「注文住宅の予算ってどう決めたらいいんだろう・・・・?」

 

って悩みますよね。

 

この記事では、我が家が実際にマイホームを建てたときにやっていた【予算の決め方】を紹介します。

 

また、

 

  • 家を建てるのに総額いくらかかったのか?(土地込み)
  • 注文住宅の購入費用の全国平均

 

も書くので、ご自身の予算決めの参考になさってください^^

 

 

注文住宅の予算の決め方はこうでした!我が家のケース

 

家にかかるお金

 

我が家の場合ですが、予算決めは、一回でスパーンとは決められませんでした。

 

思い返してみると全部で3回、予算決めと修正を行っていますね。

 

やっぱり、途中で「現実と理想のズレ」が生じる・・・

 

なので、我が家は以下の3ステップで予算を決定しました。

 

【ステップ1】住宅ローンシミュレーターで無理のない返済額を探る

 

一番はじめにやったことは、住宅ローンシミュレータというアプリで、「自分たちに無理のない返済額を探る」ことでした↓

 

予算の割り出し2

 

↑のように、借り入れ金額と金利を設定すれば、自動的に月々の返済額を計算してくれます。

 

上の例でいくと・・・

 

 

家の費用 : 2500万

金利 : 1%

 

で35年ローンを組むと、月々の支払いは70571円。

 

 

こんな感じで、「いくらの家を買ったら月いくら支払いになるのか?」を探っていき、自分たちにとって無理のない金額を探るようにしましたね。

 

関連記事

 

我が家の場合は、最初はとても予算が少なく(笑)、純粋に家計のことを考えたら、理想の月の支払額は5万円台。

 

総額2000万までの家が、最初の予算となりました。

 

でもまぁ、この予算で注文住宅は無理があるわけで・・・^^;

 

次の段階で現実を知り、予算を修正していきました。

 

【ステップ2】理想と現実のギャップを修正

 

家とお金のイメージ

 

最初に決めた予算を重視しながらも、ハウスメーカーで見積もりをもらっていると・・・

 

現実と理想のギャップが大きいことに気づきました。

 

たとえば、我が家は土地込みの予算が2000万。

 

けれども、ハウスメーカーの見積もりを見てみると、土地を買うなら最低3500万は必要だ!と。

 

予算と現実の価格には1000万の差がありました。

 

でもだからといって、ハウスメーカーが言うままに予算を引き上げるのではなく、家計の見直しをすることで月いくらまで出せるのか?を計算し直しました。

 

具体的には、

 

 

  • 生活にかかっている費用をすべて紙に書き出す
  • いらないものを削る
  • オール電化の家なら光熱費が削減されるからそれも考える

 

といったことをやりました。

 

とくに、生命保険は見直しましたね。

 

住宅ローンには団信保険というのが必ずついていて、名義人が死亡した場合にはローンがチャラになります。

 

なので、夫に掛けていた死亡保険は削りましたね。家さえのこればなんとか暮らしていけるので(笑)

 

結局。

 

「3500万の家はどう頑張っても買えない!」という結論に至りましたが、予算は少し引きあがって、7万円台ならOKになりました。

 

なので次は、7万円台という予算でハウスメーカー探しをすることに・・・

 

そして運よく、低予算で家を建ててくれる住宅会社に出会えたので、最終段階に突入しました。

 

【ステップ3】住宅ローンの審査結果をみて⇒決定

 

住宅ローン審査の結果

 

自分たちで予算を決めたとしても、住宅ローンの審査結果がどうなるか?はわからないので・・・

 

最後は住宅ローンの結果を見て、予算を最終決定しました。

 

我が家の場合は、2660万まで貸してもらえることがわかったし、その金額だと月々の支払いもしていける算段がありました。

 

なので、2660万で決定。

 

この予算を順守して、家づくりを進めていきました。

 

ハウスメーカーの担当者にも、「これ以上は絶対無理だからね!」と念を押し(笑)、土地探しのレクチャーもしてもらい、予算内になんとか収めました。

 

・・・というわけで、予算の決め方ですが、我が家の経験上は

 

家計に無理のない予算を探る(理想の金額)

打ち合わせで理想と現実のギャップを知り、修正

住宅ローン結果をみて修正OR最終決定

 

この順番でやっていくと、ちょうどよい予算が決められるんじゃないかなぁと思います。

 

やっぱり、予算は自分の頭だけで考ると、現実とズレてしまうのでね^^;

 

ハウスメーカーの意見を聞きつつ、自分たちの生活費も考慮しながら、バランスのとれる金額を予算にしていくことが大事です。

 

とはいえ!

 

予算を決める際には、「他の家はどうだったの?」というのも気になりますよね?

 

我が家は2660万が予算でしたが、全国平均は・・・

 

注文住宅を建てるのにかかったお金!全国平均はいくら?

考える

 

国土交通省の『平成29年度 住宅市場動向調査報告書』によると・・・

 

土地なし建物のみ

 

全国平均は、3,073 万円

 

三大都市圏平均は 3,015万円。

※三大都市圏は、東京都区部・大阪府大阪市・愛知県名古屋市の範囲

 

土地込みの注文住宅

 

全国平均で 4,334 万円。

 

三大都市圏平均で 4,472 万円。

 

 

全国平均を元に考えると、だいたい予算として、

 

  • 建物に3000万
  • 土地に1300万~1500万くらい

 

を考えておけば、注文住宅を建てることが、かなり現実的かなぁという感じですね。

 

我が家の場合は、全国平均と比べると、土地込で1500万少ないわけで・・・

 

かなり厳しい予算だったとは思いますが、なんとか家を建てられたので、なにも全国平均を基準として予算を決めなくてもいいと思います。

 

参考程度にしておくといいかもしれませんね!

 

 

注文住宅の予算は状況を見ながら修正!現実と理想のバランスを考慮すべし

 

未知への冒険

 

注文住宅の予算決めは、なかなか難しいです。

 

かといって、ハウスメーカーに言われるがままの金額を払ってしまうと、自分たちの生活が危うくなる可能性があるので、

 

家計とのバランスを考慮して、「これ以上は出せない!」というボーダーラインをしっかり決めておくことが大事です。

 

我が家の場合は、以下の3ステップで予算を決めました↓

 

家計に無理のない予算を探る(理想の金額)

打ち合わせで理想と現実のギャップを知り、修正

住宅ローン結果をみて修正OR最終決定

 

マイホームへの熱が上がっているときは、冷静な判断がしづらいもの。

 

「家が欲しい!」気持ちが先行していると、「ちょっとくらい予算オーバーでもいいか」と悪魔のささやきが聞こえたりします(笑)

 

けど、あとで苦しむのは自分ですからね^^;

 

そうならないためにも、ハウスメーカーを訪問するときには、家計の内訳と、だいたいの予算を書いた紙を持っていくことをオススメします

 

我が家は、契約を迫られるであろう打ち合わせには家計表を持参し、営業マンが席を離れたすきに、夫と予算のことを話し合って「このハウスメーカーと契約するか?」を決めました。

 

今思えば、これのおかげで道を踏み外さないでいられたなぁと思いますね^^

 

ぜひ、やってみていただければ!

 

素敵な注文住宅が出来上がることを祈ってます★

 

注文住宅が欲しいけど何からはじめていいかわからないアナタへ

 

家と緑

 

「できれば注文住宅を建てたいけど迷ってる・・・」

「そもそも買えるかどうかわからない・・・」

 

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

 

我が家の経験上、やった方がいいのは『いろんなハウスメーカーを知ること』です。

 

というのも、注文住宅の値段と質は、メーカーによってマチマチ。

 

同じ広さの家でも、メーカーによって値段が違う。

建材や外壁などの質も、メーカーによって違う。

 

そんなことが、住宅業界では当たり前のようにあるんですね。

 

実際、我が家の場合は・・・

 

あるメーカーでは「最低2500万はないと無理です!」と言われましたが、

あるメーカーでは「他メーカーと同等以上の質で1400万あればできます」と言われたことがあります。

 

我が家が年収300万円台で注文住宅をゲットできたのは、ハウスメーカー探しを徹底したから。

 

よりたくさんのハウスメーカーを知ったからこそ、

 

「他では無理と言われてしまった予算でも、完全オーダーメイドで質が高い家を建ててくれるハウスメーカー」に出会うことができたんですね。

 

では。たくさんのハウスメーカーを知るにはどうすればいいのでしょうか?

 

住宅展示場やモデルハウスに地道に通うのが確実ですが、これには大変な労力がかかります。

 

我が家の場合は、子供4人を連れてハウスメーカー訪問し、子供たちが女性社員におもちゃやジュースでご機嫌をとられ、

 

半強制的に営業マンのトークを聞かされることになり、「ちょっと見に来ただけなので帰ります」と言えずに2~3時間も拘束される。。。

 

こんな悪夢を、ハウスメーカーに訪問するごとに経験しました><;

 

なので、

 

「どんなハウスメーカーがあるのかな?」

「我が家でも買えるような価格帯のメーカーはどこ?」

 

といったことを知るのであれば、【カタログ請求】がオススメです。

 

価格や間取り、デザインなどは、カタログにみんな書いてありますからね。

 

我が家も実際にカタログ請求をしてみたら、モデルハウスで延々と聞かされた営業トークの内容がカタログに載ってて、 「あの苦労はなんだったんだろう・・・」と笑いがこみあげてきました^^;

 

しかも!

 

便利なことに、パソコンやスマホから「建築予定エリアのハウスメーカー」のカタログを一括請求できるサービスがあるんですね。

 

自分で「どんなハウスメーカーがあるんだろう?」と調べなくても、エリアに対応しているメーカーを勝手にピックアップしてくれちゃいます。

 

我が家がカタログ請求したときは、全く名前も知らなかったけど、オシャレで予算内で家を建てられるメーカーが出てきてビックリしましたよ~

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

カタログ一括請求サイトはいろいろありますが、私のおすすめは【タウンライフ家づくり】です。

 

このサイトだけ、カタログと一緒に「資金計画書(見積もり)」が同封されてくるんですね。

 

もちろん、間取りやデザインを詳細に決めていない段階での見積もりは、あくまで目安にしかなりませんが、お金のことをしっかり把握しておくことは大事。

 

我が家も、見積もりをもらって「お金の見通しが立ちそうだ!」と確信を持てたからこそ、注文住宅を建てると決めることができました。

 

>>見積もりつき!【タウンライフ家づくり】を見てみる

 

ハウスメーカーは本当にたくさんありますから、知らないで「どうせ買えない」と諦めてしまうのはモッタイないです。

 

我が家はあきらめずに、いろんなハウスメーカーを訪問して、可能性を探って本当によかったと思っています。

 

やっぱり、一生に一度の大きな買い物くらい、妥協せずに自分たちが気に入ったものにしたい。

 

建売のように、周りと同じデザイン・誰かが決めた出来あいのものはイヤ。

 

どこにもない自分たちが決めた色・デザインで、自分たちが暮らしやすい間取りがいい。

 

「やっぱりこっちがいいかな?」「こういうのなんてどう?」って、家族でワイワイ話しながら作った家がいい。

 

私はそう思ったし、実際にそうやって作った家は愛着があります。

 

宝物です♪

 

だから、やれることは全部やってみたらいいと思います。

 

まずは、より多くのハウスメーカーを知るためにカタログ請求をしてみると、選択肢が広くなるはずですよ!

 

>>今すぐカタログ請求してみる

 

カタログは理想の家をイメージしたり、無料で家づくりの勉強したりといった使い方もできるので、もらっておいて損はないですよ♪

 

 

 

 

※【タウンライフ家づくり】でのカタログ請求法については、以下の記事で解説してますので参考にしてみてください。

 

家のカタログを無料で貰う方法を徹底解説!モデルハウス訪問なしでOK

 

 

 

↓無料!カンタン5分で請求↓