家買うメリット・デメリット

 

夢の新築一戸建てに引っ越して2週間が立ちました。

 

少し前までは、

 

ナズナナズナ

家を買ったら、きっと毎日が幸せね!!!

 

なんて、ウフフでアハハ♡な生活を夢みておりました。

 

がっ!

 

実際に住んでみると、生活はいたってフツー(笑)

 

 

最初の3日で「新築感動タイム」は終了しましたw

 

 

「新築感動タイム」が終了した今、“冷静な目”で

 

【新築一戸建てを購入したメリット・デメリット】を書いていきたいと思います。

 

かなり赤裸々な意見なので、一般的に言われているメリット・デメリットとは、ちょっと違うかもしれません^^;

 

 

家を買うメリット!ウフフでアハハな生活ではないが・・・

 

まずはメリットから。

 

実際に家を購入してみて、我が家が感じたメリットは次の4つです。

 

 

  1. 子供を叱る回数が減った
  2. 家が広くなった
  3. リア充感がある
  4. 人を呼べる

 

 

【メリット1】子供を叱る回数が減った

 

前の家は賃貸で、5階に住んでいたので、子供が走り回ると苦情が。。。

 

下の階の人に申し訳なくて、少しでも子供がドタバタしようものなら、

 

ナズナナズナ

うるさい!

 

ドタバタしないで!!!!

 

と怒鳴ってしまっていました><;

 

その怒鳴り声も結構うるさかったと思うんですが(笑)

 

“自分の家”に引っ越してからは、子供がいくら走り回っても迷惑をかけません。

 

子供を叱る回数が減りましたね。

 

 

あと、庭があるっていうのも、ありがたいことで。

 

幼稚園児の子供たちは、自分で公園に行けないので、私が一緒についていける時しか外遊びできなくてかわいそうでした。

 

庭で遊んでくれれば、私が家にいるまま見守れるので、家事がはかどります♪

 

 

持ち家になって、子供に対する精神的な負担が大分減りましたね^^

 

 

【メリット2】家が広くなった

 

当たり前のことですが、部屋数が増えました(笑)

 

そのおかげで、家族6人でもスペースに余裕がっ!

 

 

前は、タンスやらおもちゃやら布団やらで、家のスペースはほとんど埋まった状態。

 

押入れも、ものだらけでパンパンだったんですね^^;

 

 

でも、引っ越してきてからはスペースに余裕ができました。

 

子供たち一人一人のロッカーを設置できたのは、大きな進歩です。

 

 

今は家族みんなで雑魚寝していますが、思春期はそれができません。

 

男と女。

 

別々の子供部屋を確保できたのも、我が家にとってよいことでした♪

 

 

【メリット3】リア充感がある

 

「うちの人生、充実してるわ~」

 

そんな“充実感”が、家を買う一番のメリットでしょうか?(笑)

 

人生、辛いこと・苦しいことばっかじゃやっていられないのでね。。。

 

たまには夢を叶えて、人生を楽しむのもいいんじゃないかと思います。

 

実際、夫からしてみれば「家はステータス」のようなものらしく、

 

「家を建てました」

 

っていう実績を誇らしく思っているようです。

 

私も結構、嬉しいですね。

 

やりたいことやれずに後悔して人生終わるのは嫌だったので↓

 

 

関連記事

 

 

【メリット4】人を呼べる

 

以前の我が家は、あまり人を呼べる状態ではありませんでした。

 

狭いのに物がたくさんあるせいもありましたが、なんとなく気後れしてしまい。。。

 

友人を呼ぶのも嫌でした。

 

住宅ローンの契約で、銀行員の方が家に上がってくることがあったのですが、それも恥ずかしくて><;

 

とにかく、前の家は人に見られたくありませんでした。

 

 

でも、新築になってからはオープンマインド!(笑)

 

友人が遊びに来るという話があるときも、「いいよー!どうぞ!」と言えるようになりましたね。

 

家庭訪問も怖くありませんでした♪

 

 

家を買うデメリット!建ててみないとわからないもんだww

 

さて。

 

冷静になった今だから言えることですが・・・

 

家購入には、思わぬデメリットもありました↓

 

  1. 人間関係で失敗できないプレッシャー
  2. お金持ちだと勘違いされる
  3. 子供に破壊される怖さ
  4. 掃除する場所が増える
  5. セールスが多い

 

建ててみないとわからないことばかりでしたね^^;

 

 

【デメリット1】人間関係で失敗できないプレッシャー

 

家は買ったら、簡単に引っ越しできません。

 

なので、近所との人間関係にすごく気を使ってます。

 

 

ナズナナズナ

この地域で浮いてしまったらどうしよう!?

 

嫌われたらやっていけないかも・・・

 

なんて怖さがあります。

 

ゴミ出しや、外でのあいさつとか。

 

気をつけていますね。

 

子供たちを叱ってる時にウッカリ窓が開いてたりすると、「今の怒鳴り声、聞かれてたらどうしよう!?」って焦りますww

 

ありがたいことに、我が家の近所は優しくて穏やか~な人たちばかりなので、よかったですが。。。

 

この先もよい関係が気づけるように、自治会の行事には積極的に参加するように気を使う必要があります。

 

 

「人間関係で失敗できない・・・」

 

っていうのは、賃貸と比べて大きなデメリットだと思います。

 

 

【デメリット2】お金持ちだと勘違いされる

 

「家を買います!」って宣言してから、周りの目がちょっと変わりました。

 

子供4人、車1台、洋服はもらいものorフリマ、年中すっぴん、靴は2年間同じ。

 

どうみたって貧乏なんですがっ!!

 

「家を買った」ってだけで、金持ちに格上げです(笑)

 

別に勘違いしてもらってもいいんですけどねww

 

「お金持ちなんだぁ~」って見られるのは、ちょっと・・・居心地悪いですね。

 

 

【デメリット3】子供に破壊される怖さ

 

これは人によって違うと思いますが、私は子供に家を破壊されるのが、非常に怖いです!!

 

 

今は真っ白できれいな壁紙も、いつかは落書きだらけになり。。。

 

床は物を落としたり引きずったりで傷だらけになり。。。

 

そんな風になるのが怖いです。

 

 

子供が「バンッ!!」ってドアを閉めるだけでも、「やめて~~!!」って叫びたくなるくらい(笑)

 

もちろん、床にマットを引いたりして対策をしていますが、全部守れるわけじゃないですからね。

 

新築特有の悩みかもしれませんが、何十年もキレイなままにしておきたいので、子供たちの行動にヤキモキしております^^;

 

 

【デメリット4】掃除する場所が増える

 

当たり前ですが、家が広くなった分、掃除する場所も増えます。

 

今までは10分もあれば家全体の掃除機かけができたんですが、一戸建てはそうもいきません。

 

階段もあるし、窓はめちゃくちゃ多いし、玄関もきれいにしておかないといけないし。

 

「キレイを保つ」には、毎日掃除する習慣がないとダメです。

 

前の家よりも格段に掃除時間が増えました。

 

今は毎朝1時間半、掃除してるかなぁ~

 

それでも手が回らないところが多いです。

 

キッチンのシンクと、風呂の床も、毎晩拭いてますしね。

 

家事にかかる時間が増えました。

 

 

【デメリット5】セールスが多い

 

引っ越して来てから、セールスが多いです。

 

しかも、引っ越してきたのを見計らって^^;

 

保険屋と新聞やは、

 

 

ナズナナズナ

引っ越してくるの待ってたでしょ!?

 

ってくらい、引っ越し後すぐのタイミングでやってきました。

 

営業マンといっても、その地域に密着している方たちなので、邪険にはできず。。。

 

ほがらか~な断り方を研究中です!

 

夫が断ってくれるのが一番いいんだけどな。。。

 

全部私に回ってくるのがしんどいですね><;

 

 

実際に家を購入みて・・・買った方がいいか?はやってみないとわからない

 

この記事を読んでいる人は、おそらく、「家を買うべきかどうか?」で悩んでいると思います。

 

で。

 

そんな方々に私がアドバイスをするとすれば・・・

 

ナズナナズナ

買ってみないとわからないよ!!

 

ってことです(笑)

 

いや、ホント。

 

家を買った方がよかったか?なんて、実際やってみないとわからないんです。

 

我が家は、“たまたま”予算が少なくても夢を叶えてくれるハウスメーカーさんに会えたし、“たまたま”人柄のよい地域に引っ越すことができました。

 

なので、多少のデメリットがあったとしても、「家を買ってよかった」と思っています。

 

 

でも、もし・・・

 

ヤクザやヤンキーばっかりの地域に家を建ててしまったり、払いきれない住宅ローンを組んでしまったりしていたら、それは後悔していたと思います。

 

 

もちろん、事前調査でなんとかできる部分も大きいですが、実際には住んでみないとわからない。

 

家を購入してみないとわからないんです。

 

じゃなきゃ、知恵袋でマイホーム相談してる人があんなにいるわけなじゃないですか。

 

みんな、それぞれ慎重に考えて、夜も眠れないくらい考えて考えて・・・

 

家を買ってみてやっと、わかることばかりなんですね。

 

 

だから。

 

迷ってるくらいなら、買ってみてほしい!!

 

「失敗したら、人生終わりだぞ!」と思う人もいるだろうけど、死ぬときに「家建ててみたかった」と思うくらいなら、建てた方が私はいいと思うんです。

 

人生は一度きり。

 

家買って失敗しても、死ぬわけではありません。

 

リスクを少しでも減らしたいなら、私の体験談でも参考にしてください↓

 

関連記事

 

私も、人の失敗談やアドバイスを聞きながら、自分なりにベストと思える方法で家を買いました。

 

あきらめなければ、意外となんとかなるもんです!

 

「家欲しいけど・・・」

 

って思ってるくらいなら、家購入に向けて、少しずつ行動してみてほしいなぁと思います^^

 

注文住宅が欲しいけど何からはじめていいかわからないアナタへ

 

家と緑

 

「できれば注文住宅を建てたいけど迷ってる・・・」

「そもそも買えるかどうかわからない・・・」

 

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

 

我が家の経験上、やった方がいいのは『いろんなハウスメーカーを知ること』です。

 

というのも、注文住宅の値段と質は、メーカーによってマチマチ。

 

同じ広さの家でも、メーカーによって値段が違う。

建材や外壁などの質も、メーカーによって違う。

 

そんなことが、住宅業界では当たり前のようにあるんですね。

 

実際、我が家の場合は・・・

 

あるメーカーでは「最低2500万はないと無理です!」と言われましたが、

あるメーカーでは「他メーカーと同等以上の質で1400万あればできます」と言われたことがあります。

 

我が家が年収300万円台で注文住宅をゲットできたのは、ハウスメーカー探しを徹底したから。

 

よりたくさんのハウスメーカーを知ったからこそ、

 

「他では無理と言われてしまった予算でも、完全オーダーメイドで質が高い家を建ててくれるハウスメーカー」に出会うことができたんですね。

 

では。たくさんのハウスメーカーを知るにはどうすればいいのでしょうか?

 

住宅展示場やモデルハウスに地道に通うのが確実ですが、これには大変な労力がかかります。

 

我が家の場合は、子供4人を連れてハウスメーカー訪問し、子供たちが女性社員におもちゃやジュースでご機嫌をとられ、

 

半強制的に営業マンのトークを聞かされることになり、「ちょっと見に来ただけなので帰ります」と言えずに2~3時間も拘束される。。。

 

こんな悪夢を、ハウスメーカーに訪問するごとに経験しました><;

 

なので、

 

「どんなハウスメーカーがあるのかな?」

「我が家でも買えるような価格帯のメーカーはどこ?」

 

といったことを知るのであれば、【カタログ請求】がオススメです。

 

価格や間取り、デザインなどは、カタログにみんな書いてありますからね。

 

我が家も実際にカタログ請求をしてみたら、モデルハウスで延々と聞かされた営業トークの内容がカタログに載ってて、 「あの苦労はなんだったんだろう・・・」と笑いがこみあげてきました^^;

 

しかも!

 

便利なことに、パソコンやスマホから「建築予定エリアのハウスメーカー」のカタログを一括請求できるサービスがあるんですね。

 

自分で「どんなハウスメーカーがあるんだろう?」と調べなくても、エリアに対応しているメーカーを勝手にピックアップしてくれちゃいます。

 

我が家がカタログ請求したときは、全く名前も知らなかったけど、オシャレで予算内で家を建てられるメーカーが出てきてビックリしましたよ~

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

カタログ一括請求サイトはいろいろありますが、私のおすすめは【タウンライフ家づくり】です。

 

このサイトだけ、カタログと一緒に「資金計画書(見積もり)」が同封されてくるんですね。

 

もちろん、間取りやデザインを詳細に決めていない段階での見積もりは、あくまで目安にしかなりませんが、お金のことをしっかり把握しておくことは大事。

 

我が家も、見積もりをもらって「お金の見通しが立ちそうだ!」と確信を持てたからこそ、注文住宅を建てると決めることができました。

 

>>見積もりつき!【タウンライフ家づくり】を見てみる

 

ハウスメーカーは本当にたくさんありますから、知らないで「どうせ買えない」と諦めてしまうのはモッタイないです。

 

我が家はあきらめずに、いろんなハウスメーカーを訪問して、可能性を探って本当によかったと思っています。

 

やっぱり、一生に一度の大きな買い物くらい、妥協せずに自分たちが気に入ったものにしたい。

 

建売のように、周りと同じデザイン・誰かが決めた出来あいのものはイヤ。

 

どこにもない自分たちが決めた色・デザインで、自分たちが暮らしやすい間取りがいい。

 

「やっぱりこっちがいいかな?」「こういうのなんてどう?」って、家族でワイワイ話しながら作った家がいい。

 

私はそう思ったし、実際にそうやって作った家は愛着があります。

 

宝物です♪

 

だから、やれることは全部やってみたらいいと思います。

 

まずは、より多くのハウスメーカーを知るためにカタログ請求をしてみると、選択肢が広くなるはずですよ!

 

>>たった3分で請求完了!今すぐカタログ請求サイトを見てみる

 

カタログは理想の家をイメージしたり、無料で家づくりの勉強したりといった使い方もできますよ♪

 

我が家も間取りと外観を決めるときは、他社のカタログを引っ張りだしてきて参考にしてましたね(笑)

 

買う・買わないは別として、もらっておくだけでも損はないと思います^^

 

 

 

※【タウンライフ家づくり】でのカタログ請求法については、以下の記事で解説してますので参考にしてみてください。

 

家のカタログを無料で貰う方法を徹底解説!モデルハウス訪問なしでOK

 

 

 

↓無料!カンタン3分で請求↓