モデルハウス見学のポイント!事前調査が大事な話

「たまたまポストにチラシが入っていた」
「写真に載っている家のデザインが好き」

あなたは、そんな理由で“なんとなく”モデルハウスの見学に行こうとしていませんか?

もしそうなら、ちょっと待った!!

”なんとなく”モデルハウスに行くと、後悔する羽目になります。

なぜなら、「誰でも歓迎してくれるわけではない!」から。

  • 見るだけOK!
  • お気軽にいらしてください!

なんて、謳い文句に騙されちゃいけませんよ~

この記事では、我が家の失敗談と『モデルハウス見学前の準備ポイント』を書いていきます。

「なんとなくモデルハウス見学」がなぜNG?思いつきで訪問した我が家の失敗談

住宅ローン審査の結果

「なんとなく見学」がどれほどマズイのか?

これを知って欲しいので、まずは「なんとなーく住宅展示場を訪問してしまった我が家の失敗談」を話したいと思います。

えーっと・・・

我が家が住宅展示場やモデルハウスに訪問したのは、「無料レジャー&情報収集」が目的でした。

子供たちも楽しめるし、私自身も知識がついて楽しかったんですね^^

けれどもっ!!

“なんとなーく”訪問した先には、当然リスクがあるわけです。

  • 営業マンからの売り込み
  • 身の丈に合わない価格帯の住宅だと客扱いしてもらえなくなる
  • 内覧しても気に入らない家だったら時間のムダ

 

手が届かない価格帯のモデルハウスにうっかり入ってしまったときは気まずいし、
全くテンションが上がらない家なのに、営業トークを聞かされるのは苦痛でしかない。

そんな理由で、我が家は時間と体力ばかりが奪われて、毎回グッタリしていました。

我が家のように、”なんとなーく”ノリと勢いだけでモデルハウスを訪問してしまうと、膨大な時間と労力をムダにすることになるのです。

では。どうすれば、楽しく効率的にモデルハウス訪問ができるのでしょうか?

モデルハウス見学の正しい方法!まずは「ハウスメーカーの絞り込み」

選ぶ

我が家は大分失敗してしまったわけですが・・・

もしやり直せるのであれば、ハウスメーカーのことをしっかり調べてから見学に行きます。

  • 価格帯
  • デザイン
  • こだわり
  • 他と比べて優れているところ

 

これらのことを知った上で、自分たちに合う住宅メーカーのモデルルームに訪問しますね。

じゃないと、あまりにも非効率ですっ!!

営業マンを振り切るのにも、結構労力を使いますから^^;

はじめから興味があって、手が届く価格帯の家じゃないと見学恐怖症になります(笑)

ハウスメーカーのことを調べるには?簡単で確実な方法は・・・

「ハウスメーカーに突撃訪問すると痛い目を見る」とはいえ、
モデルハウスを見学してもないのに、ハウスメーカーの雰囲気や価格帯を調べるのは難しいと思います。

そもそも、「自分の地域にどんなハウスメーカーがあるのか?」さえもわからない状態なのではないでしょうか?

我が家もそうだったし、だからこそチラシを頼りに見学に行ったり、住宅展示場に突撃訪問したりしました。

でもっ!!

今は便利な世の中でして・・・

【カタログ一括請求】というサービスがあるんです!

私コレ・・・ハウスメーカー巡りをだいぶしてから知ったんですが、正直、もっと早く知りたかった^^;

だって!!

住宅展示場にはなかったハウスメーカーさんや、好みのデザインを低価格で作ってくれるハウスメーカーさんの存在も知れるんですから。。。

試しに一括請求してみて、

ナズナナズナ

こんな家もよかったなぁ~!しかも手が届く価格帯だと!?

って今まで知らなかったメーカーの存在を知ったときは、思わず建設中の家をなかったことにしたいくらい、悔しい気持ちになりました(笑)

カタログ一括請求サイトを実際に使ってみた感想は別記事に書いてますが、カタログは「雰囲気と価格の下調べ」にかなり使えます。

なので。

とりあえず今からカタログ請求で様子見しておくと、本当に見たいメーカーのモデルハウスに絞って効率よく見学ができるし、住宅メーカー選びもラクになると思いますよ^^

賢い資料請求の仕方については、下記の記事にて↓
タウンライフ家づくりで資料請求する前に!失敗しない記入法とは?

まとめ:モデルハウス見学はすぐ行くな!カタログで下調べする方法がベスト

覚えておくべきコツ

まとめです。

モデルハウスや住宅展示場は、“誰でも”歓迎してくれるわけではありません。

突撃訪問すると、無駄な時間と労力を取られることになります。

効率よくハウスメーカー選びをしたいのであれば、まずは下調べをすること。

  • 価格帯
  • デザイン
  • こだわり
  • 他と比べて優れているところ

 

これらを調べて、自分たちに合ったメーカーに絞って訪問すると、

間違って手が届かないメーカーに訪問して気まずくなる事態を防げるし、スムーズに見学ができます。

下調べには【カタログ一括請求サービス】を使うと便利。

今からカタログで価格帯やデザインなどを見て、訪問するモデルハウスを絞り込むようにすれば、大事な休日を有効活用できますよ~^^

家のカタログを無料で貰う方法を徹底解説!モデルハウス訪問なしでOK

 

合わせて読みたい