「ナズナさんみたいに、低予算で注文住宅を建てたいです!」

「どこの会社で家を建てたんですか?」

 

そんな質問を頂いたので、この記事では我が家を建ててくれた【株式会社KOYAMA】という会社について書いていきます。

 

 

●KOYAMAとは一体どんな会社なのか?

 

●20社以上を見てきた我が家がKOYAMAに即決した理由と他メーカーとの違い

 

●なぜ大手ハウスメーカーで「その予算じゃ無理!」と言われていた我が家でも、弱小であるはずのKOYAMAなら家を建てることができたのか?そのカラクリ

 

●実際に家を建ててみての感想

 

 

これらを赤裸々に書いていきますね!

 

「予算が少ないけど注文住宅を建てたい・・・」

「どのハウスメーカーがいいのかわからない・・・」

 

っていう人の参考になれば幸いです^^

 

我が家はココで建てました!株式会社KOYAMAって?

 

マイホーム

 

株式会社KOYAMAは、静岡県にある小さな会社です。

 

従業員は、たったの2人。

 

社長は「小山」という人で、この地域では「伝説の営業マン」と呼ばれてる人なんですが、その人が独立して会社を作ったという感じですね。

 

土地探しからリフォーム、物件紹介から家の建築まで、なんかいろいろやってます。

 

オールマイティーすぎて、どれが本業なのか?私にもわかりませんww

 

守備範囲は広く、西は岐阜県から東は埼玉県まで建築可能。(その他の地域は応相談とのこと)

 

社長の小山さんが独立前に培った人脈があるため、広い範囲でも建築ができるとのことです。

 

私がKOYAMAに決めた理由

 

 

私は、小山さんと話してすぐに、「ここで契約しよう!」と思いました。

 

なぜ迷いなく即決できたのか?

 

その理由は、以下の2つでした。

 

新築プレミアム価格がない!?良心的な価格設定

 

 

「新築プレミアム価格」って知っていますか?

 

実は、建売でも注文住宅でも“新築”には「建物本来の価値よりも上乗せされた金額」で売買されています。

 

住宅会社も商売をやっているわけだから、利益とか、宣伝広告費とか、従業員のお給料とかを建物の代金にプラスしないとやっていけないんですね。

 

その額・・・

 

500万~1000万!!!

 

詳しくは『新築を安く建てるには?実際に総額850万コストダウンした方法』にも書いていますが、

 

みんな知らないで払っているし(バレないように工事費とかの項目に水増しされている)、この新築プレミアム価格のせいで家の価格が高くなり、

 

「経済的に裕福な人しか家は買えない!」

 

っていう話になっているわけです。

 

で!

 

株式会社KOYAMAの場合は、従業員はたったの2人だし、派手な宣伝してないので、新築プレミアム価格がほぼないんですね。

 

もちろん、利益は入っていると思うので、「全くない」とは言えませんが。

 

我が家は複数社に見積もりをもらっていたのですが、同じグレードの家でも、大手ローコストメーカーよりも600万ほど安いと感じましたね。

 

とにかく、ダントツで安かったんです。

 

※ぶっちゃけて言えば、KOYAMAの見積もりを初めてみたときは割高だと感じましたが、他のメーカーだと最低ランクの家を「最安値」としてチラシとかに掲載しています。

 

それと比べたら高かったけれども、他メーカーだと規格外は全てオプションになるので自由に設計できないし、価格は雪だるま式に増える。

 

結果的に、誠実に価格を提示しているKOYAMAの方が、自由に間取りを決められる上に総額が安くなるという感じです。

 

社長である小山さんは、

 

営業マン

自分が大手ハウスメーカーで働いているときに、上乗せ価格があるのはおかしいと思ったんです。

お金がない人にこそ、いい家に住んでもらいたい。。。

 

と言ってました。

 

その心意気がスゴイ!と思ったし、信頼できると思ったんですね。

 

価格の割に質がダントツでいい

 

 

いくら安いと言っても、質が悪くてすぐ住めなくなるような家はイヤですよね?

 

私は実際にKOYAMAが建てた家を見てみてビックリしたんですが、値段の割に質がよかったんです。

 

たとえば・・・

 

●普通のハウスメーカーの標準オプションは、お風呂やキッチンなどのグレードが一番下に設定されているのに対して、KOYAMAの家の標準オプションはグレードがワンランク上で使いやすいものばかり

 

●建材も普通の会社なら、外壁の標準は一番ランクが低くてメンテナンスを5年に一回と短期間でしなくてもいけないが、KOYAMAの標準の外壁は2グレード高くて20年に1回で済む

 

といったように、他と比べて建材の質がよく、住む人のことを考えて建材を選んでくれていました。

 

また、ローコストメーカーの家の基礎は30年寿命を見越して作られているのに対し、KOYAMAの家は50年寿命を目指して作られているとのことで。。。

 

安くても安心して買えると思ったんですね。

 

小山さんはローコストメーカーの家の開発にも携わった経験があるそうで、

 

「コストダウンしつつ、よい家を作るにはどうしたらいいのか?」

 

を熟知しているからこそ、できるワザなのでしょう。

 

家づくりに妥協しない会社だったし、丁寧に丁寧に家を作ってくれていました。

 

そういうところがすごく安心できましたし、「買って間違いない!」と確信が持てたんですね^^

 

KOYAMAで家を建ててみて・・・実際のところはどう?

 

見極め

 

KOYAMAで家を建ててみてどうだったのか?

住み心地はどうなのか?

 

我が家は、引っ越してから8か月ほど経ちますが、「やっぱりKOYAMAで家を建ててよかった!」と思っています。

 

というのも、

 

家の住み心地がいいことはもちろんのこと、アフターフォローも素晴らしいからです。

 

入居したばかりのころ、私は全然気付いてなかったんですが、「二重窓に小さい傷がある」とのことで、自主的に取り換えをしにきてくれたことがありました。

 

我が家が引き渡しのときに見落としていたことでさえも、しっかりチェックして修繕してくれたんですね。

 

あと、ついこの間6カ月点検があったばかりなのですが、そのときはどんなに細かいことでも対応してくれました。

 

中には、「両面テープで貼れば治る」みたいな「頼んでごめんね~!」っていう修繕もあったのですが、

 

快く対応してくれましたし、言ったところは全部直してくれるみたいな感じで、本当にフォローが手厚かったです。

 

ひどい会社だと、「引き渡したら見落としてたお客の責任」みたいな感じで、全然フォローをしてくれないこともあるそうで。

 

引き渡した後もしっかり責任を持ってフォローをしてくれる会社でよかったな~と、しみじみ思いましたね。

 

我が家は、KOAYAMAで家を建てて本当によかったと思っています^^

 

KOYAMAへの問い合わせ

 

我が家を建てた【株式会社KOYAMA】のHPがありますので、下記に記載しておきますね。

 

→KOYAMAのホームページはこちら

 

サイトをみると、「ひのきや」というちょっとお高めでハイセンスの住宅ばかり出てくると思いますが、我が家が建てたのは「ローコスト住宅」です。

 

この会社で建てた注文住宅には間違いないですが、サイトに載っているような高級素材のひのきや無垢材は使っていません。

 

デザインも、四角形が基本で、デザイン性はそこまで高くありません。

 

(ローコストで家を建てようとすると、家のでっぱりや角を少なくする必要があるので、デザインハウスは厳しい)

 

なので、低予算で家を建てたい場合は「ローコスト住宅について」ということで問い合わせをお願いします。

 

もちろん、予算がある人は、ひのきと無垢材を使ったデザインハウスもオススメです!

 

その辺のハウスメーカーに頼むよりも、センス良く、安く作ってくれると思いますよ^^

 

「この予算でも大丈夫かな・・・」

「話だけでも聞きたいな・・・」

 

そんな思いが少しでもあるなら、ぜひ問い合わせてみてくださいね!

 

→KOYAMAのホームページはこちら

 

※対応地域 : 愛知・静岡・岐阜・長野・神奈川・東京・埼玉(他、応相談)

 

ナズナナズナ

もうね、2年間ハウスメーカー訪問した中で最高の会社だから!!

自信を持ってオススメしちゃうよ~!!