「気に入った土地だけど、電柱があるのがちょっと・・・」

「敷地内に電柱があるのだけが気になる・・・」

 

土地探しをしていると、こういうことってありますよね。

 

かくゆう我が家は、敷地内に電柱がある土地を購入し、そこに家を建てました。

 

この記事では、

 

【電柱つきの土地に住むとどんな不都合があるのか?】

 

を書いていきます。

 

実際に住んでみての意見なので、参考になれば幸いです^^

 

 

電柱つきの土地を購入してみた!注文住宅を建てた感想

 

まずは、我が家の土地情報から!

 

電柱の位置関係はこんな感じ↓

 

 

位置としては、我が家の真正面。

 

車の出入りは横の道からするので、一応、邪魔にはならない位置ですね。

 

(我が家は、分譲地の一番奥なので、私道の突き当りになってます)

 

土地を買う時には、「邪魔にならないならいいよね~」と思ってたし、

 

私の実家も敷地内に電柱があったので、そこまで気にしていませんでした。

 

がっ!!

 

実際に家を建ててみたら・・・気になることが出てきました。。。

 

敷地内に電柱があることのデメリット

 

 

実際に住んでみて感じたデメリットは、以下の5つです。

 

【デメリット1】見た目が悪い

 

我が家の場合、電柱が敷地のはじっこにあればいいのに、ど真ん中をぶち抜いてるもんだから、見た目が悪いです^^;

 

年賀状に家の写真を載せようと思ったんだど、電柱が邪魔すぎて切ない・・・(笑)

 

まぁ、我が家は注文住宅とはいえ、デザインにこった家ではないので見た目はそれほど重要視はしませんが。

 

これがデザインにこだわって作った家なら、電柱はなんとしてもなくしたい存在だったと思います。

 

【デメリット2】庭づくりがしづらい

 

我が家は、電柱がある方が南なので、当然、庭も電柱がある方です。

 

土地のはじっこに沿って花壇を作ったのですが、電柱が邪魔すぎる!!

 

花壇の真ん中から、電柱がにょっきり、生えているという・・・

 

この先、リビングから見て癒される庭を作り上げていこうと思っているので、電柱の存在は邪魔です><;

 

【デメリット3】圧迫感がある

 

うちの電柱は、リビングの窓からがっつり見えます

 

今は庭に囲いをつけていないので、リビングの窓は除き防止でしめっぱなしなのですが、ゆくゆくはフルオープンにしたい。

 

なのに、窓から見える電柱。

 

そして、圧迫感あり・・・orz

 

いちおう、建物からは6mほど離れた場所にあるのですが、それでも圧迫感はありますね。。。

 

【デメリット4】風水的になんかよくないらしい

 

電柱は、風水的には「大きな木が生えているのと同じ」らしく、それがあんまりよくないらしいのです。

 

まぁ、うちは引っ越してから運が上がった方なので(笑)、そこまで風水を気にしなくてもいいかなぁ~と思いますが。

 

関連記事

 

けど、「よくない」と言われると、やっぱり気になります。

 

【デメリット5】移転しようにも移転できない

 

電柱は、電力会社に連絡をすれば、移転が可能だそうです。

 

だがしかぁし!!

 

我が敷地内にあるといっても、簡単に移設できないもの。。。

 

できれば、お隣さんとの中間とか、そういうところに置きたいけれども、お隣さん的には電柱が来るのが嫌なわけで。。。

 

自分たちの敷地内に移設しようにも、我が家の電柱の場合、「はじっこ」にあたる電柱でして。

 

左右の電柱にケーブルがつながっている電柱であれば、自由に横にスライド移動できるらしいのですが、

 

「はじっこ」電柱の場合は、電柱が倒れてしまわないように補助の支えが必要になります。

 

こーゆーの↓

 

 

そのため、我が家の敷地の隅に電柱を移動してもらおうにも、支えの分の面積が必要になるため、端に持ってこれないんですね。

 

だから、移設しようにも移設できず、あの電柱は我が家のど真ん中にあり続けるということです><;

 

土地を契約するときには、電柱の注意事項は聞かされたのですが、「移設できるかも!」っていうの望みが簡単に打ち砕かれたのはショックでしたね~

 

 

・・・というわけで、「敷地内に電柱がある土地」に実際に住んでみて感じた不都合は、

 

  1. 見た目が悪い
  2. 庭造りの邪魔
  3. 圧迫感がある
  4. 風水的に悪いらしい
  5. 移設しようにもできない

 

でした。

 

 

結論!電柱つきの土地は不都合があるにはあるが住むには問題ない

 

 

ここまで、敷地内に電柱があることの不満を書いてきましたが、ぶっちゃけた話をすると

 

住むには問題ない!!

 

です(笑)

 

ようは、見た目と気持ちの問題ですね^^;

 

まぁ、あまりにも電柱が近い場所にある(建物と隙間なく電柱が近くにある)場合は、2F部分が電磁波とか心配なこともあるそうですが。

 

少しでも家から離れているのであれば、気にしなくてもいいそうですよ。

 

心配な場合は電磁波とか測ってもらえるみたいなので、「健康に害がないか?」不安な人は、電力会社に連絡して計測してみるのもいいかもしれませんね。

 

で!

 

電柱つきの土地だといろいろと不満はあるにはあるのですが、結局のところ我が家はそれでよかったのか?というと・・・

 

たぶん、よかったです(笑)

 

土地を購入するときには、価格的にかなり譲歩してもらいましたし、立地も申し分ない。

 

これ以上ないくらい、よい土地だったと思います。

 

運気も上がったしねwww

 

 

なので、我が家の感想としては、

 

「電柱がある土地でも問題なく暮らせるよ」

 

という感じです。

 

ホント、自分が気にするか?気にしないか?だけだと思います。

 

どうしても許せないのであれば、他の土地にしたらいい。

 

もう買ってしまったのであれば、移設願いを出してやるだけやってみるか、電柱が気にならないように工夫するしかない。

 

そう思います。

 

まぁ、我が家も電柱に文句をつけようと思えばいくらでも付けられるんだけど、気にしない方が精神的にもよろしいし、楽しく過ごせるかなぁと思ってます^^

 

窓から見える景色だけは、電柱をなんとかしたいと思ってるから、植物を植えてなんとかするかな(笑)

 

 

 

合わせて読みたい