家を建てる時、多くの人が迷うハウスメーカー選び。

 

ローコスト・大手・工務店・・・などなど。

 

いろんな住宅会社がある中で、自分たちにピッタリなメーカ―を見つけ、そして決断するのは、至難の業ですよね。

 

我が家は「家づくりで絶対に失敗したくない!」という気持ちがあり、

 

どうしたら、マイホームで悲しい想いをしなくて済むだろうか?

失敗するリスクをできるだけ小さくするにはどうしたらいいだろうか?

 

と、考えながらハウスメーカーを選びました。

 

おかげで、私も夫も大満足の家を建てることができたと思っています。

 

この記事では、我が家がハウスメーカーを決めるときに重要視していた【選び方の極意】をお伝えしてきますね。

 

住宅会社をどうやって決めるのかわからなくて悩んでいる人の参考になれば幸いです^^

 

 

ハウスメーカーはどうやって決める?重要視すべきポイントとは

 

覚えておくべきコツ

 

私が実際に注文で家を建ててみて思うことは・・・

 

『情報収集がめっちゃ大事!ってことです。

 

私が話を聞いた人や、ネットで「マイホーム失敗した・・・」って言ってる人たちの話を聞くと、たいがい、あんまり情報収集してないんですよね。

 

「価格で決めた」とか

「営業さんと気が合って・・・」とか。

 

私の友人では、

 

「消費税が上がる直前だったから、一社だけ見て即決した」

 

という強者がいますが、やはり後悔してましたね^^;

 

住み始めてから、いろいろとトラブル続きだったそうです・・・><;

 

そうならないためにも、やっぱり情報収集が大事!

 

とはいえ、どんな風に情報収集をしたらいいのでしょうか・・・?

 

 

ハウスメーカー選びで失敗しない!情報収集の方法3つ

 

 

それでは。

 

私がハウスメーカー選びのときにやっていた「情報収集の方法」を3つ、紹介しますね!

 

 

【方法1】いろんなハウスメーカーで話を聞く

 

住宅会社に行くと、営業マンが「わが社のウリはこれです!」っていっぱい説明してくれると思います。

 

ときには1時間以上にわたったりしてゲッソリしちゃうんですけどね^^;

 

そのときは、聞き流すだけじゃなくて、「判断材料」して頭に知識を蓄えておくとよいです。

 

そして、他のハウスメーカーに行ったときに、

 

「あのメーカーではこんな話を聞いたんだけど、実際どうなの?」

 

と、聞いてみるとよいです。

 

まぁ、ご想像の通り、お互いのハウスメーカーの欠点の言い合いみたいになるんですけど(笑)、これがめちゃくちゃ貴重な情報になったりします。

 

住宅会社の営業マンって、自社にとって都合のいいことしか、基本言いませんからね。

 

「この情報は本当に正しいのか?」

 

を見極めるためにも、同じ題材について、複数の営業マンに質問するようにしましょう。

 

【方法2】本で基礎知識をつける

 

 

“その道の専門家”の話を聞くのも大事です。

 

とはいえ、そう簡単に専門家から話を聞くことはできないので、本から情報収集するのも1つの手です。

 

参考までに、私が呼んだ本はこちら↓

 

関連記事

 

ただ、気をつけて欲しいのは、「本の情報を鵜呑みにしないこと」です。

 

本っていっても、著者によって意見が違いますからね^^;

 

たとえば、

 

住宅ローンは変動金利がいいのか?固定金利がいいのか?

 

これも、本の著者によって意見が分かれたりします。

 

大切なのは、「こういうことに気を付けた方がいいんだな」と頭に入れておくこと。

 

それを、ハウスメーカーの営業マンやマイホーム購入者に「実際どうなの?」って聞くと、自分たちはどうたらいいだろうか?というのが見えてきます。

 

ハウスメーカーの口車に乗せられて、損をしたためにも、一度本で勉強しておくのをオススメします。

 

【方法3】体験者の声を聞く

 

 

世の中にはいろんな情報が溢れていますが、”生の声”ほど真実に近い情報はありません。

 

ネットで検索してもいいですし、マイホーム購入者に直接話を聞いていいでしょう。

 

私の場合は、ママ友から話を聞いていましたね。

 

なぜか「マイホームのことって値段とか根掘り葉掘り聞いたらいけない」と思っちゃうんですけど、聞けば案外、みんな答えてくれます。

 

「今、家を買おうと思ってるんだけど・・・こんな感じで話が進んでて・・・どう思う?」

 

「ハウスメーカー選びで悩んでて・・・どうやって決めたのか教えて!」

 

って相談すると、自分たちの反省点も含めて教えてくれます。

 

意外と、家のことって話しだしたら終わらなかったりするので、かなり深い話まで聞けますよ^^

 

家づくりで失敗したくないなら、”リアルな情報集め”を心がけるとよいでしょう。

 

 

まとめ!ハウスメーカー選びは情報収取が命

 

 

ハウスメーカー選びで大事なのは、情報収集。

 

我が家が実際にマイホームを建てるときにやった情報収集の方法は、以下の3つでした↓

 

 

  1. いろんなハウスメーカーで話を聞く
  2. 本で基礎知識をつける
  3. 体験者の声を聞く

 

 

気をつけたいのは、「誰か一人から聞く」とかではなく、いろんな視点・いろんな人から情報をもらうことです。

 

偏った情報源だと、偏った判断しかできないですからね^^;

 

いろんな話を聞きながら、“信じる情報”を選びとっていくようにすると、大きな失敗を防げると思います。

 

我が家が実際にやってみて、大満足のマイホームを建てられた方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

 

理想のマイホームを建ててくれる、ハウスメーカーさんに出会えますように★

 

自分たちにピッタリのハウスメーカーを見つける裏ワザ

 

 

「ハウスメーカーが決められない・・・」

「家を建てることに迷いがある・・・」

 

そんなときは、まだ“運命のハウスメーカー”に出会っていないだけかもしれません。

 

というのも、我が家の場合がハウスメーカーを決めたときは、「絶対にココしかない!」と確信があり、一切の迷いがありませんでした。

 

もちろん、それに至るまでにはいろんなハウスメーカーを見てきたし、契約をするか迷う場面もありました。

 

けど、何かしらひっかかることがあった。

 

「予算的に無理をしなければならない」とか

「デザインが好きじゃない」とか。

 

なので、我が家もハウスメーカー決めは難航したし、正直、「もう家なんてどうでもいい!」とやさぐれたこともありました。

 

そんな我が家でも、たった1社、ビビっ!と来たハウスメーカーに出会えたおかげで、

 

迷いなく契約に踏み切ることができ、理想通りのマイホームを建てることができました。

 

だから、

 

「ハウスメーカーが決められない・・・」と悩んでいる人は、単純に“運命のハウスメーカー”に出会えてないだけだと思います。

 

では、どうすれば“運命のハウスメーカー”に出会えるのか?

 

 

これは、もうされていると思いますが、思いつくハウスメーカーに片っ端から訪問することです。

 

ポピュラーなところで言えば、住宅展示場に行ったり、チラシに掲載されているモデルハウスに見学しに行ったりすることでしょう。

 

ただし!

 

この方法は、我が家もやりましたが、非常に効率が悪いですよね?^^;

 

我が家の場合は、子供4人を連れてハウスメーカー訪問し、子供たちが女性社員におもちゃやジュースでご機嫌をとられ、

 

半強制的に営業マンのトークを聞かされることになり、

 

「ちょっと見に来ただけなので帰ります」と言えずに2~3時間も拘束される。。。

 

こんな悪夢を、ハウスメーカーに訪問するごとに経験しました><;

 

なので、

 

「どんなハウスメーカーがあるのかな?」

「我が家の予算にあったメーカーはどこかな?

 

といったことを知るのであれば、【カタログ請求】がオススメです。

 

しかも!

 

便利なことに、パソコンやスマホから「建築予定エリアのハウスメーカー」のカタログを一括請求できるサービスがあるんですね。

 

自分で「どんなハウスメーカーがあるんだろう?」と調べなくても、エリアに対応しているメーカーを勝手にピックアップしてくれちゃいます。

 

我が家がカタログ請求したときは、全く名前も知らなかったけど、私好みのデザインで予算内で家を建てられるメーカーが出てきてビックリしましたよ~

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

 

カタログ一括請求サイトはいろいろありますが、私のおすすめは【タウンライフ家づくり】です。

 

このサイトだけ、カタログと一緒に「資金計画書(見積もり)」が同封されてくるんですね。

 

もちろん、間取りやデザインを詳細に決めていない段階での見積もりは、あくまで目安にしかなりませんが、

 

予算のことも考慮しながらハウスメーカーを決めるには、見積書は大事なツールと言えます。

 

他のカタログ請求サイトでは見積もりはもらえないので、どうせカタログ請求をするなら、【タウンライフ家づくり】から請求したほうが、損はないと思いますよ!

 

>>見積もりつき!【タウンライフ家づくり】を見てみる

 

 

ちなみに、我が家を建てたのは、“知る人ぞ知る”隠れメーカーでした。

 

住宅展示場に行ったり、チラシをチェックするだけでは、存在を知ることすらできないハウスメーカーもあります。

 

しかも、知名度が低いメーカーの中には、大手よりも良質な家を作ってくれる会社も。。。

 

ネットでのカタログ請求だと、そういうメーカーに出会える可能性もありますよ。

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

 

よりたくさんのハウスメーカーを知ることで、自分たちピッタリの家を作ってくれる“運命のハウスメーカー”が見つかるといいですね!

 

 

簡単3分!カタログ請求はこちら↓

 

 

 

 

 

合わせて読みたい