土地の値引き交渉に失敗した!じらされた挙句、購入できなくなった話

つい先日、契約寸前だった土地を、売り主側から値上げされて購入できなくなりました

”値上げ”って言っても、元の価格に戻っただけです。

でも、それまでは100万ほど値引いてもらえる話で進んでたんですよ。

なのに・・・

突然の値上げ。

どうして、こんなことになってしまったのか??

ただ「値引き交渉に失敗した」では悔しいので、経緯とともに原因を探りたいと思います。

土地の値引き交渉に失敗しました

土地契約の直前に、売り主側から伝えられた値上げ理由は・・・

 

「知り合いが満額で買いたいと言い出した。満額で買ってくれるなら売るけどどうしますか?」

 

というものでした。

その土地に対して、我が家は値引き交渉をしていました。

916万の土地を、800万で売ってくれるように頼んでたんですね。

資金計画上、それが限界だったので。

 

購入しようとしていた土地も、他の人が買うような気配はありませんでした。

地元の不動産業者も、「これは売れないでしょ~」ってくらい、狭い。

(※大きい土地が当たり前の地域なので、30坪を欲しがる人はいないとのこと)

値引き交渉も順調だと聞いてましたし、「間違いなく指し値で買える」というハウスメーカーの確信の元、建物の打ち合わせを進めていました。

 

・・・がっ!!

 

土地契約の日程連絡がきてからすぐに、値上げ交渉が!

冒頭の、「知り合いが満額で買いたいって言ってるんだけど?」ってやつです。

契約日の連絡がきた翌日のこと。

あまりにも突然すぎて、ビックリでした(笑)

申込みの時点で「800万じゃなかったら買えない」ってことも伝えていますし、100万円を現金で用意することもできません。

どうしようもないので、土地をこちらからキャンセルすることにしました。

「どうぞ、その知り合いにお譲りください」と。

つまりは・・・土地の値引き交渉に失敗してしまったのです。

土地の値引き交渉は慎重に!1番手でも他の人が満額で買うなら不利になる

土地を買うとき、ほとんどの人は「できるだけ安く買いたい!」と思うでしょう。

でも、値引き交渉をするときには気を付けなければいけません。

たとえ、売り主が値引きに了承しても、他の人が「満額出すから売って!」と言えば、そちらが有利になります。

売り主も、できるだけ高く売りたいですからね。

 

事実、不動産業界では、

「1番手が値引き交渉をしたため不利になり、満額を出すといった2番手が契約をする」

といった話はありふれているそうです。

本気で欲しい土地ならば、値引き交渉に失敗したときのことも考えて、満額出せるようにしておくとよいでしょう。

我が家は無理だったけど・・・(泣)

突然の値上げ連絡は、売り主の策略だった!?高く買わせるための不動産戦略があるらしい

モヤモヤ

我が家に起きたことを、旦那の知人の不動産屋に話すと、

男性ふきだし

あ~、そういう手を使って、値上げしてくる売り主さんもいますからね

と言われたそうです。

どうやら、不動産業界には駆け引きが結構あるらしく。

我が家に起きたケースを見てみると、いろいろと不自然な点があるようです。

 

今回の件を振り返ってみると・・・

売り主は一度値引き交渉(100万OFF)を承諾する

   ↓

売り主都合ですぐには契約できず、1か月待たされる

   ↓

1か月の間に家のプランが決まる

   ↓

土地契約日が決定

   ↓

その翌日に値上げ要求(100万UPで満額へ)

 

不動産屋が言うには、

営業マン

値上げ要求のタイミングが普通ではありえない

営業マン

そもそも、『知り合いが満額で買う』ってのは怪しい

のだそうです。

まぁ、言われてみれば、たしかにそうだ(笑)

「満額で土地を買いたい知り合い」が本当に存在するのかどうかなんて、分かりません。

むしろ、知り合いなら値引きするでしょ?

今回のケースは「土地を高く買わせるために図られた可能性が高い」そうです。

 

こういった駆け引きはよくあるそうで、実際、

  • 契約日まで時間を置いて、買主の本気度を測る
  • 家づくりを進めさせて、後に引けなくする

といった方法で、「この買い主なら満額でも買うだろう」と確信してから値上げ交渉をするケースもあるそうです。

ナズナナズナ

不動産業界、怖しっ!!

まとめ:土地の値引き交渉が上手くいっても、どんでん返しされることもあるよ

土地の値引き交渉が上手くいっても、我が家のように最後の最後にどんでん返しがあるかもしれません。

どうしても欲しい土地ならば、満額で買う覚悟をしてから値引き交渉をするようにしましょう。

予算重視なら、値引きに失敗しても仕方ない、と覚悟しておくことが大切です。

我が家は値引き交渉が確実と思っていたので、ここ1か月間の間に建物のプランを進めてしまっていました。

そのため、落ち込み度も半端なかったです^^;

これから土地の値引き交渉をする方は、我が家のように”最悪の場合がある”ってことを覚悟しておくようにしてくださいね。

【余談】土地探しのその後・・・スーパーラッキーで350万も値引きしてもらえたよ

一度は落ち込んだものの、気を取り直して、もう一度土地探しをすることにした我が家。

すると・・・!!

土地キャンセルから一週間の間に、次の土地が見つかりました。

ナズナナズナ

イヤッホ~~!!しかも前より好条件の土地♪

ネットやチラシには載せてない未公開物件な上に、350万も値引いてもらえることに。

土地契約も一週間後に決まり、当初のスケジュール通りに家を完成することができそうです。

ホッと安心しました~♪

 

我が家がこんなにも順調に次の土地を見つけ、値引き交渉がスムーズに行ったのは、【未公開土地】がカギでした。

条件がよくて、お得な土地ほど、出回らないですからね~^^;

未公開土地の探し方については、下記の記事にまとめましたので、興味があったらどうぞ↓

未公開の土地の探し方!コツと使えるサイトを実体験から紹介