タウンライフ家づくりの口コミって気になりますよね。

「サイトでおすすめしてたけど、デメリットはないの?」
「本当に信頼していいのかな?」

そんな風に疑う気持ちが出てくるのは、とても正常なことだと思います。

たしかに、タウンライフ家づくりは良い評判ばかりではありません。

私は、自分のサイトで【タウンライフ家づくり】をオススメしている立場なため、がっつりと“真実”を調べてみましたよ!

最後まで読めば、「失敗しない資料請求のやり方」もわかりますので、じっくり読んでいただければと思います^^

タウンライフ家づくりの口コミ!悪い評判の内容は?

まずは良い評判から。

  • 相性のいいハウスメーカーに出会えた
  • モデルハウスに訪問する手間なく、カタログが手に入った
  • 各ハウスメーカーの情報収集がカンタン

 

私自身も、ハウスメーカー選びのときは苦労したので、手間がかからずに情報収集ができる【タウンライフ家づくり】の利用を推奨しています。

もうね、直接モデルハウスなんて行ったら大変なんですよ(汗)

収入に見合わない価格帯の家に間違って入ってしまったときは、追い出しモードにかかられたり、失礼な態度をとられることもありました。

逆に、客とみなされても1時間~2時間も拘束されて、グッタリだったんですよ^^;

なので、私は資料請求をオススメしています。

 

【タウンライフ家づくり】なら、カタログだけでなく、「見積書」や「間取りプラン」ももらえます。

ただカタログが送られてくるより、もらえる情報量が多いんですね。

 

しかし!

ネットで口コミを見てみると、悪い評判もあるわけで・・・

 

たとえば、

  • 資料請求をしたのに何も送ってこない会社があった
  • 届いたのはカタログのみ!間取り・資金計画・土地情報はなかった
  • DMが届くようになった
  • 営業電話がかかってきた

たとえメリットがあったとしても、こんな評判を聞いてしまうと、資料請求するのが不安ですよね。

 

けど、安心してください。

 

請求フォームを入力するときに少しだけ工夫をすれば、悪い口コミのようなことは、ある程度防ぐことができます。

イヤな思いをせず、欲しい資料をサッともらえたら嬉しいですよね?

どうすればいいのでしょうか。

タウンライフ家づくりで資料請求するコツ!最大限に活用するには?

【タウンライフ家づくり】で資料請求をしようとすると、こんなフォームが出てきます↓

基本的に、請求フォームに沿って書いていけば問題ないです。

で!

気をつけてほしいのは、備考欄。

備考欄の書き方が、送られてくる資料の出来を左右します!!

賢く資料請求をするためにも、希望を細かく書き込むことがポイントです。

 

以下の3つを意識しましょう。

  1. 希望の間取りは細かく
  2. 土地が決まってないなら、理想の条件も書いておこう
  3. 連絡のタイミングについて言及しておく

【ポイント1】希望の間取りは細かく!

間取りの細かい条件を書かないと、ハウスメーカー側も、間取りプランや見積りを出しようがありません。

  • 太陽光を付けたい
  • 子供部屋は2部屋希望
  • ウォークインクローゼットが欲しい

などなど。

理想の間取りについて、がっつり書き込んでおきましょう。

 

また、間取りは土地によって変わります。(太陽の向き、地形)

土地がすでに決まっている場合は、土地データも添付するといいですね↓

【ポイント2】土地が決まってないなら、希望条件も書いておこう

土地がまだ決まっていない場合は、資料請求と一緒に土地探しをしてもらえることもあります。

  • どの地域が希望で、どのくらいの予算なのか?
  • 理想の大きさは?
  • 日当たり、周辺施設の希望は?

なども書いておきましょう。

 

私自身、土地探しのときは地元の不動産を回ったので、これで土地情報をもらえたらラッキーです^^

土地って、どこでも同じ情報が出てくるように感じるかもしれませんが、ハウスメーカーや不動産屋が独自に抱え込んでいる土地もありますからね。

関連記事

 

【ポイント3】連絡のタイミングについて先に言及しておく

資料請求後、少なからず営業はあります。

私のときは、「カタログは無事につきましたか~?」っていう確認の電話と、「もうちょっと詳しく話を聞かせてください!」っていう情報収集の電話がありましたね。

で。

私は主婦で仕事をしていないため、いつ電話が来てもよかったわけですが、仕事している方は困ると思います。

なので、連絡の取り方については、こちらから指定しておきましょう。

「どうしても連絡が必要であれば、土日の午前中が助かります」とか。

 

営業が嫌な人は、「もし連絡する場合はメールでのみお願いします」とか、「資料拝見後、こちらから連絡します」とか。

こういうことを書いておくのもいいと思いますよ^^

タウンライフ家づくりを使うデメリット!どうしても防げないこともある

正気な話。

入力フォームをどれだけ気をつけて書いても、防げないこともあります。

それは・・・

  • 何も反応がない会社があるかもしれない
  • 間取りや見積もりがこない会社もあるかもしれない
  • 営業電話があるかもしれない
  • DMが届くようになるかもしれない

 

【タウンライフ家づくり】は、資料請求の仲介のような役割。

お客へのアプローチの仕方は、それぞれの住宅メーカーにゆだねられているんですね。

資料だけ送って終わりの会社もあれば、モデルハウス訪問の案内をメールで送ってくる会社もあります。

私の場合は、家に直接カタログを持って来られましたね^^;

メーカーによって、営業方針が違うので、こればっかりは保証できません。

しかし!

こういった営業は、モデルハウスやイベントに行っても必ずあります。

 

現地で1~2時間も拘束されて、手間暇かけてハウスメーカーの情報を手に入れるのか?

ネットの資料請求で、ラクラク情報を手に入れるのか?

この違いだと思ってください。

 

で!

「資料請求後の営業で困りたくないよ~!」っていう人は、下記の記事を参考にしてみてください↓

関連記事

 

実際に我が家がやった「営業対策」も書いています。

これで、ピタッと営業が止まりました~^^

 

【まとめ】いきなりモデルハウスに行くより便利!タウンライフ家づくりを使ってみよう

タウンライフ家づくりの口コミは、いいものばかりではありません。

「カタログだけで、見積もり・間取りプランが来なかった」

「営業がしつこくて嫌だった」

こういった想いをした人がいるのも事実です。

 

けれども、【タウンライフ家づくり】は、ハウスメーカー比較に便利なのも事実

いきなりモデルハウスに行くよりも、ずっと労力を減らすことができます。

資料請求フォームの書き方を一工夫すれば、過度な営業や、資料不足をある程度防ぐことも可能です。

 

備考欄に、下記のことを書いておきましょう。

  1. 希望の間取りを細かく書く
  2. 土地が決まってないなら、理想の条件も書いておく
  3. 連絡のタイミングについて言及しておく

 

たった10分で家に居ながらハウスメーカー比較>>タウンライフ家づくりサイト