新築一戸建ての土地選び方ポイント5つ

 

マイホームを建てるとき、絶対に失敗したくない土地選び。

 

我が家も、つい最近まで「土地で間違ったら一生後悔する!」というプレッシャーの中で、土地選びをしていました。

 

この記事では、

 

  • 土地で失敗してしまった人の体験談
  • 30年以上の経験を持つ営業マンの話
  • 私自身の経験

 

を元に、「土地で後悔しないために考慮すべきポイント」を書いていきます。

 

 

新築の土地の選び方コツ5つ!

 

我が家が実際に土地選びをしてわかった『土地選びのコツ』は以下の5つです。

 

  1. ハウスメーカー任せにしない
  2. 何かあったときに売れる土地が有利
  3. 現地での環境調査
  4. 今後の生活・老後への影響をチェック
  5. 上水道・下水・地盤の確認

 

それでは、ひとつずつ説明していきますね。

 

【ポイント1】土地選びは自分で!ハウスメーカーが薦めてくるのは選択肢が少ない!?

 

新築を建てようと思った時、すでにハウスメーカーさんが決まっていると思います。

 

そして、「この土地はどうですか?」とハウスメーカーの営業マンから土地をオススメされると思います。

 

でも、

 

営業マンが持ってくる土地って、あんまりいい土地じゃないですよね?

(↑自分たちが気に入らない土地って意味ですw)

 

 

実は、そういう不動産業者は、土地選びのとき意図的に「より儲かる土地」だけを選んでいます。

 

どういうことか?というと・・・

 

土地の売買時には、仲介手数料というのがかかります。

 

仲介手数料は、不動産業者が「土地を売りたい人」と「買いたい人」の両方からもらうものです。

 

なので、ハウスメーカーとしては、自分たちが持っている土地(売りたい人から依頼を受けている土地)を、売った方が得なんですね。

 

そうすると・・・

 

業者によっては、自分たちの手持ちの土地しか紹介しようとしないわけです。

 

 

我が家もこういうハウスメーカーに当たりまして(笑)。

 

土地を紹介されて見に行ってみたら、「近くに同じ値段で2倍の広さの土地があった」という経験をして気づいたわけです。。。

 

でも建物がいいので、「このハウスメーカーの土地選びは信用できない」ということを承知の上で、あえて、そのハウスメーカーに決めています。

 

完璧な人がいないように、

完璧なハウスメーカーもありませんからね。

 

土地探しは営業マンにまかせっきりにしないで、自分たちで探すようにしましょう。

 

 

【ポイント2】何かあったときに売れる土地か?土地選びは最悪の事態も考慮に。。。

 

土地選びをするにあたって、一番怖いのは「失敗したときのこと」ですよね。

 

私もネットで調べていて、「土地で失敗してノイローゼになりそう」なんて話を見ると、恐ろしい気持ちになります。

 

住宅業界で30年の経験がある営業マンからすると、「手放すことになっても比較的高く売れる土地」の条件は、以下の4つだそうです。

 

●大きな道路に面している

●小学校や幼稚園の近く

●病院・スーパーが徒歩圏内

●駅があって便利

 

やはり利便性によって、将来の価値が変わってくるようです。

 

でもまぁ、

 

「手放すときのことを考えすぎて、駅の近くにしたら道が細くて不便で失敗した」

 

なんて人もいますから、そこまで神経質にならなくてもいいと思います。

 

現に、大きな道路に面してたら、騒音や子どもの飛び出しが心配ですからね^^;

 

あくまでも、住宅業界では「何かあったときに売れる土地」を選ぶのがいいとされているようですよ。

(私が購入した本にも書いてありました)

 

スポンサーリンク

 

【ポイント3】気になる土地は、現地で念入りにチェックする

 

インターネットでも土地探しができる時代。

 

便利な反面、写真や文字情報でしか土地のことを知れません。

 

私もインターネットを使って土地探しをしましたが、現地に行ってみると「思ってたのと全然違う!」というのが結構ありました。

 

広さや日当たりは、実際に現地に行ってみないとわかりません。

 

また、ネットでは「大型スーパーまで2km」なんて書かれていても、「小さいスーパーが300m先にあった」なんてこともあります。

 

不便だと思ってたけど、案外便利だったり。。。

 

「日当たり良好!」って書いてあるけど、午前中だけの話だったとか(笑)

 

現地に行ってみると、いろんなことがわかります。

 

 

あと、地元の不動産に行ってみるのもいいです。

 

私が土地を探していたのは、「隣の隣の市」だったので、全然現地のことがわからず。

 

そして、私が建築をお願いしているハウスメーカーさんも、現地の業者ではないので、現地のことがわからず。。。

 

地元の不動産に行って相談してみると、

 

「この土地は雨が降ると浸水するよ」

「ここは地盤改良に100万くらいかかっちゃう可能性がある」

「あそこは病院が近いから、救急車の音がうるさい」

 

といった情報をくれました。

 

 

実はこのおかげで、検討してた土地を諦めることになったのですが。。。

 

購入する前に知れて、本当によかったです。

 

気になった土地は、見に行くのはもちろん、地元の不動産で情報収集をすると、リアルな口コミが手に入りますよ!

 

 

【ポイント4】今後の生活に支障はないか?一生住む気があるなら利便性は忘れずに

 

新築を建てる場合、郊外になることが多いと思います。

 

生活環境もガラッと変わります。

 

「今後の生活に支障が出ない範囲か?」というのも検討しておく必要があります。

 

 

たとえば、スーパーや駅が近くにない場合は、夫婦ともに車が必需品になります。

 

そうすると、ガソリン代などの車にかかるお金の負担が増えるかもしれません。

 

通勤時間も長くなると大変です。

 

スーパーや病院が遠いと、老後に車が運転できなくなったときが怖いですよね。

 

そうやって考えると・・・なかなか難しいわけで。。。

 

  • 土地にお金をかけずに、ちょっと不便な生活をするのか?
  • 利便性を求めて、土地にお金をかけるのか?

 

は、長いスパンを見て決めた方がいいです。

 

「一生住む家を建てるんだ!」という気持ちだったら、利便性を重視した方がいいかなぁと思います。

 

 

【ポイント5】余計なお金がかからないか?上水道・下水・地盤改良

 

予算が決まっている場合は、「余計なお金がかからない土地か?」のチェックが必要です。

 

分譲地はほとどんどの場合、整地ずみで水道・下水も引いてあるため、余計なお金がかかりません。

 

逆に、何も手を加えられていない土地だとお金がかかります。

 

上水道を通すためには、最低でも30万。本水道管から土地までの距離によっては、さらにかかる場合もあります。

 

下水を通すには、50万。(これも本管からの距離による)

 

地盤が弱いときは、地盤改良費が必要になります

 

我が家が一番はじめに申し込んだ土地は、見た目でわからない微妙な具合で傾斜していて、「整地のために80万かかる」と言われました。

 

 

「予算オーバー」なんてことにならないように、

上水道・下水・地盤はチェックするようにしましょう。

 

 

土地の選び方で最大のコツは、【自分で情報収集すること】

 

まとめます。

 

新築一戸建ての土地選びのポイントは、以下の5つ。

 

  1. 土地選びはハウスメーカー任せにしない!
  2. 何かあったときに売れる土地だと安心!
  3. 気になる土地は、現地で環境をしっかりチェック!
  4. 今後の生活・老後に支障がないか、考慮すべし!
  5. 上水道・下水・地盤の確認で予算オーバーを防げ!

 

細かく見ようと思えばいくらでもチェックポイントはあると思うのですが、我が家はこの5つを意識して土地を決めました。

 

今振り返ってみて・・・

 

一番の大事な秘訣はやっぱり、【自分たちで情報を集める】ことだと思います。

 

ハウスメーカーや不動産任せにしていおくのはラクチンなんですが、他人はそこまで一生懸命になって、土地のことを考えてはくれません。

 

ぶっちゃけ、土地を買う本人が一番、必死になって情報を集めますからね。

 

あとで何か後悔するようなことが起きたときに「あのときちゃんとしておけば・・・」とならないためにも、できるだけ自分で行動するのがベストかなぁと思います^^

 

新築の失敗原因で多い『土地選び』。

 

しっかりチェックして、納得してから買えるとよいですね!

 

 

合わせて読みたい