料の種類

 

は、それぞれのハウスメーカーによって違いました。

 

届いたカタログをじっくり見て、驚いたことが!!!

 

なんと!あんなに真面目に聞いていた営業マンのトークが、ほぼ全て載っていました(笑)

 

家の価格帯とか、そのハウスメーカーのこだわりっていうのは、カタログに書いてあったんですね。。。

 

我が家は、ハウスメーカーに訪問したときにもらったカタログなんて一切目を通してなかったので、全部カタログに書いてあるなんて知りませんでした。

 

あの、途中で座ってるおしりが痛くなるほど長い営業トークを、真面目に聞いていたのはなんだったんでしょうorz

 

カタログを見れば、そのハウスメーカーの価格帯もわかるので、自分たちにとって分相応の高級メーカーに間違って入るなんてバカなことが防げたのに・・・

 

「はじめからカタログ請求しとけばよかった」としみじみ思いました。

 

カタログ請求すると営業は・・・ある?

 

疑問イメージ

 

あと。個人的に気にしていた「カタログ請求後に営業があるかどうか?」ですが・・・

 

やはり、少なからずありました。

 

といっても、住宅展示場やモデルハウスで、対面でされる営業と比べたら軽いものでしたが^^;

 

具体的には、1社からこんなメールが↓

 

 

「よかったらモデルハウスに来ませんか?」というお誘いでした。

 

こちらは、放っておいても問題ないので、返信せずにスルーしましたね。

 

 

あとは、営業電話が2社からありました。

 

1つは、「カタログ届きましたか?」という確認だけの電話。

 

モデルハウスへのお誘いも一切なくて、拍子抜けしてしまいました。

 

もう1つは、「詳しくお話を聞かせてくれませんか?」というもので、ザ・営業電話でした。

 

こういう場合、対面だとなかなか話を切るのは大変なんですけど、電話だったので、

 

「他のハウスメーカーのカタログもみてるので、よさそうならコチラから電話しますから待ってください・・・」

 

とガッツリ釘をさして電話を切りました。

 

その後、このハウスメーカーから電話は来ていません。

 

突然、営業電話が来るのはビックリしましたけど、電話だと対面と比べて断りやすいので助かりましたね。

 

 

私にとってカタログ請求サイトは、【ラクにハウスメーカーのことを知ることができる】便利なサービスでした。

 

もちろん、ハウスメーカーを決定する際には直接訪問したほうがいいのですが、「どこのメーカーで詳しく話を聞くか?」の絞り込みには最適。

 

積極的に使ったほうが得だと、個人的には思いました。

 

というか、もしやり直せるなら、一番最初にカタログ請求をします!!(笑)

 

カタログ一括請求サイトの比較!おすすめ2つはコレ

 

カタログ請求サイトを片っ端から調べたところ、「ココはいい!」と思えたのは、以下の2つでした↓

 

  1. タウンライフ家づくり
  2. LIFULL HOME’S注文住宅

 

この2サイトは、有名どころで利用者の満足度が高かったですし、資料請求がしやすかったですね。

 

【タウンライフ家づくり】資金計画&間取り参考も一括で便利

 

 

カタログ一括請求サイトで一番よくみかけるのが【タウンライフ家づくり】。

 

住んでいる地域に対応しているハウスメーカーの資料を一括請求できます。

 

【タウンライフ家づくり】でスゴイのは、カタログと一緒に間取りプランと資金計画書(見積もり)ももらえること。

 

 

他のカタログ一括請求サイトではカタログしかもらえないので、これは大きな差だと思いますね。

 

ただ・・・

 

正直な話をすると、私の経験上、資料請求の段階でもらえる資金計画書は100%正確なものではないので、目安とか参考程度に考えておくとよいでしょう。

 

実際に家を建てるときにかかる金額って、地盤改良やらの変動費用もあるし、そもそも間取りや外観がキッチリ決まってないと正確な値段は出しようがないですからね^^;

 

ハウスメーカーによっては、「自社の最安値」を提出してきたりするので、実際に家を建てたときの値段とはズレが生じることは覚悟しておくとよいかと思います。

 

とはいえ!

 

結婚式でも引っ越しでも何にでもいえることですが、「目安がどのくらいか?」がわからないと、お金の計画を立てようがないですよね?

 

そういう意味では、【タウンライフ家づくり】からカタログ請求をしてもらえる資金計画書は、

 

家の相場を知ったり、家計に無理のない返済プランを考えたりするのに、とても役立ちます。

 

もらっておくに越したことはないでしょう。

 

 

カタログ請求の際には、あらかじめ興味のないハウスメーカーは、資料取り寄せリストから除外できます↓

 

 

同梱物はハウスメーカーによって違うので、ぶっちゃけて言うと、資金計画書を送ってきてくれないメーカーもあります。

 

確実に資金計画書を手に入れたい場合は、できるだけ多くのハウスメーカーから資料請求するといいかもしれませんね。

 

 

【タウンライフ家づくり】の特徴を一言で表すなら、

 

『カタログと一緒に、資金計画書ももらえるのでお金の計画がしやすい』

 

でしょう。

 

>>タウンライフ家づくりの詳細はこちら

 

 

一括請求できるハウスメーカー数がダントツ!【LIFULL HOME’S注文住宅】

 

 

日本最大級の不動産・住まい情報サイト「ライフル ホームズ」が運営している【LIFULL HOME’S注文住宅】

 

他の一括請求サイトに比べて、ハウスメーカーの登録数がダントツで多かったです!

 

【タウンライフ家づくり】と比較して、私の住んでいる地域ではハウスメーカー数が2倍もありましたね。

 

本当に“一括”で、たくさんのカタログを手に入れることができます。

 

ハウスメーカーの絞り込み機能も充実。

 

「予算から検索」

「ローコスト・高気密・平屋などのテーマから検索」

「建築エリアで検索」

 

といった感じで、自分たちの要望に合ったメーカーを簡単に見つけ出すことができるのがいいなぁ~と思いました↓

 

 

 

 

 

ハウスメーカー選択画面は、「坪単価」や「工法」もわかりやすくて便利↓

 

 

もちろん、カタログがいらない会社はチェックボックスで除外することもできますよ!

 

【LIFULL HOME’S注文住宅】の特徴をまとめると・・・

 

自分たちの希望に合ったハウスメーカーを見つけやすく、一度に多くのカタログが請求できるっ!!

 

という感じです^^

 

裏ワザ!カタログ一括請求をより活用するには?

 

ここまで、カタログ請求サイトを2つ紹介しましたが、私のオススメとしては・・・

 

『2サイト併用』です。というのも・・・

 

家を買うには資金計画書があった方がお金の面で見通しが立ちやすいので、カタログと一緒に見積もりももらえる【タウンライフ家づくり】からカタログ請求しておくと、予算決めに役立ちます。

 

しかし、【タウンライフ家づくり】だけだと資料請求できるハウスメーカーの数が少ない。。。

 

なので、カタログ請求できるメーカーが多い【LIFULL HOME’S注文住宅】でカタログ請求して、ハウスメーカーの取りこぼしがないようにすると、より多くのハウスメーカーを知ることができます。

 

一生に一度の家づくりを、納得してお任せできるハウスメーカーを探すには、できるだけ多くのハウスメーカーを知っておいた方が有利ですからね。

 

なので、【タウンライフ家づくり】【LIFULL HOME’S注文住宅】の『2サイト併用』を個人的にはオススメします。

 

納得できる家づくりのために・・・カタログ請求サイトは活用した方が得!

 

ハウスメーカーカタログ請求サイトおすすめ比較

 

ハウスメーカー比較には、カタログ一括請求サイトが便利です。

 

モデルハウスや住宅展示場に行くと、営業トークを延々と聞かされ、気づくと日がどっぷり暮れている・・・

 

なんてこともありますが、カタログ一括請求サイトを使えば、そんな風に、休日をドブに捨てるようなことにはなりません。

 

たった5分。必要事項を入力するだけで、気になるハウスメーカーのカタログが自宅に届きます。

 

カタログを見比べてみれば、ハウスメーカー比較は簡単。

 

また、よさそうな住宅会社にだけ話を聞きに行くようにすれば、時間を効率的に使うことができます!

 

家づくりは労力と時間がめちゃくちゃかかるので、ラクできるところはラクすることをオススメしますよ^^

 

 

★この記事で紹介したカタログ請求サイト★

 

資金計画書(見積もり)つきで住宅資金の目安も知れる!

【タウンライフ家づくり】

 

請求できるメーカー数NO1で比較がたくさんできる!

【LIFULL HOME’S注文住宅】

 

※おすすめは2サイト併用