「家の値下げ交渉ってどうやってやるんだろう・・・?」

「実際に値切りに成功した人は、どんな風に話しをしたんだろう・・・?」

 

気になりますよね。

 

この記事では、友人から聞いた話や、我が家の実体験も含めて【値切り交渉の成功例3つ】を書いていきます。

 

意外と簡単に値切れちゃった話ばかりなので、家を購入するときの参考にしていただければ、と思います^^

 

 

家を購入するときの値下げ交渉に成功した例3つ!どんな風に値切ったのか?

 

 

この記事では、以下の3つの例をお話します。

 

  1. 建売を650万値切った友人の話
  2. 高級メーカーの家を1000万値切った女性の話
  3. 値切り交渉なしに500万の値引きをゲットした我が家の話

 

それでは、いってみましょー!

 

建売を650万値切った友人!見学のタイミングで棚ボタ

 

 

これは、同じ幼稚園に通っているママ友の話です。

 

ママ友は建売住宅を買いました。

 

しかも、650万円引きで!!

 

よっぽどすごい値切り合戦を繰り広げたのかと思ったのですが、ママ友がいうには「全然苦労しなかった」そうです。

 

むしろ、こちらが何かを言わなくてもスルスルと値段が下がっていったと。

 

理由を聞いてみたら、なんと!

 

ママ友が建売に見学に行った時期は3月で、住宅業界の『決算期』だったようなのです。

 

なんとしても売り上げを上げたい業者は、元値を大分値引く作戦に出てきたそう・・・

 

「元値より500万引くから、即決しないか?」

 

と、持ちかけてきたそうです。

 

ママ友もご主人も、立地に申し分がなかったので「買ってもいいかな」と思ったそうですが、問題は住宅ローン。

 

業者としては、なんとしても3月中の売り上げにしたいため、ご主人が決めていた銀行とは違う「審査が早い銀行」で住宅ローンを組まないと、決算までに間に合わない。

 

しかし、審査が早い銀行だと、ご主人が決めていた銀行よりも金利(利息)が高いため、ママ友たちとしては損です。

 

「そこは譲れない!」

 

そう思ったご主人が、業者に話しをしたところ・・・

 

その場で、さらに150万引きが決定!

 

総額で、650万も値引くことができたのです。

 

 

このママ友の例では、決算期に見学に行ったことが幸運を引き寄せました。

 

不動産屋さんに聞いた話によると、「建売は売れなければドンドン値段が下がる」とのことなので、決断を少し待ってみたり、私のママ友のように決算期(3月)を狙って見学に行くといいかもしれませんね!

 

高級メーカーの家を1000万値切った秘訣は●●る!?

 

家を安くたてるには?総額850万コストダウンした方法

 

これは、私の友人の親戚の話です。

 

以下、友人の親戚を「彼女」と呼びましょう。

 

なんと!

 

彼女は、誰でも知っている全国大手高級メーカーの家を1000万引きで建てたというのです。

 

ビックリして、「なんでそんなに値切れたの!?」と聞いてみたところ、彼女が使ったのは驚きの手法。。。

 

しかも、それは誰でもできて、こちらから値切り交渉をする必要がないほどの秘術。。。

 

それは・・・

 

ゴネるっww

 

ゴネるといっても、「値引いてくれなきゃ買わない~」とかではありません。

 

間取りなどのプランで悩みまくっていたらしいのですね。

 

・・・その間、2年っ!!

 

業を煮やしたハウスメーカー側が、「値引きするからいい加減、家を建ててください!」ってことで、1000万もの値引きをゲットしたんだそうです。

 

住宅会社としてみたら、2年もの間の人件費や設計費が無駄になるのが怖かったのかもしれませんね^^;

 

彼女のパターンは最初から値引きを目的にゴネていたわけではありませんが、結果的に大きな値引きにつながりました。

 

根性がある人は、2年ほど「建てる気があるけど建てなーい」を続けてみると、相手がしびれを切らして値引きしてくれるかもしれませんよ(笑)

 

値切り交渉なしに500万の値引き!●●選びだけでラクに節約した我が家

 

 

最後は、我が家の話です。

 

我が家は注文住宅を建てたのですが、値引き交渉なしに500万もの節約にし成功しました。

 

しかも、誰でもできて、確実に値下げができる方法です。

 

それは・・・

 

ハウスメーカー選びを徹底したこと!!

 

では、なぜハウスメーカー選びだけで500万も値引けたのか?

 

それを説明するには、少しショッキングな「住宅業界の裏側」をお話をしなければなりません。

 

通常、新築には『新築プレミアム価格』という、建物本体の値段に上乗せされた、ハウスメーカーの利益というのがあります。

 

新築プレミアム価格は500万~1000万ほどで、その利益を使って、住宅会社は宣伝をしたり、従業員のお給料を払ったりしているわけですね。

 

この新築プレミアム価格は、宣伝をバンバンしている会社や、従業員を多く抱えている大手メーカーほど、多くなります。

 

大きい会社ほど、宣伝費用も人件費もかかってますからね^^;

 

なので!!!

 

我が家は単純に、「新築プレミアム価格が限りなく少ない住宅メーカー」に家づくりをお願いしたのです。

 

いろんなハウスメーカーや工務店で話を聞いたり、見積もりをもらったりして、「不透明なお金がない会社」を選んだんですね。

 

そのおかげで、大手メーカーで建てるよりも安くて、質のよい家を建てることができました^^

 

 

※我が家のハウスメーカー選びの秘訣は以下の記事に書いているので参考にどうぞ

たったこれだけで500万もコストダウン!?注文住宅を安く買う方法

 

 

「住宅会社を吟味して新築プレミアム価格を削る」という値切り手法であれば、2年もごねたり(笑)、決算期でないと使えないというわけではないので、私個人的にはオススメの方法ですね^^

 

 

家の価格は摩訶不思議!値下げ交渉はやってみた者勝ち

 

 

私自身、実際に家を建ててみて思うことは・・・

 

「家の価格って、結局よくわからんな」

 

ということです。

 

これは、値下げ交渉が上手く行った「建売の友人」も言ってましたね。

 

決算期だからと言って値段を下げる。

 

こちらが買うのをしぶれば、さらに下がる。

 

「建物の値段って、あってないようなものなんだね」と言ってましたww

 

もちろん、住宅会社も、「ここまで下げたら損!」っていうラインまでは値引かないはずですが、元値だと利益部分が多くて、ちょっと値引いても大丈夫なのでしょうね^^;

 

ただ・・・

 

ストレートに「値段下げてよ!」とこちらが交渉をしたとしても、人気の家で誰かが買う見込みがあったら、相手も強気に出ます。

 

値引き交渉も難しいでしょう。

 

なので、“タイミング”っていう運も必要だと思います。

 

けれどももし・・・

 

「運や交渉術に自信がないよ~」という場合は、我が家がやった『新築プレミアム価格を削る』っていう方法が確実かもしれませんね!

 

 

家でもなんでも値引きは難しいものですが、この記事が少しでも参考になったなら幸いです^^

 

 

合わせて読みたい