住宅ローン審査に落ちたら、どうすればいいのでしょうか?

 

マイホームをあきらめる・・・なんて、嫌ですよね^^;

 

我が家は、【借金230万・年収300万円台】と通常なら住宅ローンを組めるはずのないところを3銀行の審査を突破しました。

 

この記事では、我が家が住宅ローン審査を突破するためにやった方法も含め、 『再度、審査にチャレンジする前にやっておきたい対策』を書きます。

 

「どうしても家が欲しい!」

「審査を通したい!」

 

という人の参考になれば幸いです^^

 

 

住宅ローン審査に落ちたらどうすればいい?再度受ける前の対策3つ

 

 

今回、住宅ローン審査で落ちてしまったのは、「今の状況ではダメ」という結果です。

 

そう、“ただの結果”!!!

 

結果を変えるためにはどうすればいいのか?

 

借金アリでも住宅ローンを通した我が家の経験から言えることは、以下の3つの対策をしてみると、審査を通過できる確率がグーンと上がるはずです^^

 

【対策1】今回の審査で関わった銀行と住宅会社にアドバイスをもらう

 

 

「今の状況では審査に通らない」のであれば、その理由を、関係者から聞いた方が対策が立てやすくなります。

たとえば、銀行に聞くなら

 

主婦ふきだし

今回は落ちてしまいましたが、いくらまでだったらいいとか、聞かせてもらうことはできますか?

とか。

 

答えてもらえるかどうかはわかりませんが、私は銀行で聞いたことがあります(笑)

いくらまでならOKか?がわかれば、それに合わせて家を決めればいいだけですよね?

※3000万の家はアウトだけど2500万の家はセーフってこともありますよ

 

 

住宅会社にも、

「もう一度挑戦しようと思っているのだけど、どうすれば受かりやすくなるでしょうか?」

 

とか聞いてみると、担当さんも自身の経験から考えられる『落ちた理由』や『対策』を教えてくれるでしょう。

 

実際に審査に絡んだ人からアドバイスをもらえば、突破口が見えてくるかもしれませんよ^^

 

【対策2】月々の返済額を下げてから、審査がゆるめの地方銀行で審査

 

 

もし、車のローンやカードローンがあるなら、その返済は月いくら払っているでしょうか?

 

銀行は審査をするときに【返済率】というのを見ています。

 

もし、月の返済額が高いと住宅ローン審査に落ちやすくなります

 

返済率は、「名義人が月にどれくらいの返済なら無理のない範囲か?」を見る基準であり、年収と返済額に応じて決められます。

 

今ある借金の月当たりの返済額が高いのでれば・・・

 

おまとめローンとか、金利の低いところに借り換えたりして返済額をできる限り下げれば、住宅ローンに通る可能性は十分にあります。

 

我が家は、月7万4千円の支払いを、月4万に下げることで住宅ローン審査を突破することができました。

 

 

返済率の仕組みや、我が家が住宅ローンを突破した詳細な方法については、下記の記事を参考にどうぞ↓

返済率を下げて住宅ローンを通す方法

借金アリで住宅ローンを通した後の家計再生法

 

ちなみに・・・

 

もう一度審査を受けるのであれば、地方銀行や信用金庫にするといいですよ!

 

メガバンクやネット銀行に比べて、審査がゆるめなのです^^

 

 

また、地方銀行や信用金庫の方が、借金や住宅ローンの相談にものってくれます。

 

我が家は、地方銀行のローンセンターで相談をして、

 

主婦ふきだし

借金がこれくらいで、このくらいの値段の家が欲しいんだけど、可能かしら??

 

と相談をして、銀行の反応をみて「イケる!」と判断してから、借金の返済率を下げ、住宅ローン審査を受けました。

 

銀行に相談して、しっかり足場を固めてから審査にもう一度チャレンジすると、通過率が高くなるはずですよ!

 

【対策3】複数の銀行で審査を受ける

 

選ぶ

 

我が家は3銀行で審査をしたのですが、銀行によって審査結果は違いました。

 

我が家の場合は合格したのだけれども、貸してくれる金額が違いましたね。

 

結果については下記の記事に書いてますので、参考にしてください↓

住宅ローンは借金ありでも審査通過できる?3銀行の結果と新築購入への対策

 

なので、

 

1つの銀行で審査を落とされてもへこまない!

 

出来る限りの対策をした後で、何個も受けるつもりで審査に臨んだ方がいいです。

 

あと、銀行によっては特別条件で「他の銀行より貸してくれる」って言ってきたところもありましたね。

 

他の銀行は2300万くらいなのに、その銀行は金利をUPして3200万までOK・・・みたいな。

こういうこともあるので、1つの銀行にこだわらず複数の銀行で審査を受けると、いいお返事がもらえる可能性が高くなりますよ!

 

 

住宅ローンの審査に落ちたら対策するのみ!へこまず次へ行こう

 

 

住宅ローン審査で落ちると、「もう家はダメなんじゃないか・・・」と落ち込んでしまう人が多いです。

 

けど、しっかり対策をすれば、再度の審査を受けたときに通過できる可能性は、グンと上がります。

 

この記事で紹介した対策は・・・

 

  1. 今回の審査で関わった銀行と住宅会社にアドバイスをもらう
  2. 月々の返済額を下げてから審査がゆるめの地方銀行で審査
  3. 複数の銀行で審査を受ける

 

の3つでした。

 

これは何にでも言えることですが、【相談すること】がキモとなります。

 

  • 住宅ローンを通すためにはどうすればいいのか?
  • もとい、いくらまでの家だったらOKなのか?
  • 車のローンや借金がネックなのであれば、どこまで返済率を下げればいいのか?

 

こういった情報を得て、対策をすることが、

 

審査に通過するか?しないか?

 

の分かれ道になると思います。

 

そして、こういう情報は、銀行のローンセンターで相談すれば、得ることができます。

 

「住宅ローンのことで相談したいんですけど・・・」と電話すれば、快く対応してくれるはずです。

 

相談と次回の審査は、わりかし審査基準がゆるめな地方銀行や信用金庫にすると、通過しやすいでしょう。

 

関連記事 : 住宅ローンの審査が緩いのは地方銀行!実際に借金ありで家を建てた経験談と銀行選びコツ

 

 

「住宅ローン審査で落ち続けてたけど、6回目のチャレンジでやっと通過できた!」

 

という人もいたので、再チャレンジはどんどんしちゃっていいと思います^^

 

我が家は3銀行で審査を受けてますからね。(相談も含めると4銀行ww)

 

 

あなたの家を建てるために、この世で一番頑張れる人は、あなたです。

 

あなたが行動するかどうか?がカギです。

 

悔いの残らないよう。 やれることは全部やってみると、マイホームを購入できる確率がグンと上がるはずですよ^^

 

 

 

合わせて読みたい