住宅ローン借り換えのデメリットと注意点

 

「住宅ローンって、そんなに簡単に借り換えられるの?」

 

「なにかデメリットとかあるんじゃないの?」

 

そう思っているなら、あなたはとてもカンがいい人です。

 

かくゆう我が家は、「お得になるらしいよ!」っていう情報で借り換えに飛びつき、

 

あとから「ええっ?そうなの~??」と慌てることがありました(笑)

 

この記事では、我が家が実際に住宅ローンの借り換えをしてみてわかったデメリットと注意点を書いていきます。

 

 

住宅ローン借り換えのデメリットと注意点4つ!知らないと慌てるかも

 

我が家が実際に体験してわかった「住宅ローン借り換えのデメリット」は、以下の4つです↓

 

  1. 保証料で損をする
  2. 借り換え時に諸費用がかかる
  3. 頭金が必要
  4. めちゃくちゃ手間がかかる

 

 

【デメリット1】保証料で損をする

 

住宅ローンを組むときには、必ず保証料というのが発生します。

 

保証料は、借金の連帯保証人を保険会社に頼むための費用。

 

家を購入するとき、銀行経由で払っているはずです。

 

価格は人によって違う(信用情報による)のですが、だいたい50万~250万くらい、ローンに割増されています。

 

我が家は130万だったかな。

 

住宅ローンを借り換える場合には、その保証料が引き継がれないため、おじゃんになるのです。

 

何割か戻ってくる場合もあるのですが、損する形になります。

 

知恵袋では、

 

「借り入れ時に35年で250万の保証料を払ったのに、10年後に借り換えで140万しか戻ってこなかった」

 

という嘆きの投稿がありました。

 

借り換えを実行するのであれば、保証料を掛け捨てるくらいの覚悟がないと、「話しが違うよ!」とトラブルになりかねません。

 

ちなみに・・・

 

我が家のように「保証料は金利に上乗せ」というように、ローンに組み込まないで月払いしているなら、保証料のトラブルはないのでご安心を。

 

借り換えを検討している場合は、契約書で保証料を確認してみるといいかもしれません。

 

【デメリット2】借り換え時に諸費用がかかる

 

借り換えは無料ではできません。

 

私もびっくりしたんですが、相当な金額が必要でした↓

 

登記費用など

19万9200円

印紙代

21000円

繰上返済手数料

32400円

事務取扱手数料

54000円

保証料

0円

 

保証料は、金利に含ませるとのことでゼロ円になってますが、合計で30万6600円

 

手数料も地味に痛いのですが、なんといっても登記費用が高いっ!!!

 

銀行が変わると、家の担保設定のし直しが必要なんだそうで、登記からやり直しです><;

 

借り換え自体、無料でできるもんだと思っていたので、これにはビックリしてね。

 

私が世間知らずなのかも・・・orz

 

【デメリット3】頭金が必要

 

諸費用の支払い方法は、銀行によってマチマチ。

 

「借り換え時に現金で払ってください」っていうところもあれば、

 

「住宅ローンに含んでおくので大丈夫です」っていうところもあります。

 

我が家は、銀行に「お金ないからね!」と正直に伝えたので、諸費用は住宅ローンに含んでもらいました。

 

それでもやっぱり・・・

 

5000円ほどは現金の持ち出しがあります。

 

頭金がどれくらい必要か?も、銀行側の対応によって変わってくるので、頭金が用意できない場合は、交渉も視野に入れておくとよいでしょう。

 

関連記事

 

【デメリット4】めちゃくちゃ手間がかかる

 

住宅ローンの借り換えって、結構めんどくさいです。

 

家購入したときと、やることは一緒。

 

書類をたくさん書いたり、

市役所まで住民票や印鑑証明を取りにいったり、

公共料金の支払いを一つの銀行にまとめたり・・・

 

あれを、もう一度やるわけです。

 

銀行員との打ち合わせも、週に3回とかあったりして。

 

超絶めんどくさい(笑)

 

我が家は夫が忙しいため、書類を書くのだけ夫にやってもらいましたが、それまでの準備が大変でしたね~

 

どっかのブログで、

 

いくら借り換えた方が安くても、手間を考えるとそんなに得でないこともある。

 

って言ってたけど、本当にそうだなぁ~と思いましたわ。

 

 

住宅ローン借り換えにデメリットはあるが、将来ラクするために今動くのが吉

 

住宅ローンを借り換えるデメリットは、意外と大きいです。

 

  1. 保証料で損をする
  2. 借り換え時に諸費用がかかる
  3. 頭金が必要
  4. めちゃくちゃ手間がかかる

 

でもじゃあ、「住宅ローンは借り換えない方がいいのか?」というと、そうでもなくて。

 

 

我が家の場合。

 

前の住宅ローンと比べると、全く同じ条件でも月々の支払額が下がるし。

 

関連記事

 

超安心の全疾病保障をつけても、前のローンと月々の支払いがほぼ変わらないし。

 

関連記事

 

デメリットよりも、メリットの方が上回ったんですね。

 

 

正直、借り換えは面倒だし、今のままでも別に困りはしませんでした。

 

ただ、将来の自分を、少しでもラクにするためには、今ちょっとだけ頑張った方がいいかなぁ~と思ったんです。

 

なので!

 

住宅ローン借り換えを検討しているのであれば、デメリットに負けずに、とりあえず銀行に相談してみるといいんじゃないかなぁと思います。

 

我が家は、ママ友に銀行員さんを紹介してもらいましたが、銀行に突撃訪問するっていう手もあります。

 

銀行も、お客さんが増えるのは嬉しいので、親切丁寧に説明してくれるはず。

 

時間がない人は、ネットや電話で相談っていう方法もありますよ^^

 

 

少し面倒かもしれませんが、借り換えが成功すれば、家計の負担が軽くなりますからね。

 

未来の自分をラクさせるつもりで、今できることをやっておくことをオススメします!

 

↓ネットで借り換え相談↓

 

合わせて読みたい