土地探しの方法4つ

 

マイホームの土地探し、どうやってしていいのか悩みますよね?

 

この記事では、実際に我が家を建てるときに実践していた【土地の探し方】を4つ、ご紹介します。

 

「みんな、どうやって土地探してるの!?」

 

と気になっている方、必見です^^

 

 

土地の探し方4選!我が家がお気に入りの土地を見つけるまでにやったこと

 

我が家が実際にやった土地探しの方法は、以下の4つです。

 

 

  1. ハウスメーカーに任せる
  2. チラシをチェック
  3. ネットで調べる
  4. 不動産屋に直接聞く

 

 

【探し方1】ハウスメーカーに任せる

 

 

住宅会社が決まっている場合、土地探しは家の担当者に任せるのが一般的です。

 

我が家も、ハウスメーカーを先に決めたので、担当の営業マンに土地を探してもらっていました。

 

というか、

 

向こうとしては出来るだけ早く土地を決めてもらって、契約に移りたいので、言わなくても勝手に予算に見合う土地をチェックしてくれていましたね。

 

「この土地なら、こんな家が建ちますよ!」

 

といった、間取りプランも提案してくれるので、【土地+建物】のイメージがつきやすかったですね。

 

ただ、ハウスメーカーが紹介してくる土地は、偏りがありました。

 

というのも。

 

向こうとしては、自社のお抱え物件(売り主と仲介契約をしている土地)を売りたいわけです。

 

その方が、儲かりますからね。

 

※仲介手数料は、土地を買った人と売った人の両方から払われます。

そのため、自社が売買契約をしている土地が売れれば、仲介手数料が2倍。

逆に、他社が売買契約をしている土地を売ったら、仲介手数料は買い主からしかもらえません。

 

なので!

 

住宅メーカーに土地探しをお願いしても、自社にとって都合のいい物件しか紹介してもらえない可能性が高いんですね。

 

事実、我が家がハウスメーカーの人から紹介された土地のすぐ側に、同じ値段で日当たりがよくて広い土地があったことがあります。

 

流通している土地全てから、【本当に自分たちに合った土地】を探すためには、他の手段が必要になってきます。

 

【探し方2】チラシをチェック

 

土地

 

チラシやフリーペーパーなんかも、大事な情報源です。

 

我が家の場合は、「不動産MAP」というチラシをもらいに、デパートに立ち寄ってたかなぁ。

 

DOMOとかアルバイト雑誌と一緒に置かれていることが多いですね。

 

地元の不動産屋の物件が載っているので、ハウスメーカーの紹介よりも多くの情報を得ることができます。

 

ただし!

 

チラシに載っている土地は、言うなれば誰でも見れる土地。

 

不動産屋の一押し物件(条件がよくて破格)が、掲載される確率は低いです。

 

【探し方3】ネットで調べる

 

 

ネットで土地情報を調べることもできます。

 

『●●市 土地』とかで検索してみると、不動産サイトの情報がズラーッと出てきます。

 

有名どころだと、

 

 

の2サイトですね。

 

こんな感じ↓で、建築予定エリアの土地を調べることができます。

 

スーモ土地情報

 

 

我が家も、アットホームとスーモを使って、土地探しをしていました。

 

がっ!

 

現地に行ってみてわかったんですが、明らかに売地なのにサイトに載っていないものがあるのです。

 

不動産サイトには、その地域の不動産屋が紹介したい土地を掲載しています。

 

つまり・・・

 

不動産屋は、手持ちの土地すべてをネットに公開しているのではない、ということ。

 

関連記事

 

それはまぁ当たり前のことで、好条件で黙っていても売れる土地は、わざわざネットに掲載しなくていいわけです。

 

訪問してきた人やお得意さんにオススメすればいい。

 

そっちの方が不動産屋としては嬉しいですしね。

 

 

実際、我が家も不動産屋に行ってみて知ったわけですが、ネットに掲載されているよりも遙かに土地がありました(笑)

 

「不動産サイトの物件は売れ残り」

 

なんて噂もありますが、どうやら本当みたいです。。。

 

なので、ネットを使って土地探しをする時には、そういう背景を考慮しておくことが大事です。

 

 

【探し方4】不動産屋に直接聞く

 

営業さんと相談

 

我が家が最後に辿りついた方法が、【不動産屋に直接聞く】でした。

 

ぶっちゃけ、これが一番確実です(笑)

 

建築予定エリアの土地を、隠さずに紹介してもらえます。

 

ただ、『自社にとって都合のいい物件しか紹介しない』というのは、どこの不動産屋でも同じ

 

お抱えの土地しか紹介してもらえないので、建築予定エリアの土地を全部知りたいと思うなら、その分たくさんの不動産屋を訪問するしかありません。

 

他の手段(ハウスメーカー任せ・チラシ・ネットで検索)よりも、ずっと大変で手間がかかります。

 

それでも、「一生に一度の買い物で失敗したくない!」という気持ちがあるのであれば、不動産屋巡りをすることをオススメします。

 

コツは、以下の2つ。

 

  • いい物件を紹介してもらえるように不動産屋とよい関係になることを心がける
  • 希望条件をハッキリ伝えておく

 

我が家はこれのおかげで、電話で後日、お得物件を紹介してもらうことができました↓

 

関連記事

 

土地探しをスムーズに進めたいのであれば、はじめから不動産屋に訪問しておくのが、賢い手かもしれません。

 

 

土地の探し方まとめ!掘りだし物件を見つけたいなら不動産屋めぐりをしよう

 

ひらめく子供

 

新築の土地の探し方は、以下の4つです。

 

  1. ハウスメーカーに任せる
  2. チラシをチェック
  3. ネットで調べる
  4. 不動産屋に直接聞く

 

1~4の番号が大きくなればなるほど、探す手間がかかります。

 

がっ!

 

土地選びで妥協したくないのであれば、やはり自分たちで行動した方が、素敵な土地に出会える確率が高くなります。

 

どうしても、いい土地ほど”未公開物件”として扱われるので^^;

 

もし、「ちょっと不動産屋めぐりのハードルが高いなぁ・・・」と思う場合は、下記の記事も参考にしてみてください↓

 

関連記事

 

1件1件の不動産屋を訪問する手間を、ちょっとラクにする方法も書いてます。

 

 

「土地が決まらないから、マイホームをあきらめた・・・」

 

そんな人もいるほど、土地探しは家づくりの難関です。

 

ハウスメーカー任せにしてイタズラに時間が過ぎるよりは、自分で探した方が、サクッと良い土地が見つかる可能性大ですよ!

 

 

合わせて読みたい