新築のトイレの床色、悩みますよね。

 

たかがトイレ。

されどトイレ。

 

心地のよい空間づくりのために、床の色は妥協してはいけません。

 

この記事では、

 

  • トイレの床色の選び方
  • 濃い色と明るい色、どっちがいいのか?
  • 我が家は何を基準にして色を決めたのか?

 

を書いていきます。

 

 

新築トイレの床は何色にする?選び方基本

 

トイレの床色を選ぶときの基本的な考え方は、たった2つ↓

 

  1. 汚れが目立たない色か?(黄ばみ・ホコリなど)
  2. トイレの見た目がいい色か?(壁紙との相性)

 

トイレはやっぱり汚れやすいですから、掃除が楽な色がいいですよね。

 

男の子がいる家だと、なおさら。

 

シミになったり、便器周りが黄ばむと、床色によっては悲惨なことになります。

 

なるべく、汚れが目立ちにくい色を選ぶようにするとよいでしょう。

 

 

また、壁紙との相性も大切です。

 

トイレにどんな壁紙をもってくるのか?

全体的にどういうイメージを目指すのか?

 

これらを考えずに、ただ好きな柄を選んでしまうと、壁紙と床がチグハグでださいトイレになってしまいかねません。

 

友人が来た時に「おお~!オシャレじゃん!」と言われるような素敵なトイレを目指すなら、壁紙とセットで考えましょう。

 

トイレの床の色は、濃い色がいい?それとも明るい色?

 

床色の悩みで多いのが、「濃い色をもって来たほうがいいのか?それとも白?」です。

 

我が家は、「真っ白」と「こげ茶」の両方とも経験しています。

 

その経験からいうと・・・

 

床が白だと・・・汚れが目立ちまくる!

 

前の賃貸のトイレは、床が真っ白。

 

それに加えて、壁紙も便器も真っ白。

 

あたり外れなく、すっごーく“無難なトイレ”ってやつでした。

 

で、暮らしてみてどうだったかというと・・・

 

掃除が大変

 

子供がはみ出したオシッコは、めちゃくちゃ目立ちます。

 

あと、便器の周りが黄ばみだして、それもすごく目立ってました。

 

床全体も、よく人が通る場所だけ汚れでグレーになってきたり。

 

掃除のときは、「消しゴム君」のスポンジでこすらないとダメでしたね。

 

白はホコリが目立ちませんが、黄ばみなどの汚れは目立ちやすいという特徴がありました。

 

床が濃い色だと・・・ホコリが目立つ!

 

今住んでいる家のトイレは、こげ茶のフローリング。

 

使って困っていることは、「ホコリが目立つ」こと。

 

 

ダークな色だと、白い汚れが目立つのはしょうがないですね。

 

 

あと、意外かもしれないけど「汚れが目立たないのが困る」んです(笑)

 

子供がはみ出したオシッコが見えない!

 

オシッコなんてすぐ拭き取っちゃいたいのに、床の色が暗いとわからず放置のまま。

 

掃除のときに、「水が乾いた跡」でわかるという・・・

 

この様子なら黄ばみが目立つことはないでしょうが、それはそれで不衛生。

 

 

こげ茶のように濃い色は、「ホコリは目立つけど黄ばみは目立たない」という特徴があります。

 

 

ホコリと戦うのが嫌な人はホワイト系。

黄ばみや汚れと戦うのが嫌な人はダーク系。

 

こんな感じで選ぶといいんじゃないかと思います。

 

となると、

 

中間色のベージュや、黄ばみが隠れる暖色系が、掃除面では一番ラクと言えるのではないでしょうか。

 

壁紙も合わせやすいですしね♪

 

我が家の場合!トイレの床色をどうやって決めたのか?

 

ぶっちゃけると、我が家はトイレの床を選んでいません!

 

ハウスメーカーの担当さんから、

 

営業マン

部屋と同じフローリング(防水)にしときました~

 

って言われて、そのままです(笑)

 

本当は選びたかったんですけどね・・・

 

ただ、トイレの床を他と同じフローリングにしたのは、とてもよかったです。

 

家全体で調和がとれるし、床の代わりに壁紙で遊ぶことができます。

 

下手に床に柄が入っていると、壁は無地にするしかなくなってしまいますからね。

 

フローリングだと、思う存分、好きな壁紙が貼れます♪

 

ちなみに、我が家のトイレはこんな感じ↓

 

  • 床はこげ茶
  • 壁は一面だけ青
  • 他の壁は白
  • 便器も白

 

友人からの評価もよく、床を無難にする代わりに、壁紙でおしゃれにできました!

 

なので正直・・・

 

トイレの床は、柄物や奇抜な色にこだわる必要はないと思います。

 

黄ばみやほこりが目立たない、無難な色にしたとしても、壁紙で十分おしゃれにできましたよ!

 

 

結論:トイレの床の色は、汚れが目立たない&壁紙が合わせやすいもので!

 

私の経験としては、

 

  • 黄ばみやホコリが目立たない色(ベージュなどの暖色)
  • 壁紙で遊べる無難な柄

 

を、トイレの床として選ぶといいんじゃないかと思います。

 

あくまで、私の経験上はですが・・・

 

ただ、個人的にはダークな色もおすすめです。

 

こげ茶の床にしてホコリと戦う毎日ですが、黄ばみなどの“取りづらい汚れ”は目立ちません。

 

正直・・・

 

「隠したいのは、日々のホコリよりも、何をやっても落ちない汚れ」ですからね(笑)

 

そういう意味では、ダーク系の床は最適ですよ!

 

 

合わせて読みたい