家が欲しくても、経済的に余裕がないとあきらめるしかないのでしょうか?

 

我が家も、年収300万円台な上に子供が4人いて、「マイホームなんて絶対無理だ!」と思っていた時期がありました。

 

がっ!!

 

現在は、半年前に建てた注文住宅でのんびりと暮らしています。

 

経済的に無理もしていないので、私は専業主婦のままです(笑)

 

なぜ、我が家でも注文住宅を建てることができたのか?

 

それは、しっかり情報収集をして、住宅業界の裏側を知ったから。

 

たとえば・・・

 

ハウスメーカーはピンキリ。

高い家もあれば安い家もある。「安くて質の悪い家」もあれば「安くて質の高い家」もある。

 

住宅会社おすすめの住宅ローンは必ずしも得じゃない。

「提携銀行だから」という理由だけで、金利が高い銀行を案内されることも。

 

チラシやネットで見つかる土地は売れ残り

ハウスメーカー担当者が紹介する土地は自社物件ばかりで選択肢がない

 

こんな風に、住宅業界は「無知な人ほど損する仕組み」になっています。

 

我が家はこれらを知るまでに、下調べ(無料レジャー代わりにモデルハウス訪問)も含めて2年半もかかってしまったわけですが・・・><;

 

おかげで、経済的に無理なく、自由設計で暮らしやすいマイホームを手に入れることができました。

 

他の人には苦労してほしくないので、パッと情報収集ができる【お役立ちサイト】を紹介しておきたいと思います。

 

この記事で紹介したサイトを無理に使う必要はありませんが、かなり時間と手間をショートカットできるのに存在すら知らない人が多いので、知っておくだけでも損はないはずですよ^^

 

低予算で家を建てる!お役立ちサイト特集

 

1.カタログ一括請求サイト【タウンライフ家づくり】

 

>>【タウンライフ家づくり】はこちら

 

おすすめな理由

 

家の価格は、ハウスメーカーによってさまざま。

 

年収300万円台の我が家でも、注文住宅が買えたのは【安くて質が高い家を建ててくれるハウスメーカー】に出会えたからなんですね。

 

とはいえ、むやみやたらと住宅メーカーを訪問してしまうと痛い目に合いかねません。

 

住宅の基礎知識がないまま訪問してしまうと、営業マンのトークに乗せられて、「値段の割に質が低い」メーカーとウッカリ契約してしまう可能性も。

 

私の友人は、「安いだけの悪徳なメーカーで家を建ててしまい、瑕疵保険が切れた11年目に屋根修理で100万かかった」と言ってました^^;

 

なので、ハウスメーカーに訪問する前に、住宅業界のことを少しでも知っておくことが大切です。

 

そのためには、『カタログ一括請求サイト』が便利。

 

カタログなら、各ハウスメーカーの特徴や価格がサクッと知れるので、効率的に情報収集ができます。

 

さらに、楽しくカタログを眺めているうちに建材や工法などの基礎知識が身につきますし、

 

建材や工法の基礎知識が身に着けば、「ただ安いだけで質が悪い家」の見分けがつくようになってきます。

 

カタログ請求サイトでオススメなのは、【タウンライフ家づくり】

 

建築予定エリアの住宅メーカーのカタログを一括で請求することができる上に、「利用満足度1位」で高評価のサイトです。

 

↓簡単3分で資料請求↓

 

私自身も実際にカタログ請求を使ったことがあり、便利だったので、

ハウスメーカー選びで悩んでいる人は、試しに利用してみると面白いんじゃないかと思いますよ^^

 

>>ためしにカタログ請求してみる

 

2.住宅ローン比較サイト!【住宅本舗】

 

 

おすすめな理由

 

実は、銀行のポスターなんかでみる店頭金利は、アテになりません。

 

その人の信用情報によって金利は変わるので、実際に審査を受けてみないとわからないんですね。

 

※我が家は店頭金利0.6%と言われた銀行で、1.2%という審査結果をもらったことがあります^^;

 

「金利で損をしたくない!」と思った我が家は、3つの銀行で審査を受けましたが、一件ずつだったので面倒でした。

 

いちいち書類のやりとりをしなくちゃいけないし、1つの銀行で審査中は他の銀行で審査受けられません。

 

でも!

 

【住宅本舗】なら、住宅ローン審査を“同時に複数”受けることができます。(最大6銀行同時)

 

これは、【住宅本舗】に登録している銀行が「同時審査OKですよ~」としているため。

 

登録されている銀行も、ネットバンクから地方銀行までバラエティ豊かで、バランスよく住宅ローン比較ができます。

 

ハウスメーカーおすすめの銀行は、だいたい「提携銀行だから」という理由だけで、私たち客が損する可能性が大きいですからね^^;

 

住宅ローン比較は自分の手で。複数の銀行に仮審査を通しておくと、月々の支払い額がダンゼン違ってくるはずですよ。

 

関連記事

 

3.土地代が大幅にカットできるかも!?【タウンライフ不動産】

 

>>【タウンライフ不動産】はこちら

 

オススメな理由

 

我が家は、土地を350万値切っています。

 

その土地は、ネットやチラシで売れ残っているようなものではなく、不動産屋が隠し持っていた土地です。

 

※黙っていても売れてしまうような好条件の土地は、わざわざネットやチラシに載せません。詳しくは土地探しが進まない!サイトじゃ見つからない訳と探し方コツの記事で。

 

スーパーまで徒歩3分、小学校まで徒歩10分、駅まで徒歩7分。日当たり良好。

 

ハウスメーカーの担当者からは、「この立地でこの価格はあり得ない!」とビックリされましたww

 

でも、とくに頑張って値切ったわけではなく・・・

 

「『安く売ってもいいよ』って言ってくれてる人がいるんだけど?」

 

と、たまたま訪問した不動産屋のお姉さんから提案されただけです(笑)

 

こんな奇跡が起きたのは、不動産屋と直接連絡をとっていたから

 

不動産屋ごとに抱えている土地も違いますし、売り主の事情もタイミングによって変わります。

 

我が家のように、お得な土地を教えてもらうことができれば、土地代を節約できます。

 

その分、予算を家に回すことができるので、低予算でも注文住宅は可能になる!というわけです。

 

地道に不動産屋に訪問していくのもアリですが、ネットから問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

 

【タウンライフ不動産】なら、建築場所の不動産屋に、一括で土地探しの依頼をすることができます↓

 

 

メールや電話で未公開物件を教えてもらえるようになりますし、

 

信頼できそうな不動産屋に、本格的に土地探しを依頼するのもいいですね^^

 

>>たった10分!土地探しを依頼する

 

こうやって、自分のところにお得情報が舞い込むように準備をしておくと、予算内でのマイホーム購入が現実になってくるはずですよ。

 

予算が少ないからこそ情報収集が大事!

 

我が家が家を建てるために奮闘していたときのことです。

 

「マイホームブログ」を見て回っていました。

 

そのときに出会った1つのブログ。

 

家完成までのキロクが詳細で、「今日は壁紙選んできました~」とか、とても楽しそうでした。

 

「わぁ~いいなぁ~!素敵だな~!」

 

ってどんどんブログを読み進めていったら、ショッキングな事実が!!

 

・・・せっかく家を建てたのに2年で家を手放していたんです。

 

理由は、「住宅ローンが支払えなくなったから」。

 

ブログによると、子供ができたことにより共働きができなくなり、月14万の住宅ローンが払えなくなってしまったようなんですね。

 

離婚し、自己破産したようです。

 

 

私はこの報告を読んだとき、他人事ではないと感じました。

 

マイホームは、家族を幸せにする力もあれば、不幸にする力もある。

 

「今の状態なら払えるはず・・・」と油断して、自分でよく調べもせず、高い家を買ってしまうと、恐ろしい結末が待っています。

 

あのブログに出会ったおかげで、我が家はいろんな対策を打つことができました。

 

マイホームの先輩に感謝です★

 

私自身も、後続の人に困ってほしくなくて、この記事に大事なことをギュッと詰めてみました。

 

この記事は、どれだけ参考になったでしょうか?^^

 

記事の中で紹介したサイトを無理に利用する必要はありませんが、

 

今から自分の手で正しい情報を集めておけば、予算内で理想の家を建てることも、家計に優しい家を建てることも、できる可能性が高くなります。

 

とりあえず、気になったサイトだけでも覗いておくことをオススメします。

 

利用したくなったときに存在を思い出すことができて便利ですよ!