「ナズナさんは、どこの会社で家を建てたんですか?」

 

そんな質問を頂いたので、この記事では我が家を建ててくれたハウスメーカー(工務店)について書いていきます。

 

我が家がマイホームづくりをお願いした会社は、他の会社と比べて、一味も二味も違いました。

 

素晴らしいのは、値段だけじゃなかった・・・っ!!!

 

「予算が少なくても、注文住宅が欲しい!」

 

そんな気持ちが少しでもあるなら、ぜひ最後まで読んで、ハウスメーカー選びの参考にしてください^^

 

我が家を建ててくれた!株式会社KOYAMAとは?

 

 

株式会社KOYAMAは、静岡県にある小さな会社です。

 

従業員は、たったの2人(笑)

 

社長は、社名のまんま「小山」という人。

 

この地域では「伝説の営業マン」と呼ばれてる人で、その人が独立して会社を作ったという感じですね。

 

土地探しからリフォーム、物件紹介から家の建築まで、なんかいろいろやってます。

 

オールマイティーすぎて、どれが本業なのか?私にもわかりませんww

 

守備範囲は広く、西は岐阜県から東は埼玉県まで建築可能。(その他の地域は応相談とのこと)

 

従業員がたった2人しかいない会社なのに、県外での建築も可能なのは、小山さんの人脈が広いから。

 

小山さんは某ハウスメーカーの営業時代に、「全国の支店を立ち上げるトップバッター」という仕事をやったそうで、そのときにいろんな業者さんとの人脈やコネができたそうです。

 

その人脈やコネを使って家づくりをするので、“ただの工務店”とは思えないほどの広範囲でも、建築ができるんですね。

 

KOYAMAは、会社としての規模は小さいけれども、人とのつながりを大事にして大きな仕事をする・・・

 

そんなイメージの会社だなぁ~と、私は思っています^^

 

KOYAMAのこんなところがよかった!実際に家づくりしてみて・・・

 

 

ここからは、我が家が実際にKOYAMAに家づくりをお願いしてみて、

 

「ココが他のハウスメーカーとは違う!」

「こんなところが信頼できた!」

 

と思ったところを書いていきます。

 

「信頼できるハウスメーカー選びのポイント」とも言えるので、ぜひ参考にされてください。

 

【その1】見積もりが明瞭&予算順守

 

見積もり

 

我が家の家づくりの優先事項は、「経済的に無理のないように、予算内におさめる」というものでした。

 

なので、ハウスメーカー巡りをしては、できるだけ見積もりをもらうようにしてんですね。

 

だけど、ハウスメーカーはどこも価格競争の時代。

 

そのため、「本当に家を建てるのにかかる値段」ではなく、できるだけ安く見えるように、

 

最低プランのものや、工事費を抜いたものを見積もりとして提出してくるんですね。

 

見積もりが全然アテにならないんです・・・^^;

 

我が家も、「この値段なら家を建てられるかも!」と思ったところで、話を詰めていこうとしたら、最初の話と全然違う値段を当然のように提示されて、ビックリしたことがあります。。。

 

でも!

 

KOYAMAの見積もりは、誠実でした。

 

最初の見積もりの段階から、家の建築にかかる”本当のお金”を提示してくれていたんですね。

 

あとから聞いた話ですが、”本当の費用”を見積もりで提示してしまうと、他メーカーよりも高く見えてしまうため、契約がとりづらいんだそうです。

 

けれども、「うちは正直にしたい・・・」と。

 

後だしジャンケンのように、「間取り変更するなら、オプション料金で」みたいに言われないのは、かなり安心しましたね。

 

また、マイホームかかる費用って意外とかかるので、引っ越し費用や工事費の見積もりもしっかりと出してくれていたのも助かりましたね。

 

マイホームを建てて後悔する人の多くは、「予想外の出費による予算オーバー」が原因らしいのですが、

 

KOYAMAで家を建てたら、予算オーバーで悩むことはありませんでした^^

 

小山さん自身が超やり手なので、ちょっと無理を言っても、工夫とコネでなんとかしてくれるのが頼もしかったですね。

 

【その2】安いのに質が良い家

 

 

KOYAMAの家は、それまで巡ってきた、どのハウスメーカーよりも安い家でした。

 

けど、安いにしても、質が悪いのは心配・・・

 

実際、我が家は高級メーカーにも話を聞きにいったのですが、値段が高い家は、それなりに質が良かったです。

 

断熱性がよかったり、建材にいいものを使っていたり。

 

営業マン

安い家は、途中で建て替えも必要になるし、外壁の塗り替えなどのメンテナンスも頻繁で、お金がかかりますよ!

60年住むとしたら、メンテナンス代だけで家1個分の費用は覚悟しましょう

 

・・・なんて話も聞いていたので、安ければ安いで心配でした。

 

けれども、さすが「伝説の営業マン」の小山さん!

 

30年の建築経験をもとに、「安くても質が高い家を作るにはどうすればいいのか?」を熟知していました。

 

生涯ずっと住み続けてほしいから、基礎にこそ力を入れる。

 

一生涯にかかる家のメンテナンス費用を抑えるために、外壁はいいものを使う。(安い建売の2ランク上を使用)

 

大工の腕によって家の質が左右されないように、家の枠組みはあらかじめ工場で組み立てたものを使用。(高級メーカー、ミ●ワと同じ方法)

 

建材にいいものを使うけど値段は落とすために、会社運営にかかる経費(家の値段に上乗せされる)を徹底的にコストカット。

 

こんなことを、小山さんはしれっとした顔でやっちゃうんですよね(笑)

 

しかも、自分からこだわりを言わないww

 

私が、「長く住める家がいいなぁ~と思ってるんですよぉ」とか話したときに、

 

平然とした顔で、「うちはこういう風にしてるからねぇ」と、すごい秘密を教えてくれる感じです。

 

KOYAMAの家づくりへのこだわりを知っていくたびに、「この会社で家を建てて間違いはない!」という確信は強まっていきましたね。

 

【その3】小山さんの人柄と経験値

 

 

小山さんは、他のハウスメーカーで出会った営業さんたちの中で、一番素晴らしい人でした。

 

どう素晴らしいのか?

 

まず、家づくりの経験値がスゴイです。

 

この道30年の経験から、間取りや、資金繰りのアドバイスを的確にしてくれます。

 

私が一番印象に残っているのは、「トイレを2つにするか?1つにするか?」。

 

私はとにかく予算内で収めたかったので、「トイレ1つでいい!」って言ってたんです。

 

だって、トイレ2個付けたら、その分が他に回せないじゃないですか。

 

けど、小山さんは「6人家族なんだからトイレは絶対2つ!」と言い張ります。

 

私はけっこう気が強い方なので「もう!うるさいな!」と思っていたのですが(笑)、

 

小山さんは膨大な経験値から、「トイレを後から増設する人が多いから、2つあった方がいい!!」と、我が家のことを真剣に考えて、アドバイスしてくれてんですね。

 

実際、家を建ててみたら、小山さんの言ったとおり、トイレは2つあった方がよかったわけで。。。

 

注文住宅って自由に設計できる分、施工主が思い通りに設計をして、「住みづらい・・・」と後悔することが多いみたいです。

 

けど、小山さんは「そこに住む人のことを真剣に考えて」アドバイスをしてくれるので、快適に過ごせる家ができました。

 

今考えれば、ハウスメーカーの営業マンって、お客のご機嫌とりをするために「なんでもYES!」って言う人が多いのに、

 

真剣にその人のことを思って、言いにくいことも言ってくれる人って、ありがたいなぁ~と思います。

 

まぁ、家づくりの最中は小山さんの愛情がわからなくて、ちょいちょいぶつかり合ったんですけどね(笑)

 

プロとしての意見をハッキリ言ってくれる小山さんは、本当に信頼できたし、頼もしかったです^^

 

あと・・・

 

小山さんは、間取りのセンスもすごい!

 

「この土地にしようと思います!」

 

といって土地情報を渡すと、小山さんはササっと間取りを書いて、「こんな感じでどうですか?」と聞いてくれるのですが、

 

これが、文句の付け所がないんですよ・・・(笑)

 

私たちの生活スタイルを考えて設計してくれているので、「おお!そんな部屋が欲しいと思ってたのよ!」というのを、さりげなく入れてくれていたりします。

 

一番驚いたのが、私が手書きで書いた設計図を見せて、

 

「こんな間取りが理想です!」

 

と言ったものを、「それは現実的に不可能ですね(笑)」と却下しておきながら、

 

次の打ち合わせのときには、私が「こういうのが欲しい!」と言ったものを設計図に見事に入れてくれていた・・・こと。

 

感動でした!

 

ここまで、お客の生活スタイルや要望をしっかり考えた上で、相手にとって最適な間取りを作れる人はいないと思います。(・・・というか、それまでのハウスメーカーにはいなかったww)

 

家づくりへの熱い思い、人への気遣い。

 

そんな小山さんだからこそ、家づくりを頼んでよかったなぁ~と思っています。

 

まとめ!建築可能エリアなら絶対KOYAMAがいいよ

 

家と緑

 

私は、KOYAMAで家を建てて、本当によかったです。

 

その理由は以下の3つ。

 

  1. 見積もりが明瞭&予算を順守してくれる
  2. 安くても質がいい家を作ってくれる
  3. 社長の人柄と経験値が素晴らしい

 

「その年収じゃ無理ですよ・・・」と言われてしまった我が家でも、完全自由設計のマイホームを建てることができたのは、KOYAMAのおかげです。

 

建築可能エリア(西は岐阜県から東は埼玉県まで)にマイホームを建てるのであれば、私はKOYAMAをオススメしたいですね。

 

とくに、以下のような人にはオススメ↓

 

KOYAMAがオススメな人

 

□年収300万円台でも注文住宅が欲しい!

 

□安くても一生住める、質のよい家が欲しい!

 

□プロ目線でハッキリ意見を言ってくれる、信頼できる人に家づくりをお任せしたい!

 

 

逆に、以下のような人には、KOYAMAはオススメしません。

 

KOYAMAをオススメしない人

 

□すべて自分の思い通りの家を建てたい人

(小山さんは、30年の経験から客観的なアドバイスをくれるので、全て自分の思い通りにしたい人は向かないでしょう)

 

□デザイン性が高い家・豪邸を建てたい人

(低予算で建てられる家には限度があります。)

 

□自分で決断できない人

(KOYAMAは他メーカーのような“押しが強い””決断を迫る”営業はしません。自分で決められない人は、合わないです)

 

□私ナズナを信用できない人

(信用できない人から紹介されたものは信用しない方がいいです)

 

□「お客は神だ!」と思ってる人

(小山さんは私にとって恩人であり、尊敬する人なので、ハウスメーカーの営業マンを見下したり、横柄な態度をとる人にはKOYAMAを紹介したくありません。客と営業マンという仲といえども、礼儀ある態度をとれる人のみどうぞ)

 

KOYAMAへの問い合わせ

 

もしこの記事を読んで、「KOYAMAにお願いしてみようかな・・・?」と思ったのであれば、下記のHPから問い合わせてみてください。

 

→KOYAMAのホームページはこちら

 

サイトをみると、「ひのきや」というちょっとお高めでハイセンスの住宅ばかり出てくると思いますが、我が家が建てたのは「ローコスト住宅」です。

 

この会社で建てた注文住宅には間違いないですが、サイトに載っているような高級素材のひのきや無垢材は使っていません。

 

デザインも、四角形が基本で、デザイン性はそこまで高くありません。

 

(ローコストで家を建てようとすると、家のでっぱりや角を少なくする必要があるので、デザインハウスは厳しい)

 

なので、低予算で家を建てたい場合は「ローコスト住宅について」ということで問い合わせをお願いします。

 

「この予算でも大丈夫かな・・・」

「話だけでも聞きたいな・・・」

 

そんな思いが少しでもあるなら、ぜひ問い合わせてみてくださいね!

 

→KOYAMAのホームページはこちら

※対応地域 : 愛知・静岡・岐阜・長野・神奈川・東京・埼玉(他、応相談)

 

実際に小山さんと話してみると、私が感じた「頼もしさ」や「家づくりへの情熱」が感じられて、安心できると思いますよ^^