「24坪の家が900万円から!」

「全てコミコミ価格です!」

 

そんな広告を出しているローコストメーカー。

 

「それなら我が家でも新築が建てられるわ♪」

 

と思ってしまいがちですが・・・・

 

実際に、その値段で建てられるのでしょうか?

 

かくゆう我が家も、リノベーションを検討していたときに、

 

ナズナナズナ

中古のリフォーム代に800万もかけるなら、900万の新築買った方が得じゃん!!

 

と、あるローコストメーカーに相談をしたことがあります。

 

結論から言うと、広告を鵜呑みにした我が家はバカを見ました

 

「コミコミ価格」とか言っちゃってるけど、全然コミコミじゃなかったんですよ・・・

 

 

ローコスト住宅コミコミ価格の真実!予算が足りないだと!?

驚きの真実

 

我が家が相談したのは、全国展開しているローコストメーカー。

 

キムタクでテレビCMやってたこともあるし、名前を聞けばだれでも「ああ!」ってくらい有名なメーカーさん。

 

住宅展示場で、

 

「新築が900万円から!安心のコミコミ価格です」

 

って看板を見つけたから、話だけでも聞いてみようと思ったんですね。

 

ちょっと小太りな、40代くらいの営業マンが対応してくれました。

 

他の若い営業マンとは違って、見るからに雰囲気が違います。

 

やり手さんなら、話が早いしラッキー☆

 

と、心の中でガッツポーズをしながら、モデルハウスを見学。

 

いよいよ相談タイムになりましたが・・・

 

コミコミ価格そっちのけ!不思議な営業トーク

 

営業マン

予算は、いくらくらいを考えていますか?

 

ナズナナズナ

子供も多いし、将来お金がかかるので・・・土地と建物込みで、2000~2500万を考えてます

 

営業マン

・・・・・・(難しい顔になる)。

 

この辺は地価が高いんで・・・もし仮に土地が1200万くらいだとしても、それは厳しいですね・・・

 

3000万くらいはないと

 

 

ええ~~~っ!!?

 

この瞬間に私の中ではハテナが飛んだ。

 

「コミコミ価格で900万」ならば、

 

土地1200万 + 家900万 =  2100万

 

なはず。 

 

土地の仲介料や新築の税金がかかったとしても、諸経費は300万くらい?

 

それでも、「2500万で足りない」はない・・・

 

つまりは、「コミコミ価格」といいながらも、実際にはそのほかにガッツリ持っていかれるってこと??

 

私がフリーズしていると、営業マンは畳み掛けるように、夫に話しかけてきました。

 

営業マン

どうせ家を建てるなら、新築の方がいいですよね。やっぱり新築の方が、「家を買ったぞ~」って気分になるじゃないですか?

 

夫

そうですね~。やっぱり中古より新築がいいかなぁ~って思ってます

 

営業マン

お気持ちわかります。それに、お子さんたちのことも考えると、大きい家を建てたいですよね。

 

夫

はい

 

営業マン

予算のことも、そんなに気にしなくていいと思うんですよ。・・・だって、奥さんも働きますよねぇ??

 

つまり、この営業マンは「2500万じゃ無理だから、予算を上げろ!!」と言ってるわけです。

 

いやいや、予算通りに家を建てたいから、お宅のモデルハウスに来たわけで(笑)

 

何言っちゃってんの!?状態

 

その後も営業マンは、夫に「予算上げ」を説得。

 

私は「もう話すことはない」と見切りをつけ、子供の面倒に徹しましたね^^;

 

 

えーっと、つまりは・・・

 

ローコストメーカーのコミコミ価格は信じたらいけない!!

 

ということです。

 

我が家が話を聞いたハウスメーカーさんだと、私たちのイメージと実際の価格は500万以上の差があったように思います。

 

これは、私たちが訪問したローコストメーカーがたまたまだったわけではなく、「サラリーマンが家を建てたら・・」さんでも、以下のような体験談がありました。

 

990万円の家とはいえ、オプションがなくても諸経費を入れて総額1300万円はする。

しかも外構など、いくらでどのくらいのものが出来るか提案もないから、最終的な金額が全く掴めない。

 

これ以外にも掛かるのか?

 

結局、最終的にはまぁまぁの金額掛かりそう・・

 

そんな気がした。

ローコスト住宅と予算の現実より引用

 

我が家が世間知らずなのかと思いきや、案外騙される人が多いみたいですね。

 

メーカー側もわかっていて、わざと〝コミコミ価格”という表現をしているのでしょう。

 

 

結論!住宅メーカーのコミコミ価格は信用するな

 

STOP

 

「コミコミで900万円!」の表示は、たしかに魅力的。

 

でも、実際に見積もりをしてもらった方によると、「見えない工事費」がたくさんあるようです。

 

見積書を見て思ったことは当たり前の工事費用さえ、坪単価に含まれていない、ということ。

しかもよくわからない割増料金が多い。

ローコスト住宅と予算の現実より引用

 

ローコストメーカーは異様に安いんじゃなくて、「ただ安く見せているだけ」と言えます。

 

実際はそれなりにかかる。。。

 

「坪単価30万円台で家を建てようと思ったら、オプションだらけで坪60万になってしまった」なんて話も聞いたことがあります。

 

 

ローコストメーカー選びで迷っている方は、

 

「ちゃんと予算通りにできるのか?」

「どの程度のものができるのか?」

 

を確かめてから建物契約をするようにした方がよさそうです。

 

※ローコストメーカーの場合、標準装備が一番安いランクのもになっていることが多いです。トイレやキッチン、外壁など安いものだと見た目も悪いし、メンテナンスにお金がかかるので要チェック!

 

万が一、「お宅で家を建てます」と契約をしてしまうと、契約解除するときにお金がとられてしまいますよ!

 

詳しい見積もりをとってから、ハウスメーカーを決めるようにしましょう。

 

そして、

 

営業マン

うちより安くて、よい家を建てられるところは他にありません!

 

なんて言葉にも惑わされないでくださいね。

 

実際に我が家も言われましたが、もっと安くてよい家を建てられるハウスメーカーさんがありました(笑)

 

営業マンの押しに負けず、予算に収まるところを見つけるようにしましょう。

 

理想の家づくり、あきらめないで!

 

注文住宅が欲しいけど何からはじめていいかわからないアナタへ

 

家と緑

 

「できれば注文住宅を建てたいけど迷ってる・・・」

「そもそも買えるかどうかわからない・・・」

 

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

 

我が家の経験上、やった方がいいのは『いろんなハウスメーカーを知ること』です。

 

というのも、注文住宅の値段と質は、メーカーによってマチマチ。

 

同じ広さの家でも、メーカーによって値段が違う。

建材や外壁などの質も、メーカーによって違う。

 

そんなことが、住宅業界では当たり前のようにあるんですね。

 

実際、我が家の場合は・・・

 

あるメーカーでは「最低2500万はないと無理です!」と言われましたが、

あるメーカーでは「他メーカーと同等以上の質で1400万あればできます」と言われたことがあります。

 

我が家が年収300万円台で注文住宅をゲットできたのは、ハウスメーカー探しを徹底したから。

 

よりたくさんのハウスメーカーを知ったからこそ、

 

「他では無理と言われてしまった予算でも、完全オーダーメイドで質が高い家を建ててくれるハウスメーカー」に出会うことができたんですね。

 

では。たくさんのハウスメーカーを知るにはどうすればいいのでしょうか?

 

住宅展示場やモデルハウスに地道に通うのが確実ですが、これには大変な労力がかかります。

 

我が家の場合は、子供4人を連れてハウスメーカー訪問し、子供たちが女性社員におもちゃやジュースでご機嫌をとられ、

 

半強制的に営業マンのトークを聞かされることになり、「ちょっと見に来ただけなので帰ります」と言えずに2~3時間も拘束される。。。

 

こんな悪夢を、ハウスメーカーに訪問するごとに経験しました><;

 

なので、

 

「どんなハウスメーカーがあるのかな?」

「我が家でも買えるような価格帯のメーカーはどこ?」

 

といったことを知るのであれば、【カタログ請求】がオススメです。

 

価格や間取り、デザインなどは、カタログにみんな書いてありますからね。

 

我が家も実際にカタログ請求をしてみたら、モデルハウスで延々と聞かされた営業トークの内容がカタログに載ってて、 「あの苦労はなんだったんだろう・・・」と笑いがこみあげてきました^^;

 

しかも!

 

便利なことに、パソコンやスマホから「建築予定エリアのハウスメーカー」のカタログを一括請求できるサービスがあるんですね。

 

自分で「どんなハウスメーカーがあるんだろう?」と調べなくても、エリアに対応しているメーカーを勝手にピックアップしてくれちゃいます。

 

我が家がカタログ請求したときは、全く名前も知らなかったけど、オシャレで予算内で家を建てられるメーカーが出てきてビックリしましたよ~

 

>>無料!カタログ一括請求サイトを見てみる

 

カタログ一括請求サイトはいろいろありますが、私のおすすめは【タウンライフ家づくり】です。

 

このサイトだけ、カタログと一緒に「資金計画書(見積もり)」が同封されてくるんですね。

 

もちろん、間取りやデザインを詳細に決めていない段階での見積もりは、あくまで目安にしかなりませんが、お金のことをしっかり把握しておくことは大事。

 

我が家も、見積もりをもらって「お金の見通しが立ちそうだ!」と確信を持てたからこそ、注文住宅を建てると決めることができました。

 

>>見積もりつき!【タウンライフ家づくり】を見てみる

 

ハウスメーカーは本当にたくさんありますから、知らないで「どうせ買えない」と諦めてしまうのはモッタイないです。

 

我が家はあきらめずに、いろんなハウスメーカーを訪問して、可能性を探って本当によかったと思っています。

 

やっぱり、一生に一度の大きな買い物くらい、妥協せずに自分たちが気に入ったものにしたい。

 

建売のように、周りと同じデザイン・誰かが決めた出来あいのものはイヤ。

 

どこにもない自分たちが決めた色・デザインで、自分たちが暮らしやすい間取りがいい。

 

「やっぱりこっちがいいかな?」「こういうのなんてどう?」って、家族でワイワイ話しながら作った家がいい。

 

私はそう思ったし、実際にそうやって作った家は愛着があります。

 

宝物です♪

 

だから、やれることは全部やってみたらいいと思います。

 

まずは、より多くのハウスメーカーを知るためにカタログ請求をしてみると、選択肢が広くなるはずですよ!

 

>>今すぐカタログ請求してみる

 

カタログは理想の家をイメージしたり、無料で家づくりの勉強したりといった使い方もできるので、もらっておいて損はないですよ♪

 

 

 

 

※【タウンライフ家づくり】でのカタログ請求法については、以下の記事で解説してますので参考にしてみてください。

 

家のカタログを無料で貰う方法を徹底解説!モデルハウス訪問なしでOK

 

 

 

↓無料!カンタン5分で請求↓

 

 

 

 

 

 

 

合わせて読みたい