安い建売か?注文住宅か?

 

迷いますよね。

 

とはいえ、予算や時間に限りがなければ、ほとんどの人が注文住宅を選ぶでしょう。

 

逆に、予算や時間に制限があると、建売が検討に入ってくるんじゃないかと思います。

 

「本当は注文住宅を建てられたらいいんだけど・・・」

 

と思いながらも、制限があるために建売も視野に入れている状態ではないでしょうか。

 

我が家も全く同じ状態。

 

我が家も予算が多くはなかったので、はじめは中古を検討してたくらいです。

 

建売の新中古も見に行ったんですよ。

 

そして結局・・・

 

我が家は注文住宅を買うことになりました。

 

我が家の家計としては、ちょっと背伸びすることになったのですが、それにはいろいろな理由がありました。

 

この記事では、

 

建売と注文住宅のメリット・デメリットを比較しつつ、

なぜ我が家が予算ないながらも注文住宅を選んだのか?

 

をお伝えしていきます。

 

 

建売住宅のメリット・デメリット

 

 

まずは建売住宅の長所と短所を見ていきましょう。

 

私が実際に見学をしたり、不動産屋さんに話を聞いた結果、以下のメリットとデメリットがありました。

 

建売のメリット

  • 注文住宅と比べて値段が安い
  • すぐに入居できる
  • 間取り決めなどに時間が必要ない
  • 実物が見れるので、注文住宅のように「イメージと違う」という心配がない

 

建売の一番のメリットは、「安い」ことですよね。

 

どうしてこんなに安いのか?

 

と不動産屋に聞いてみたところ・・・

 

建売住宅は似たようなデザインが多く、たくさんの家の材料を一気に注文をするため、材料のコストダウンができるんだそうです。

 

なので、別に粗悪品を使っているとか、見えないところのつくりが悪いといったことはないんだとか。

 

耐震性も問題ないとのことで、安くてすぐに住めるのが、建売住宅の魅力です。

 

建売のデメリット

 

 

  • 間取りや外観を、自分好みにできない
  • 徹底的にコストダウンしているため、設備がちゃちい
  • 外壁などのメンテナンス代がこまめにかかる

 

安さが魅力の建売ですが、建物全体がチャチいです(笑)

 

少しで安くするために、外壁や、風呂、キッチンといった設備は、ランクが低いものが使われているそう。

 

これは、実際に私が見学してみて実感しましたね(笑)

 

普段は借家に住んでいるからわからない程度なんですが、注文住宅のモデルハウスを見たあとだと、ハッキリわかります。

 

とくにキッチンとお風呂は差が歴然。

 

見た目と使い勝手(掃除のしやすさとか)が、ダンゼン違います。

 

ちなみに、「建売住宅を500万値切った」友人によると、たまたま決済月に行ったら、ゴリ押ししなくても値引きしてくれたそうです。

 

つまりは・・・

 

500万値引いても利益が取れるくらい、建物にお金をかけてないってことですね^^;

 

不動産屋も「建売は売れなかったらドンドン値引くからね~」といってましたが、

元の値段に上乗せされている利益が半端ないみたいです。

 

もし建売を買うなら、「上乗せされている膨大な利益分」を値切ることを考えた方がいいでしょう。

 

 

それでは次、注文住宅の場合はどうなのでしょうか?

 

 

注文住宅のメリット・デメリット

 

 

次は、注文住宅について。

 

注文住宅のメリット

  • 自分たちで思い通りの家が作れる
  • 外壁や設備のグレードアップも思いのまま
  • 内装や外壁にいいものを使えば、メンテナンス費用にお金がかからない

 

やっぱり一番のメリットは、「理想の家が作れること」でしょう。

 

一生に一度の買い物ですから、トコトンこだわれるのが嬉しい点です。

 

また、注文住宅だと、「長持ち」や「光熱費削減」といったことをウリにしているところがほとんど。

 

なので、建売に比べて、光熱費やメンテナンス代がかからない家ができます。(ハウスメーカーによりますが)

 

長い目でみると、建物代が高くても節約になる場合もありますよ。

 

注文住宅のデメリット

 

  • 建売に比べて値段が高くなりがち
  • 間取りなど、夫婦喧嘩が勃発する可能性も
  • 打ち合わせがめんどう
  • 入居できるまでに時間がかかる

 

注文住宅のデメリットは、なんといっても「時間と手間がかかる」こと。

 

我が家も、子どもを連れて毎週打ち合わせに行くのは大変でした。

 

しかも、引っ越したい期限が決まっていると、急ピッチでいろんなことを決めなくてはいけませんし、夫婦で意見が割れてケンカすることもよくありました。

 

ぶっちゃけて言えば、注文住宅は面倒です。。。

 

 

あと、予算オーバーになりそうなときは、お金のことでイヤな気持ちになりますしね^^;

 

「新築離婚」なんて言葉もあるようですが、注文住宅だと、それが実現しやすいような気がします(笑)

 

 

結局どっちがいいの?個人的には、たとえ予算がなくても注文住宅の一択!

 

比較と選択

 

建売と注文住宅。

どっちがいいのか?

 

私個人的な意見でいうと、「注文住宅」です。

 

というのも、建売はあまりにもチャチいから。

 

外壁は10年一回、必ず塗り替えなくてはいけないし、床などの内装もちょっと・・・

 

メンテナンスで大きなお金が飛んでいくのが、目に見えていたんですね。

 

我が家は家を買ったら一生住みたいと思っています。

 

なので、建売のように30年後には建て替えが必要な家だと困るんですよ。

 

老後に建て替えるお金なんて、絶対ないと思うんで。

 

そうすると、

 

「家賃払うよりも、家買った方が得だよね」っていう、当初のもくろみが達成できません。

 

むしろ損!?

 

なので、我が家は、長持ちする注文住宅にすることにしました。

 

でもそれは、ただの成行きです(笑)

 

たまたま、中古を探してたら、安くてよい家を作ってくれるハウスメーカーさんに出会えたんです。

 

そうでもなかったら、うちの予算では、注文住宅なんて買えません!

 

金銭面さえクリアできれば、間違いなく注文住宅の方がよかったので、この出会いがあってよかったです^^

 

結果的に、近隣の建売住宅と同じ値段で、ハイグレードな注文住宅を買うことができました。

 

予算的なことで建売に妥協するくらいなら、やれることをやって、注文住宅でいい家を建てた方がいいと、私自身は思ってます。

 

どうせ家を建てるなら、間取りも内装も、自分で決めたいですしね♪

 

一生に一回しかできない経験だから、他人任せにしちゃモッタイナイ!

 

お気に入りの壁紙、大好きな色で統一したキッチン、少しモダンな雰囲気にした玄関扉。

 

自分で選んだもので構成された家に住むのは、とてもつもない喜びです^^

 

ぜひ、注文住宅で「好きなものに囲まれた暮らし」を手に入れてほしいなぁと思います!

 

注文住宅が欲しいけど何からはじめていいかわからないアナタへ

 

家と緑

 

「できれば注文住宅を建てたいけど迷ってる・・・」

「そもそも買えるかどうかわからない・・・」

 

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

 

我が家の経験上、やった方がいいのは『いろんなハウスメーカーを知ること』です。

 

というのも、注文住宅の値段と質は、メーカーによってマチマチ。

 

同じ広さの家でも、メーカーによって値段が違う。

建材や外壁などの質も、メーカーによって違う。

 

そんなことが、住宅業界では当たり前のようにあるんですね。

 

実際、我が家の場合は・・・

 

あるメーカーでは「最低2500万はないと無理です!」と言われましたが、

あるメーカーでは「他メーカーと同等以上の質で1400万あればできます」と言われたことがあります。

 

我が家が年収300万円台で注文住宅をゲットできたのは、ハウスメーカー探しを徹底したから。

 

よりたくさんのハウスメーカーを知ったからこそ、

 

「他では無理と言われてしまった予算でも、完全オーダーメイドで質が高い家を建ててくれるハウスメーカー」に出会うことができたんですね。

 

では。たくさんのハウスメーカーを知るにはどうすればいいのでしょうか?

 

住宅展示場やモデルハウスに地道に通うのが確実ですが、これには大変な労力がかかります。

 

我が家の場合は、子供4人を連れてハウスメーカー訪問し、子供たちが女性社員におもちゃやジュースでご機嫌をとられ、

 

半強制的に営業マンのトークを聞かされることになり、「ちょっと見に来ただけなので帰ります」と言えずに2~3時間も拘束される。。。

 

こんな悪夢を、ハウスメーカーに訪問するごとに経験しました><;

 

なので、

 

「どんなハウスメーカーがあるのかな?」

「我が家でも買えるような価格帯のメーカーはどこ?」

 

といったことを知るのであれば、【カタログ請求】がオススメです。

 

価格や間取り、デザインなどは、カタログにみんな書いてありますからね。

 

我が家も実際にカタログ請求をしてみたら、モデルハウスで延々と聞かされた営業トークの内容がカタログに載ってて、 「あの苦労はなんだったんだろう・・・」と笑いがこみあげてきました^^;

 

しかも!

 

便利なことに、パソコンやスマホから「建築予定エリアのハウスメーカー」のカタログを一括請求できるサービスがあるんですね。

 

自分で「どんなハウスメーカーがあるんだろう?」と調べなくても、エリアに対応しているメーカーを勝手にピックアップしてくれちゃいます。

 

我が家がカタログ請求したときは、全く名前も知らなかったけど、オシャレで予算内で家を建てられるメーカーが出てきてビックリしましたよ~

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

カタログ一括請求サイトはいろいろありますが、私のおすすめは【タウンライフ家づくり】です。

 

このサイトだけ、カタログと一緒に「資金計画書(見積もり)」が同封されてくるんですね。

 

もちろん、間取りやデザインを詳細に決めていない段階での見積もりは、あくまで目安にしかなりませんが、お金のことをしっかり把握しておくことは大事。

 

我が家も、見積もりをもらって「お金の見通しが立ちそうだ!」と確信を持てたからこそ、注文住宅を建てると決めることができました。

 

>>見積もりつき!【タウンライフ家づくり】を見てみる

 

ハウスメーカーは本当にたくさんありますから、知らないで「どうせ買えない」と諦めてしまうのはモッタイないです。

 

我が家はあきらめずに、いろんなハウスメーカーを訪問して、可能性を探って本当によかったと思っています。

 

やっぱり、一生に一度の大きな買い物くらい、妥協せずに自分たちが気に入ったものにしたい。

 

建売のように、周りと同じデザイン・誰かが決めた出来あいのものはイヤ。

 

どこにもない自分たちが決めた色・デザインで、自分たちが暮らしやすい間取りがいい。

 

「やっぱりこっちがいいかな?」「こういうのなんてどう?」って、家族でワイワイ話しながら作った家がいい。

 

私はそう思ったし、実際にそうやって作った家は愛着があります。

 

宝物です♪

 

だから、やれることは全部やってみたらいいと思います。

 

まずは、より多くのハウスメーカーを知るためにカタログ請求をしてみると、選択肢が広くなるはずですよ!

 

>>たった3分で請求完了!今すぐカタログ請求サイトを見てみる

 

買う・買わないは別として、カタログは理想の家をイメージしたり、無料で家づくりの勉強したりといった使い方もできますよ♪

 

我が家も間取りと外観を決めるときは、他社のカタログを引っ張りだしてきて参考にしてましたね(笑)

 

買う・買わないは別として、もらっておくだけでも損はないと思います^^

 

 

 

※【タウンライフ家づくり】でのカタログ請求法については、以下の記事で解説してますので参考にしてみてください。

 

家のカタログを無料で貰う方法を徹底解説!モデルハウス訪問なしでOK

 

 

 

↓無料!カンタン3分で請求↓