住宅ローン審査で気になるのは、“現在の借り入れ状況”ですよね。

 

ネットでは、

 

「借金があったら住宅ローン組めない」

 

はたまた、

 

「車のローンあっても大丈夫だった! 」

 

なんて噂が飛び交っています。

 

実際のところ、どうなんでしょうか?

 

この記事では、 【車の残債が110万ある】状態で住宅ローン審査を受けた我が家が、どうだったのか?? を書いていきたいと思います。

 

 

 車のローンがあると住宅ローン審査に落ちるのか?

 

 

 結論から言うと、 車のローンはがあっても住宅ローンは組めます

 

延滞などの事故情報がなければ、フツーに審査通過できます。

 

昔はダメな時代もあったかもしれませんが、今は銀行がお金を貸したがっている時代です。

 

 

我が家なんて、【車の残債が110万】。

 

その上、【カードローンが130万】でも住宅ローン審査を通過しましたからね^^;

 

しかも、審査を受けた3銀行とも全部!

 

なので、 車のローンがあっても、住宅ローンを借りることは可能です。

 

 

車のローンは、借入額に影響あり!

 

モヤモヤ

 

車のローンが残っていても、住宅ローンを組むことはできます。

 

がっ!!

 

審査に影響がないわけではありません!!

 

 

借り入れ限度額は、“返済比率”を元に決められます。

 

返済比率は「返済しても無理のない金額かどうか?」を測る基準のことで、

 

銀行は「月々のローン返済額が、収入に対してどのくらいの割合か?」を見て、住宅ローンの上限額を決定しています。

 

返済比率は銀行によってマチマチですが、我が家が審査を受けた結果や銀行員の話からすると30%~40%

 

関連記事

 

なので!

 

車のローンがある場合は、借り入れ額が少なくなるのです。

 

 たとえば・・・

 

年収:400万

返済比率 : 35%

 

だったとすると、

 

400万の35% = 140万

月あたりの返済額限度 = 11.6万

 

仮に35年ローンを組んだとすると、

 

11.6万 × 12か月 × 35年 = 4872万

 

 

なにも借金がなく、まっさらな状態だと、4872万円まで借りることできます。(金利なしの超ざっくり計算なので、実際はもっと少ない)

 

でも、車のローンが残っている場合は・・・

 

 車の残債 : 100万

月々の車のローン : 2万

 

月々の住宅ローン支払い限度額は、「月あたりの返済額限度」から「車のローン支払い」を引いた金額となるため・・・

 

11.6万-2万 = 9.6万

 

仮に35年ローンを組んだとすると、

 

9.6万 × 12か月 × 35年 = 4032万

 

通常だと4872万まで借りれるところが、 車のローンがあると4032万まで下がってしまうんですね。

 

 

住宅ローンの上限額が低ければ低いほど、購入できる家の制限が大きくなります。

 

土地や建物で妥協したくないのであれば、車のローンは完済してから住宅ローン審査を受けるようにした方がいいでしょう。

 

 

住宅ローン審査のコツ!通りやすい銀行は?

 

ひらめく子供

 

車のローンがあると、借り入れできる金額が低くなり、購入できる家の選択肢が狭くなります。

 

でも、できれば家は妥協したくない。。。

 

少しでも限度額を上げるには、どうすればいいのでしょうか?

 

 

そういうときは、【複数の銀行で審査】をしましょう。

 

返済比率は銀行によってマチマチなので、住宅ローン上限額も、銀行によって差があります。

 

 実際、我が家も3つの銀行で仮審査をしましたが、上限額に差がありました↓

 

関連記事

 

なので、

 

いろんな銀行で審査を受けて、比較することが大切です。

 

「A銀行では3500万だったのに、B銀行なら3800万まで行ける!」 ってこともフツーにありえます。

 

太陽光のせたり、外構やってたりすると、あっという間に家の価格は上がっていきますからね^^;

 

 

「限度額いっぱいまで住宅にかかって、車のローンが残ったままになってしまった・・・」

 

そんなことにならないためにも、できるだけ多めに借りられる銀行にした方がよいでしょう。

 

 

ちなみに、我が家の場合。

 

住宅ローン仮審査

物件の価格を決定

 

の順番で、購入する家を決めました。

 

元々の返済額が月4万と高額で、「どこまで借りられるのか?」を知っておきたかったんですね。

 

上限を知っておけば、手の届かない物件に夢を抱くこともありませんし(笑)

 

銀行には欲しい物件より少し多めで仮審査をお願いし、審査時には「いくらまでならOKか?を教えてほしい」と伝えるようにしました。

 

「自分たちでどのくらいの家が買えるか知りたいんです!」と正直に話せば、全然怪しまれなかったですよ。

 

このやり方、結構おすすめです^^

 

 

もし、複数の銀行に仮審査をするなら、このサイトが便利です↓

 

 

 通常の仮審査だと、わざわざ銀行に行って、書類を書き、提出物を出し・・・と、かなりめんどくさい作業が必要です。

 

1件審査してもらってる間は、他の銀行の審査受けられないし。。。

 

我が家は、3つ審査するだけで、1か月以上かかりました><;

 

でも、【住宅ローン一括審査申し込み】なら、必要事項を一回入力するだけで、最大6つの銀行に審査を依頼することができます。

 

審査ができる銀行は、ネット銀行から地方銀行までズラリ。

 

複数銀行で審査を受けておけば、もしものときの滑り止めにもなって安心です。

 

もちろん、“受けてみるだけ”でもOK!

 

「審査を受けたら絶対に買わなくてはいけない」なんてルールはありませんし、まだ購入が決まってない段階でも“おおよその金額”で仮審査を受けることができます。

 

我が家も、全然買う気がない物件の資料をコピーを持って、「この価格帯の家を買いたいと思ってるんですが・・・」って仮審査受けましたからね。

 

住宅ローンで損しないコツは、自分たちで銀行を選ぶこと

 

不動産屋がオススメする銀行は、ただ仲が良いだけで、金利や上限金額などの条件がよくないことも多いので(笑)

 

 

車のローンがあっても、家づくりは妥協したくない!!

 

そんな思いがあるなら、一括仮審査を受けてみてくださいね。

 

意外といい家、建てられちゃうかもしれませんよ♪

 

↓詳細はこちら↓

 

住宅ローンは複数金融機関に仮審査を申し込んで比較!
全国60銀行からシミュレーション&最大6銀行に仮審査申し込み