モデルハウス見学というと、メリットよりもデメリットが思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか?

 

モデルハウスを見学してみようかと思うけど、営業に捕まったらめんどくさいし・・・

何件も見るのは疲れるし・・・

 

この記事では、私が実際にモデルハウス見学をしてみて感じたメリットをお伝えしていきます^^

 

最後まで読む頃には、きっとモデルハウスに行きたくなっているはず!!

 

『訪問したら絶対みるべきポイント』も書くので、ぜひ理想の家づくりのために参考にしていただければと思います。

 

モデルハウス見学のメリットはこんなにたくさん!

 

メリット

 

モデルハウス見学のメリットですが、実はけっこうたくさんあります。

 

あ、もちろん「プレゼントがもらえる~」とか以外の話ですよ!(笑)

 

【メリット1】マイホームのイメージが湧く

 

モデルハウスを見学する一番のメリットと言えば、やっぱり「イメージが湧く」ということ。

 

我が家もそうだったんですが、チラシを見ているだけでは、「自分たちがどんな家に住みたいか?」というのが具体的にわからないんですね。

 

何件も見て、実際にその空間に行ってみて、わかることがあります。

 

我が家の場合は、モデルハウスに行くたびに夫婦で

 

「あの家のこういうところは素敵だけど、ここはいやだ!」

 

という話をして、理想の家のイメージを作りあげることができました。

 

百聞は一見にしかず。

 

実際の家を見ることで得られる情報は、たくさんありますよ。

 

【メリット2】建材や工法などの知識がつく

 

 

モデルハウスに行くと、担当の営業マンが「この家のどこが素晴らしいのか?」みたいなことを話してくれます。

 

まぁ、営業トークってやつなんですが、それが結構役に立ちます。

 

我が家は高級メーカーからローコストメーカーまで、いろんな住宅会社のモデルルームに行きましたが、おかげで建材や工法の知識がつきました。

 

この知識は、ハウスメーカーを決定するときに「質と価格のバランス」を見るのに役立ちましたし、

 

家に対して全くの知識ゼロだと、悪徳メーカーに騙されやすいかなぁと思います。

 

※実際、私の友人は中古住宅の購入で失敗をしているのですが、その原因は「知識が全くなかった」ことだったようです。

 

家の知識をつけるために本を読んだりするのもいいですが、実際に話を聞いた方が早いので、モデルハウス見学を勉強の機会に考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

【メリット3】気になったことをその場で聞ける

 

モデルハウス見学では、営業マンがはりついてきますので(笑)、どんな些細なことでも質問することができます。

 

我が家は、

 

●この家の太陽光でどのくらい発電してるの?

●この家でいくらくらいなの?

●みんな収納はどのくらいつけてるの?

 

といった、そのときそのときで気になったことを質問するようにしていたのですが、いざ家を建てるときに、このときに聞いたとが参考になりました。

 

マイホームの専門知識って、友達に相談してもなかなか・・・ですからね^^;

 

たくさんの家と人を見てきた営業マンに、直接質問できる機会は、けっこう貴重な時間だったと思います。

 

【メリット4】予算など現実的なことがわかる

お金

 

モデルハウスに見学にいくと、「ためしに見積もりだけでもどうですか?」みたいな話がきたりします。

 

我が家は、気に入った家だったら見積もりをお願いするようにしていたので、

 

  • 夫の年収だとどんな家を建てられるのか?
  • どんな費用がかかるのか?
  • 総額でいくらかかるのか?

 

といったことを知ることができました。

 

もちろん、見積もりだけなら無料だし、家を建てなくてもOKなので、気に入らなければお断りしましたけど(笑)

 

1社だけでも見積もりをもらってみると、マイホーム購入を現実的に考えることもできるし、だいたいの予算もわかります。

 

モデルハウス見学は、現実的な予算を知る、よい機会にもなるんですね。

 

 

ここまでが、モデルハウス見学のメリットでしたが・・・

 

実際にモデルハウスを見学するときには、どこを見たらいいのでしょうか?

 

マイホーム購入を検討しているなら、住宅会社を決定するために絶対に見ておいた方がいいポイントがあります。

 

それも解説していきますね。

 

モデルハウス見学のポイント!ここは絶対見るべし

 

 

私が実際に、住宅展示場などに行ったときに、「ココは大事だなぁ~」と思ったポイントは、全部で3つあります。

 

【ポイント1】家の質

 

面白いことに、たとえば同じ2000万の家だったとしても、『家の質』は住宅会社によって違ったりします。

 

同じ価格帯でも、使っている建材が違ったり、お風呂やキッチンなどのグレードが違ったりするんですね。

 

なので、モデルハウスに行くときには、家の質をチェックする事が大事です。

 

といっても、私たち一般人が見たってわからないので(笑)、そこは担当者の話をいろいろ聞きながら、知識をつけていきましょう。

 

黙っていても、「他のメーカーとの違い」は話してくれます。

 

「2重窓の中でもグレードのいいやつを使ってます」とか、

「地震に強いのが自慢です」とか。

 

いろんなモデルハウスを見て回るうちに、だんだんと『質の違い』に気づけるようになってくるし、

 

『「高い家ほど質が高い」とは限らない』というのもわかってくるはずです。

 

家づくりで失敗したくないなら質にこだわることが大事なので、モデルハウス見学のときに『家の質』も見るようにしておくとよいでしょう。

 

関連記事

 

【ポイント2】営業マンの対応

 

営業と会いまくれ

 

マイホームを建てるとき、意外と重要になるのが、担当営業マンの実力だったりします。

 

結局のところ、家って人が建てるものですからね。

 

間取りセンスの良さだったり、

大工さんたちに気持ちよく仕事をしてもらえるか?だったり、

ちょっとしたコストダウンだったり。。。

 

担当者の実力で、家の質が変わるといっても過言ではないそうです。(我が家の担当営業マン曰く)

 

ちなみに、我が家の担当者は、この道30年のベテランさんだったんすが、非常にきめ細かい対応で、気持ちよく家を建てることができました。

 

建てたあとのお付き合いも、アフターフォローでありますからね。

 

モデルハウスを見学した時の営業マンがそのまま担当者になるケースも多いので、営業マンの雰囲気や対応をしっかり見ておくのも重要です。

 

関連記事

 

【ポイント3】その会社が大切にしていること

 

ハウスメーカーによって、こだわりや大切にしていることは違います。

 

たとえば、私が見学した中だと・・・

 

  • 家は家族を守るものだから地震に強いのが一番
  • 若い子育て世代に安くて質のよい家を作りたい
  • 子供や孫も住めるくらい丈夫で頑丈な家

 

などなど。

 

住宅会社によって、こだわりや目指すものが違ったんですね。

 

家に何を求めるのか?は人によって違うとは思いますが、自分の目指すものとピッタリの住宅会社を選ぶと、家づくりで失敗することはないんじゃないかと思います。

 

ちなみに我が家の場合は、「安くて質のよい家」が欲しかったので、

 

「若い人たちにも家を持って欲しい!そのために安くて質がよい家を作ります!」

 

という住宅会社に建築をお願いすることにしました。

 

もちろん、その言葉だけではなく、見積もりの価格と家の質がよかったから、その会社にお願いしたんですけどね。

 

こんな感じで、「その会社のこだわりや目指すもの」に注目して話を聞くようにするのがポイントです。

 

モデルハウス見学にはメリットがたくさん!さっそく行ってみよう

 

モデルハウス見学は、メリットがたくさんあります。

 

  • 理想の家のイメージがわく
  • 建材や工法などの知識がつく
  • 気になったことをその場で聞ける
  • 予算など現実的なことがわかる

 

はじめは、担当の営業マンにがっつり話を聞かされたりして、疲れることもあるかもしれません。

 

けど、家づくりのために必要な知識がつくので、デメリットを気にせずに見学してみることをオススメします。

 

やっぱり、一生に一度の買い物ですから、いろいろ実物を見て決めた方が、しっくりくると思います。

 

そして、モデルハウス見学のときにみておきたいポイントは、以下の3つ。

 

  1. 家の質
  2. 営業マンの対応
  3. その会社が大切にしていること

 

ハウスメーカーを決めるときに、大きな判断材料になるはずなので、ぜひチェックをしておきましょう。

 

もちろん、今は買う気がなくても重要なポイントです。

 

モデルハウスに行けばいくほど、いい意味で目が肥えるので(笑)、よいハウスメーカーに巡り合えるチャンスも増えてくると思います。

 

ぜひ、行ってみてくださいね!

 

 

合わせて読みたい