新築の家屋調査レポ!何をする?どこまで見られた?

 

「家屋調査って何をするの?」

 

「家の中をジロジロ見られたりするの?」

 

気になりますよね。

 

我が家はちょうど、昨日が家屋調査の日。

 

どんな感じなのかサッパリわからないまま調査を受けたので、いろいろと度肝を抜かれてしましました^^;

 

  • 家屋調査は何をするのか?
  • 室内をどこまで見られたのか?
  • 時間はどれくらいかかったか?

 

などをレポします。

 

 

固定資産税の家屋調査がやって来た!

 

我が家に家屋調査の通知が来たのは、引っ越しの2か月後。

 

通知には、必要な書類と日程が記載されていました。

 

関連記事

 

 

通知を見ても、何をどんな風に調査されるのかわからないけれど、とりあえず掃除をして当日を迎えました。

 

家屋調査って、具体的には何をするの?

 

家のチェック

 

家屋調査の当日。

 

時間になると、役場の職員が3人もやってきました。

 

想像していたよりも人数が多くて驚き!

 

 

玄関先で、職員の人から調査の説明がされました。

 

家屋調査でやることは、以下の2つ。

 

 

  1. 税金の説明
  2. 建物の評価額を出すための調査

 

 

間取り図や内装を見るだけでなく、税金の説明までされるとは予想外です。

 

 

玄関で軽い説明を受けた後、税金担当の方から20分ほど税金の説明を受けました。

 

内容は、家にかかわる税金(固定資産税・不動産取得税)のこと。

 

  • 家屋調査は、固定資産税を算出するための調査である(建物の評価額を決める)
  • 評価額は、3年に一度、見直しされる
  • 家屋の再調査はしない

 

といったことを説明されました。

 

いよいよ家屋調査スタート!家の中はどこまで見られたのか?

 

家屋調査はどこまで見られる?

 

立ち合い希望をしたので、私が税金の説明を受け終わってから、家の中の調査がスタートしました。

 

まずはじめに、こんなことを言われます↓

 

営業マン

適切な調査のために、一部屋ずつ見て回りたいんですが、入っちゃいけないところとかありますか?

 

これ、ドッキリしました。

 

でも、「別に怪しいものなんてないし、下手に拒否したら怪しまれるか?」と思って、OKを出したんです。

 

 

すると・・・

 

 

押入れもガッツリ開けられるっ!!!

 

 

トイレ、風呂場ぐらいは覚悟していましたが、まさか収納までとは・・・

 

ぐちゃぐちゃに詰め込んでおいた布団もバッチリ見られましたし、

食品がパンパンになっていた食糧庫も覗かれました。

 

ウォークイン・クローゼットも容赦ない!

 

室内干しの下着、隠しておいてよかったぁ~~

 

本当に隅々まで見られました><;

 

なんで、収納まで見るの?

 

「なんでそこまで見せなきゃいけないの!?」って、ちょっと疑問だったので、

 

 

ナズナナズナ

収納は、何を見てるんですか?

 

と聞いてみました。すると、

 

 

営業マン

棚の数や、材質を見てるんです

 

とのこと。

 

たしかに、収納を見るたびに、「棚が何個で、材質がこれで~」みたいなことを言ってましたね。

 

 

家屋調査にかかる時間はどれくらいだったか?

時間

 

我が家の場合、家屋調査にかかった時間は25分。

 

そのうち、20分は税金説明。

 

税金説明の間に外壁などのチェックが終わり、家の中の調査はたったの5分でした。

 

間取り図があると、とても早いみたいです。

 

床や天井、収納を見るほか、

 

  • キッチン・洗面台の長さ
  • 換気扇の数
  • ドアの数

 

もチェックしてましたね。

 

これらはすべて、国が定めた【評価額の算定表】に従って計算されます。

 

 

※評価額の算定表はこちら↓

総務省の家屋算定表ページ

 

 

算定表をチラッと見てみるとわかると思うんですが、めちゃくちゃ面倒くさい計算です^^;

 

これをやらなくちゃいけないなんて、職員の人は大変だと思います。

 

家の評価額はいつわかるのか?

 

 

気になる我が家の評価額ですが、

 

「4月1日までわからない」とのこと。

 

システム上、今年度に調査した建物は3月31日に評価額が決定されるそうなんですね。

 

ちょっとぐらい早めに教えてくれてもいいのに・・・とも思うけど、しょうがない^^;

 

4月以降に役場に問い合わせしてもいいし、来年5月に送られてくる固定資産税の通知でもわかるとのことでした。

 

 

固定資産税の家屋調査を受けてみて・・・

 

私にとって人生初の家屋調査。

 

そして、人生最後の家屋調査でしたが・・・

 

非常にアッサリな印象です。

 

もっと、神妙な気持ちでやるものかとも思いましたが、意外にラフ。

 

職員も堅苦しい感じではなく、途中で子供が小学校から帰ってきても問題ない感じ。

 

室内なんて、パパ~っと5分で終わっちゃいましたしね。

 

まぁ、収納開けられたりとか、動揺することはあったけど(笑)

 

 

思っていたよりも、ずっと気楽に受けられました。

 

あとは、評価額を待つのみです。

 

元々ローコストなので、そんなに高い評価額がつくとは思えませんが、やっぱり税金は安い方がいいっ!!

 

来年の固定資産税が、8万円を下回ってくれていることを祈ります。