住宅ローンの審査のタイミングって、イマイチわからないですよね。

 

「物件が決まってないのに、試しに審査を受けていいものか・・・?」

 

「事前審査を受けたら、もう物件変更できないんじゃないか・・・?」

 

そんな不安もあると思います。

 

この記事では、

 

  • 住宅ローン審査はいつ受けるべきなのか?
  • 物件未定の状態でも審査を受けることができるのか?
  • 事前審査後に物件変更をしても大丈夫なのか?

 

を、実際に3つの物件で3銀行の審査を受けた経験から話していきたいと思います。

 

住宅ローン審査のタイミングはいつがいいか?

 

家が欲しいイメージ

 

結論から言うと、住宅ローン審査を受けるタイミングは”物件が決まる前”がベスト。

 

一般的には、間取りや見積りの詳細が決まってから審査を受けるイメージがあるかもしれませんが、全てが決まってからでは遅すぎます。

 

なぜなら、

 

物件の細かい部分まで煮詰めてしまってからの審査では、マイホームの決定権が施工主になくなってしまうからです。

 

ちょっとわかりづらいので、例を上げてみると・・・

 

【パターン1】ハウスメーカーに執着して悪条件の住宅ローンを組むことになる

 

たとえば、住宅会社Aで間取りなどを細かく打ち合わせし、土地も決め、詳細が全て決まってから住宅ローン審査をしたとします。

 

でも、銀行1では審査に落ちた(借入額が足りなかった)。

 

どうしても家を建てたいから、今度は銀行2を受ける。

 

銀行2はお金を貸してくれるけど、金利が高い。

 

金利が2%で、3500万を35年ローンで月々の支払が115941円

 

他の金利が低い銀行だったら、0.65%で月の支払額は93194円

 

夫婦で話し合って決めた家をあきらめたくないがために、他の銀行と比べて2万円近くも高い金額を払いながら、経済的に苦しい生活を送る・・・

 

【パターン2】資金に合わせて家を調節して不満足の家ができる

 

住宅会社Aで家づくりを進めていた。

 

「この家で行こう!」と思ったので、銀行1で住宅ローン審査を受けたが、上限額が届かない。

 

3500万欲しいところ、3200万までなら大丈夫だと聞いたので、家の間取りやら外構やらを削ることにした。

 

なんとか300万削減し、審査に通過。

 

でも、家は必要最低限のものしか残せず、理想とは程遠い不満足の家になってしまった・・・

 

↑こういう後悔話、ネットではよく溢れていますよね。

 

けれども!

 

住宅ローン審査を物件が決まる前に受けていたら、こういう悲しいことは防げるんです。

 

「自分たちはいくらの家が建てられるのか?」

「金利がどれくらいで、月々の支払いはどれくらいになるのか?」

 

を、家づくりの前に知ってたら・・・

 

 

【パターン1】のように、高い金利で損しながら、無理して家を買うことはありません。

 

自分たちに無理のない予算内で、金利が良心的な銀行で住宅ローンを組み、余裕のある生活を送るでしょう。

 

 

【パターン2】のように、住宅会社Aにこだわって不満足な家を建てません。

 

予算内でも満足がいく家を建てられるハウスメーカーBを探すでしょう。

 

 

なので!

 

住宅ローン審査は物件が決まる前。

 

注文住宅なら、ハウスメーカー選びの段階で受けておきましょう!

 

住宅ローンの審査は、物件未定の段階でもできるのか?

 

疑問イメージ

 

「住宅ローン審査は物件が決まる前!」と言われても、物件未定で審査を受けてもいいのか?って不安ですよね(笑)

 

大丈夫!

 

事前審査と呼ばれる、本審査とは別の“仮”の審査があります。

 

事前審査はその名の通り、「この家、買えるかなぁ~??」とお試しで受けられる審査なんですね。

 

もちろん、物件が決定している段階でも、必ず事前審査は受ける必要があります。

 

事前審査

(個人情報調査、勤務確認など)

 

 

本審査

(事前審査時と状況が変わってないか?)

 

事前審査の段階で細かく調査されるため、本審査で落ちることはまずありません。

 

ネット銀行だと、事前審査の精度が低い為、本審査落ち多いらしいですが^^;

 

 

とにかく!

 

事前審査を受けることで、「いくらの家が買えるのか?」がハッキリわかります。

 

そして、銀行がつけてくる条件(金利)もわかります。

 

物件未定の状態で、どうやって事前審査を受けるのか?

 

 

事前審査では、通常、以下の書類が必要になります。

 

  1. 源泉徴収票
  2. 車のローンなど月々払っているものの明細
  3. 購入予定の物件情報

 

物件未定の状態でひっかかるのは、「購入予定の物件情報」。

 

銀行側も、「いくら借りたいの?」っていうのを知りたいわけですね。

 

でも、未定の段階だから、こちらは物件の見積もりなんてもっていないわけです。

 

そういうときは、

 

  • ハウスメーカーでもらった手書きの見積もり書(最初の打ち合わせでシミュレーションしてもらったもの)
  • 買いたいと思ってる価格帯の中古物件のチラシ
  • 建売のチラシ

 

とかでもOKです。

 

我が家の場合は、

 

ナズナナズナ

今ハウスメーカーと話をしてるんですけど、本当に家が買えるのか不安で・・・

どれくらい貸してもらえるのか知りたくて。

どの家を買うかは決まってないんですけど、上限金額に合わせて物件を購入しようと思ってるんです。

 

って感じで銀行に行って、事前審査をしてもらってました。

 

そのときは、中古物件のチラシと、営業さんの手書きの見積書をもっていきましたね。(それぞれ別の銀行)

 

 

「住宅会社とすでに話はしていて、決して冷やかしではないのよ~」感を出すようにするとよいです。

 

この方法だと邪険にされることもないですし、もし審査に落ちたとしても、

 

「じゃあ、いくらだったら貸してもらえるのか?」を聞き出すこともできますよ^^

 

住宅ローン事前審査を受けたら、物件変更はできないのか?

 

 

買う気がない物件で「住宅ローン上限額と金利条件」を調査した後、他の物件が買いたくなったときはどうするのか?

 

心配な人もいると思いますが、大丈夫です!

 

最初に検討していた家と、本当に買う家が違うのはよくあること。

 

うちもコロコロ変わりましたから安心してください。

 

で!

 

事前審査と違う物件が欲しいときは、もう一度、事前審査からやり直しをするだけです。

 

銀行もよくあることだと心得ているので、嫌がらずに審査をしてくれます。

 

物件が決まっている段階では、住宅会社の詳細な見積もりや設計があるはずですから、そちらを提出しましょう。

 

ハウスメーカーと提携している銀行なら、担当さんが銀行員に話を通してくれるでしょう。

 

住宅ローン審査は一発勝負だと思っている人が多いみたいですが、そんなことはないので(笑)

 

気軽に事前審査を受けることをオススメしますよ^^

 

住宅ローン審査は気軽に!物件未定の段階で受けるのが吉

 

 

「妥協せず、満足のいく家づくりがしたい・・・」

 

「不利な条件で住宅ローンを組みたくない・・・」

 

そう思っているのなら、住宅ローンの審査は早めに受けましょう。

 

予算(住宅ローン上限額)をハッキリ知っておくだけで、金銭面での失敗を防ぐことができます。

 

家づくりで一番辛いのは、お金の問題ですからね^^;

 

今後何十年も後悔をしないためにも、今のうちに動いておきましょう!

 

まずは、近くの銀行に相談。

 

または、ネットの仮審査もオススメです。

 

審査のコツは、『住宅ローンの銀行おすすめは?金利比較がダメな理由や審査のコツも』の記事でも書いてますので、参考にしてください。

 

素敵で大満足な家が買えますように★

 

 

合わせて読みたい